50代メンズおしゃれなカジュアルシャツのコーデと人気ブランド紹介

50代のおしゃれなシャツはこう選ぶ!
無地シャツからチェックシャツまでのコーデと人気ブランド紹介

50代メンズのおしゃれなシャツの選び方 カジュアルに着こなす春夏秋冬シャツコーデ
人気のおしゃれシャツ一覧をチェック

こんな人におすすめの記事です。
50代メンズに合うおしゃれなシャツを探している人
無地シャツからチェックシャツまで50代がおしゃれに見えるコーデを知りたい人
そもそも50代に合うシャツのブランドを知りたい人

「大人らしく普段着でもシャツを着たいけど、カッチリした印象になってしまう」

「ブランドにこだわりはないけど、50代としてどんなシャツを選べばいいか分からない」

そんなシャツ選び・シャツコーデにお困りの50代男性は必見です。

どこのブランドでも売っているシャツだからこそ、なんでもいい、となりがちだけど、50代に合うコーデを考えずに着ると、こうなってしまいます、、、

NG例

50代ともなると、まわりから「ちゃんとした大人」と見られるのが当然ですよね。
としたら、「ちゃんとして見える」ことが重要になります。

ちゃんとして見えるシャツ選び、コーデをここではマスターしていきましょう。

【「シャツ一筋30年」のデザイナーが”ずっと使えるチェックシャツ”を作ってくれた】
ウエスタン長袖チェックシャツ

5,900円(税込6,490円)
おすすめコーディネート
50代おすすめのチェックシャツを見る▲

【高品質な国産シャツ!襟元がこなれ感を演出】
日本製ホリゾンタルカラー無地・ストライプ長袖スリムフィットシャツ

4,900円(税込5,390円)
おすすめコーディネート
50代メンズに合ったおしゃれなシャツを見る▲

【高品質な日本製!ワンランク上のシャツスタイルに】
日本製ホリゾンタルカラー長袖デニムシャツ

4,900円(税込5,390円)
おすすめコーディネート
50代メンズに合ったおしゃれなシャツを見る▲

【日本人の体型に合わせたスリムシルエット】
日本製スリムフィットボタンダウン長袖ブロードシャツ

4,900円(税込5,390円)
おすすめコーディネート
50代メンズに合ったおしゃれなシャツを見る▲

【無地シャツだからこそ高品質な日本製に】
オックスフォード長袖ボタンダウン日本製シャツ

4,900円(税込5,390円)
おすすめコーディネート
50代メンズに合ったおしゃれなシャツを見る▲

▼種類別にメンズシャツを探す

50代メンズのおしゃれなシャツの選び方

コーディネート

コーディネート

サイズ感に注目してシャツを選ぶ

50代メンズのおしゃれなシャツの選び方?サイズ感に注目してシャツを選ぶ
サイズ感に注目してシャツを探す

サイズが大きい、着丈が長いシャツは
・だらしなく見える
・脚が短く、寸胴に見える(スタイルが悪く見える)
・おしゃれに無頓着に見える
と、マイナスイメージに繋がりやすくなってしまいます。

着られるシャツを適当に選んだように見えてしまい、“おじさんくさい”原因にもなるので注意しましょう。

シャツコーデを「残念コーデ」⇒「正解コーデ」にするコツだけでなく、50代男性が「年齢に合ったカッコよさ」がでるコツを毎週配信中です。

登録無料なので、登録してみてくださいね
秋冬コーデのコツ

スタイリッシュに見える細身シャツ

【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感 白シャツ、インナーで着るシャツ

【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感? 白シャツ、インナーで着るシャツシンプルな白シャツなのに、オシャレといわれるような『格好よく見えるシャツの正しいサイズ感』について詳しく紹介していきます。

【Lesson4-9】格好良く見えるチェックシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-9】格好良く見えるチェックシャツの正しいサイズ感大人の印象を作る「チェックシャツの正しいサイズ感」について紹介していきます。

シンプルなデザインに注目してシャツを選ぶ

コーディネート

コーディネート

派手な色や柄のシャツは50代男性には少し若すぎると言えます。
シンプルなデザインのシャツはそれだけで大人っぽく、コーディネートもしやすいので着回し力も抜群です。

シンプルなデザインの方が高級感もあり、“高見え”してくれます。

“柄シャツ”も素敵ですが、大人っぽく、かつ格好よく着こなすには上級者のテクニックが必要です。
まずはシンプルなデザインのシャツから始めてみましょう。

大人の雰囲気を演出できるシンプルシャツ

50代の春夏秋冬メンズファッション 「痛い」「おじさんくさい」と言わせないメンズコーデ

50代の春夏秋冬メンズファッション 「痛い」「おじさんくさい」と言わせないメンズコーデ年齢による悩みでおしゃれを諦めない!50代メンズをかっこよくするコーディネート

素材に注目してシャツを選ぶ

コーディネート

コーディネート

大人の男性としてワンランク上のおしゃれを楽しむために、素材にも注目してみてください。

おすすめの素材は麻(リネン)素材や、接触冷感・接触温感の機能性シャツ。
麻シャツは春夏らしい季節感があり、独特な生地感がおしゃれなコーディネートに仕上がります。
接触冷感・接触温感シャツは見た目は普通のシャツなのに着るだけで暑さや寒さをカバーできるお役立ちアイテムです。

麻シャツ、接触冷感シャツ、シワになりにくいシャツ

リネンシャツのメンズコーデ 大人のかっこいいコーデの作り方

リネンシャツのメンズコーデ 大人のかっこいいコーデの作り方かっこいい男は素材にこだわる!リネン(麻)シャツのメンズコーデ

麻素材の洋服の知っておきたい特徴と注意点

麻素材の洋服の知っておきたい特徴と注意点夏は洋服が体に張り付いて不快…!そんな時に選びたいのが麻素材の洋服です。

▼ビジネスカジュアル(ビジカジ)のシャツ選びはこちら

50代メンズシャツ大人の選び方とOKNG例おしゃれ春夏秋冬コーデ例

50代メンズシャツ大人の選び方とOKNG例おしゃれ春夏秋冬コーデ例シンプルでコーディネートもしやすく、オシャレと思われるおすすめのシャツと春夏秋冬のコーデ例をご紹介いたします。

【色・柄別】おすすめのメンズシャツ

清潔感溢れる定番の白シャツ

コーディネート

コーディネート

清潔感溢れるおすすめ定番白シャツ

シャツの定番色でもある白シャツはクリーンなイメージがあり、清潔感を出すのには一番おすすめです。
顔色がパッと明るく見える効果があり、どんな色とも合わせやすいので着回し力もNo.1です。

白シャツを大人に着こなす!オシャレと褒められるメンズコーデ

白シャツを大人に着こなす!オシャレと褒められるメンズコーデ大人の印象を作る白シャツの着こなしポイント

上品で大人っぽいネイビーシャツ

コーディネート

コーディネート

上品で大人っぽいおすすめネイビーシャツ

上品で知的な印象のネイビーシャツは落ち着いた色合いが大人っぽさを演出します。
クールな色なので男らしさも感じさせ、“ちょいワルファッション”にもおすすめです。

ネイビーシャツコーデは女の子ウケ抜群!できる男の着こなし方

ネイビーシャツコーデは女の子ウケ抜群!できる男の着こなし方ネイビーシャツの春夏秋冬コーデ&大人なメンズの着こなし方

50代メンズ必見!夏はちょいワルファッションで大人の魅力を引き出す

50代メンズ必見!夏はちょいワルファッションで大人の魅力を引き出す【夏メンズ】50代になったら挑戦したい“ちょい悪ファッション”の作り方

爽やかでスタイルアップも叶うストライプシャツ

コーディネート

コーディネート

爽やかなおすすめストライプシャツ

爽やかで清潔感もあるストライプ(縦縞)シャツは、縦線の効果でスリムに見せてくれます。
カジュアルにもきれいめにも着られるので、ぜひ持っていて欲しいおすすめの柄シャツです。

ストライプ柄で上品に!メンズにおすすめの春夏秋冬コーデ

ストライプ柄で上品に!メンズにおすすめの春夏秋冬コーデストライプ柄は、いつもの服装に取り入れるだけで大人な印象を与える事ができるのが最大の魅力です。

メンズ必見!夏におすすめの周りと被らないストライプシャツを教えます

メンズ必見!夏におすすめの周りと被らないストライプシャツを教えますいつものストライプシャツ飽きていませんか?夏におすすめのアイテム&着こなし方を紹介

カジュアル派に人気のチェックシャツ

コーディネート

コーディネート

カジュアル派に人気のおすすめチェックシャツ

カジュアルシャツの定番、チェックシャツは落ち着いた色合いのデザインがおすすめです。
青色や黒色をメインとした配色のチェックシャツはカジュアルになりすぎず、50代の男性でも違和感なく着られます。

チェックシャツ コーデをマスターしてメンズを格上げ!

チェックシャツ コーデをマスターしてメンズを格上げ!メンズはどんなチェックシャツがある?どうコーデする?

青チェックシャツの着こなしポイント おすすめ春夏秋冬コーデ例

青チェックシャツの着こなしポイント おすすめ春夏秋冬コーデ例青チェックシャツの正解コーデとは?季節別のメンズコーディネート

男らしいスタイルを作るデニムシャツ

コーディネート

コーディネート

男らしいスタイルを作るおすすめデニムシャツ

デニムシャツは、イメージや生地の質感から男らしい印象を与えます。
デニムパンツ(ジーパン)を合わせたデニムonデニムスタイルはかなりの上級者テクニックなので注意しましょう。

メンズデニムシャツで「かっこいい」を作る!失敗しない選び方とコーデ

メンズデニムシャツで「かっこいい」を作る!失敗しない選び方とコーデメンズのデニムシャツはどう選ぶ?男らしいかっこよさを作るコツ

デニムシャツをおしゃれに着こなす黒パンツ・白パンツのコーデ例

デニムシャツをおしゃれに着こなす黒パンツ・白パンツのコーデ例春夏のデニムシャツ×黒・白パンツの着こなし おすすめアイテムとコーデを紹介します

50代おすすめメンズシャツ人気ブランド14選

コーディネート

コーディネート

UNIQLO(ユニクロ)

誰もが知るファストファッションブランド。
「え?ユニクロのカジュアルシャツが50代にもおすすめのブランドなの?」と思う人も多いかと思いますので、ユニクロブランドのメリットデメリットを書いてみました。
ユニクロの良さ:
■サイズが豊富
店舗にはSサイズ~XLサイズまでしかないけど、ネット通販限定サイズとしてXSサイズ~XXXLサイズまであるものもあり、自分に合うサイズのシャツが確実に見つかります。
■色が豊富
白シャツ、黒シャツ、ネイビーシャツという定番はもちろんのこと。赤色やピンク色、ベージュ色からカーキ色。10種類20種類以上のシャツのカラバリがあります
■品質がよい
ユニクロの海外工場は中国だけでなく、インドネシアなどのアセアンにもあり、その工場には日本の匠が常駐。どうやってよりよいシャツをつくるかを日本人目線で技術指導しています。
その工場はユニクロ専用工場ではなく、有名ブランドの工場も提携。シャツで有名な老舗ブランドであるブルックスブラザーズのオックスフォードシャツを作っていた工場など手のいい工場でもつくっていることがあります。

ユニクロのマイナス点:
■サイズが海外サイズでデカい
基本的に大きいです。きちんとして見せたいと思ったら1サイズないし2サイズ程度小さいサイズを選んだほうがきちんとして見せることができます。いつものサイズ選びをすると、だらしなく見えることも。
■他の人とかぶる
日本一のアパレルブランドなので、他のショップで買ってももちろん売っているものは同じもの。なので他の人とかぶる「ユニ被り」と呼ばれることはあります。ちなみにユニクロブランドを着ていることがバレることを「ユニバレ」と呼びます。

2024年のユニクロブランドから発売されているシャツの種類は

オックスフォードシャツ
オープンカラーシャツ(開襟シャツ)
デニムシャツ
エクストラファインコットンブロードシャツ(綿シャツ)
ウインドペンチェックシャツ
ストライプシャツ
ギンガムチェックシャツ
コットンリネン(綿麻素材)シャツ
総柄プリントシャツ

が発売されています。
チェックシャツも発売されているものの、一番のメインは無地シャツ
でも、はじめに伝えたように「きれいめシャツ=無地シャツではありません」

ユニクロブランドのシャツはシャツ単体で見るときれいめシャツですが、普通に着るとマイナスポイントに書いたようにシルエットがめちゃくちゃ大きく、オーバーサイズというよりも海外標準サイズになっていて、おしゃれに、きれいめシャツに見えなくなります。

ユニクロで買うときはECではなく、必ず店頭で1サイズ~2サイズ小さいサイズを試着してから購入するようにしましょうね。

GLOBAL WORK (グローバルワーク)

素材の持つ暖かさや温もりを活かした独自のナチュラルスタイルが特徴です。
カジュアルな雰囲気なので大人の休日コーデに適しています。
ゆったりな服装から細身の服装まで幅広いジャンルのアイテムをそろえています。
シャツが5,000円、ジャケット7,000円など、手が届く価格帯の「普段着私服」ブランドで、イオンモールなどに多く展開。最近(2024年)ではセブンイレブングループとグローバルワークの会社であるアダストリアが協業を結び、イトーヨーカドーでの服がこのブランドらしさを持つかもしれませんね。

2024年はきれいめシャツとして「サラサマレギュラーカラーシャツ」というイージーケアのシャツをグローバルワークブランドとして一番おすすめのシャツとして発売
着心地がよく、アイロンかけずともシワになりにくいというレビューが商品名をしっかりとリンクしています。
サラサマシリーズはコットンだけでなくリネン(麻シャツ)であったりといろんな素材から発売されているので、一度店頭で手にとってみるのもあり。
特にリネンシャツ(麻素材)には力をいれており、リネンでは珍しいグリーン色のストライプ麻シャツや青チェックなどいろんなカラバリを取り揃えています。
バンドカラーといった立ち襟のノーカラーシャツもあるので、自分の好きな襟の形も選ぶことができます。

襟の形としては、
レギュラーカラー、バンドカラー(スタンドカラー)、ボタンダウン、ワイドカラー、オープンカラーをとりそろえています。

Abercrombie&Fitch(アバクロ)

アメリカ発のアメカジブランド
「アバクロを着ているとオシャレ」というイメージを持つブランドだったからこそ、2010年代は日本に進出前はアメリカでしか買うことができず、プレミア価格で取引されることも。

といっても、価格はZARAやGAPとそこまで変わらないので、「高いお金を出さなくてもセンスの良さは買える」として人気になったブランド
日本には銀座に1号店が出店され、1階で上半身裸のマッチョがお出迎えするパフォーマンスもあり注目を集めましたが、いまは通常のエントランスになっております。
ダークトーンの入り口になっているので少し分かりづらいかもしれません。
サーフ系などに偏っていないアメカジブランドなので、幅広いカジュアルファッションを味わうことができます。

BANANA REPUBLIC (バナナ リパブリック)

通称バナリパ
高過ぎない価格帯で大人なカジュアルスタイルを展開中です。
カーディガンやポロシャツなど、50代へ向けたアイテムも多数取り揃えています。
日本向けサイズも対応しているので海外のブランドが不安な方も安心して利用できます。

ZARA(ザラ)

アパレル売上世界一位の人気ブランド
フランスのブランドと思われがちだけど、スペイン発祥のブランドです。
ここの特徴は「いかにおしゃれを、おすすめを発信できるか?」を考えており、自社でデザインをつくるのではなく、全世界に100人以上の「調査員」を派遣
クラブやおしゃれさんが多い学校、おしゃれな街でスナップ写真をとり、「全世界のおすすめのおしゃれを発信」している特徴的なブランドです。

50代におすすめブランドの理由として、たとえばジャケット1つとってもは定番のテーラードジャケットからミリタリー、本革レザー、アメカジ、チェック柄など、いろんなジャケットやシャツ、パンツのデザインを全世界から持ってきているので40代メンズで「こだわりの1着」を見つけることができるブランドとして、おすすめ

そしてZARAの最大の特徴は「店舗ごとに取り扱っているジャケットが違う」ということ。
渋谷にZARAは2店舗あるけど、2店舗とも違うジャケットを販売しているなど、ユニークな販売の仕方をしているので、いろんな店舗を覗いてみることをおすすめします。

PS
ただ、スペインから日本は遠く、その輸送費がそのまま価格に反映されるので、なんと世界一高くなるとのこと、、、
ZARA好きな人は海外旅行をしたときに買うほうが安く済むかも

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

40代50代メンズが「3年後もかっこいい」と感じられる服をつくっているブランド シャツは日本製シャツも取り扱っており、日本の糸、日本の工場、日本の職人をつかってつくられたブロードシャツボタンダウンのオックスフォードシャツは発売して5年経った今も人気のシャツに。
日本製なのに5,000円程度と白シャツだけでなく10色以上のカラバリの中から2枚目3枚目を買う40代男性に定評。

「着丈の長さ」

「シルエットのこだわり」

多くのブランドが流行でオーバーサイズになり、シャツの着丈もMサイズで70cm程度に。ものによっては越える丈の長さに。
それを3cm以上短い丈の長さのシャツにすることで40代男性がスマートに見えることを40代50代研究所で発見。

BLACK LABEL CRESTBRIDGE(クレストブリッヂ~ブラックレーベル~)

旧バーバリーブラックレーベルのブランドです。
日本では安室ちゃんが着たことで人気になったバーバリー
そのメンズブランドとして誕生し、キレイめ~ちょいワルとしても40代50代男性に人気が高かったファッションブランド

三陽商会のバーバリーブランドのライセンス契約が終わり、「バーバリー」ではなくなったブラックレーベル
その後、ライセンス契約をバーバリー社と三陽商会が結びバーバリーらしさのある40代男性に合うファッションブランドとして、「クレストブリッヂ~ブラックレーベル~」というメンズブランドが発足

バーバリーブラックレーベルのときは「バーバリーのセカンドライン」だったので、バーバリーよりも安く、【マルイ系ブランド】と呼ばれ、シャツも1万円程度、ジャケットも3万円程度の価格だったものの、最近はバーバリーブランドもはずれたこともあり、「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」をしっかりと確立
ハイブランドの価格になっているので、40代で一生ものを買うと決めるブランドに位置づけられる状態です。

Ralph Lauren (ラルフローレン)

歴史と実績のあるラルフローレンは、50代になった今だから着こなせる高級感を演出してくれます。
定番のポロシャツやダウンジャケットは、一着は持っておきたい人気アイテムです。
RALPH LAUREN(ラルフローレン)では、シルエットを変えることなく、アメリカらしいデザインを残しています。

ラルフローレンは「40代50代ママ」にも人気のブランド
というのも、ラルフローレンにはキッズブランドもあり、大人のデザインを落とし込んでおり、それがカワイイと評判に。
着ているとセンスがいいとアラフォー、アラフィフに思われるブランドです。

高すぎない価格も嬉しいですが、こちらは御殿場アウトレットにもお店がでているので安く手に入れることが可能です。

nanounivers(ナノユニバース)

藤田浩行氏が立ち上げた「男らしさ」×「流行」を持ち合わせたブランド
全国のアウトレットに入っているカジュアルなOUTLETブランド「NANO」をはじめ、渋谷セレクトショップの聖地:神南に存在する「nano universe」そして、ビジネスカジュアルも中心とした高級ハイブランド
「nano LIBRARY」と30代だけでなく、40代50代60代と幅広い年代層に人気のブランド
同氏はナノユニバースブランドを大手TSIホールディングスに売却し、社長を退いても本部長としてブランドに残り、「男らしさ」を追求したこだわりがアラサー、アラフォーに指示されているのが特徴

SHIPS(シップス)

ユナイテッドアローズとともにセレクトショップの聖地である神南に店舗を構える
元々は1970年代にアメ横で三浦商店としてスタートし、その後、銀座に出店。なので、セレクトショップというよりも「百貨店ブランド」としての風合いが強いブランド

ネット通販というよりも、その接客を体感してジャケットを試着してみることをおすすめするブランドです。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

元々BEAMSの設楽氏といっしょに「セレクトショップ」という概念を多くの人に広めた重松氏がつくったブランド。
流行最先端をとりいれながらも、「上質感」「重厚感」のある日本のハイブランドの1つ
日本とヨーロッパの文化伝統をトラッドマインドで選び抜いたジャケットをセレクトとオリジナルで創り上げています。

JOSEPH HOMME (ジョゼフオム)

ロンドンを代表するセレクトショップです。
カジュアルスタイルからフォーマルなスーツスタイルまで幅広く揃えることができます。
また、「素材もデザインの一部」と捉えているので本物志向の50代男性におすすめです。

BAYFLOW(ベイフロー)

アメカジ中心のサーフ系40代50代ファッションブランド
黒色が基調になりやすい50代メンズ ちょいワル ファッションにおいて、明るめの色が多いブランド

アメカジファッションなので、少しサイズが大きいものもあるけど、ゆったりカジュアルに着こなすのが好きな40代男性にはオススメ
「余裕を感じさせる」ところがジャケットなどのちょいワルファッションとはちょっと違うコーデをつくることができる

モノトーン系が少ないので、「ちょいワルファッションはモノトーンでしょ」という人にはあまり向かないブランド

BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)

アメリカでもっとも歴史ある衣料ブランドとして、アメリカの歴代大統領や有名人など多くの著名人が愛用している人気ブランドです。
ベーシックから流行りを取り入れたアイテムまで幅広く展開しているので自分に合った服が見つかるはずです。
シャツやネクタイなどが人気!

メンズスタイルで50代に人気のおすすめシャツ

50代シャツコーデ紹介

50代メンズのカジュアルシャツコーデと一言でいても、無地シャツとチェックシャツなどの総柄シャツでコーデは変わりますよね。ここでは無地シャツとチェックシャツのコーディネートを別々に見ていくことにしましょう。

無地シャツコーデ

コーディネート

Gジャンのインナーにオックスフォードシャツを合わせたアメカジコーデ。
そのカジュアルながらに大人の余裕を感じさせる仕上げとして、パンツはスタイリッシュに見える黒スキニーパンツを合わせ、スニーカーでカジュアルダウン
ここでパンツをワイドパンツやイージーパンツにしてしまうと、50代おじさんの痛いコーディネートになるので要注意。
トップスがカジュアルならパンツはシルエットをきれいにしましょうね

コーディネート

白シャツと黒tシャツのメリハリコーディネート
清潔感を感じさせる白シャツを黒tシャツで男らしさをMIX
余裕を感じさせる色の配合だけど、一歩間違えると堅苦しくなったり重苦しくなるので要注意。
そうならないためにもパンツをジーパン合わせてスニーカーもプレーンな無地タイプに。
そうすることで全体としてうまくバランスをとることができます。モノトーンコーデのときにはパンツ、ボトムス、靴シューズはシンプルに。

コーディネート

さきほどの白黒のメリハリあるモノトーンコーデのグレー色を多用したコーディネート
ジャケットはグレー、シャツに白シャツ、パンツもブラックデニムとここまでだと暗く単調になりがちなコーデに感じられるけど、コツはボトムスにあり。
パンツはブラックデニムといってもひげ加工とウォッシュ加工で色を薄く、加工感が目をひくおしゃれに。
そして靴に注目。どんなコーデに合わせることができる茶靴のブーツをチョイス。ジャケットの大人コーデをうまく上から下まで合わせてくれるのと、モノトーンに1点明るさをもたらしてくれます。

コーディネート

無地シャツの中でも白シャツについで春夏は人気が高いサックス色のシャツのコーディネート
シャツを1枚で着こなすのもいいけど、春は特に朝夜の気温の寒暖差も激しいので昼はtシャツ1枚、朝晩はシャツを羽織るコーデにするとすごくシャツが活躍します。
脱いだり着たりするのもラクで、脱いだシャツをバッグの中にしまえるし、手に持っていてもかっこいい

サックスシャツは明るい色なのでメリハリをつけるために黒tシャツをコーデで使用する人もいるけど、おすすめのおしゃれコーデはやっぱり白tとのコーデ。清潔感のあるサックス色なので、できれば首元が少し開いたVネックtシャツと合わせたほうが清潔感がしっかりと活きるコーデになりますよ。

チェックシャツコーデ

コーディネート

50代のチェックシャツコーデのテーマはなんといっても「大人」
どこにでも売っているチェックシャツだからこそ、普通にtシャツの上に羽織るだけだと「おじさん臭くなる」ことが多い。
そうならないために重要なのが「着丈」「シルエット」でしたね。
ちゃんとして見えるチェックシャツのサイズ感を守ったものをtシャツの上に羽織るだけ。そしてスマートに見えるパンツに合わせる。ここでは黒パンツですが、ジーパンでもチノパンでもOK。チェックシャツ選びはサイズ感に注意しましょうね!

コーディネート

このコーデ、かなりおすすめです。
チェックシャツをVネックの胸元から襟だけ、ちょこんと出したコーディネート。
ジャケット無地、Vネック無地、パンツ無地、襟シャツだけチェックの総柄。
このワンポイントを使いこなせる50代メンズはそうそういないのでこのコーデをするだけで回りから「アパレル関係のお仕事ですか?」と言われるほどのコーデ上級者に見られます。

コーディネート

同じテイストでもう1つのチェックシャツコーデ
こちらは襟からだけでなく、裾からもチェックシャツの柄をチラ魅せしたチェックシャツコーデ
ウールコートで品良く見せるコーデだからこそ、襟、裾からシャツをだしても崩れ過ぎない

コーディネート

ブロックチェックできれいなチェックシャツコーデ
このチェックシャツは裏起毛になっていて、ボアがついた防寒性も兼ねたシャツなので秋冬はもちろんのこと、春でまだ気温が17℃とかのときに上に羽織るだけで完成する簡単コーデ
昼はインナーロンt1枚になり、朝晩はアウターとして羽織る。チェックシャツのいつもの羽織りというよりもコートのようなアウターとしてチェックシャツが早変わり。

【季節別】50代メンズのカジュアルシャツコーデ

春のカジュアルシャツコーデ

コーディネート

コーディネート

デニムシャツが爽やかな大人のカジュアルスタイル
ストライプシャツ×ベージュパンツで春の季節感

夏のカジュアルシャツコーデ

コーディネート

コーディネート

ポロシャツで清潔感ある夏コーデ
白シャツ×デニムパンツでちょいワル夏コーデ
50代メンズ夏のおしゃれなシャツコーディネート例

白シャツをラフに着こなした“ちょいワル”コーデです。
シワや質感が特徴的な麻シャツとブリーチカラーのデニムパンツがマッチして、大人の余裕を感じさせます。

主な着用アイテム

50代メンズに似合うポロシャツはこれ!【プレゼントにもおすすめです】

50代メンズに似合うポロシャツはこれ!【プレゼントにもおすすめです】かっこよく着こなすポロシャツの選び方 50代メンズのポロシャツコーデ

50代メンズの夏らしいお手本コーデ&おしゃれ上手に見せるコツ

50代メンズの夏らしいお手本コーデ&おしゃれ上手に見せるコツ50代になっても『おしゃれだね』と褒められるメンズの夏コーデ

50代メンズは自信を持って夏ファッションを楽しむ!かっこいい服装の作り方

50代メンズは自信を持って夏ファッションを楽しむ!かっこいい服装の作り方50代メンズの夏ファッションはコレ!清潔感のある爽やかコーデで大人の貫禄を演出

秋のカジュアルシャツコーデ

コーディネート

コーディネート

ストライプジャケットで周りと差をつける
50代メンズ秋のおしゃれなシャツコーディネート例

白シャツと黒パンツを合わせたシックなスタイルにストライプジャケットを合わせました。
柄ジャケットながら派手にならずに着られるので無地に飽きた・・・という男性はぜひチェックしてみてください。

主な着用アイテム

小技の利いたよそ行きスタイル
50代メンズ秋のおしゃれなシャツコーディネート例

デートやお出かけにも対応できる“よそ行き”きれいめコーデはチノパンを合わせてカジュアルダウンし、かしこまりすぎないように。
パンツ(ズボン)とシューズの色を合わせて境目を分からなくすると視覚効果で脚が長く見えます。

主な着用アイテム

秋の50代メンズファッション 大人の余裕を感じる秋服コーディネート

秋の50代メンズファッション 大人の余裕を感じる秋服コーディネート秋服選びに悩んでいない?若々しい50代を目指す大人の秋ファッション

冬のカジュアルシャツコーデ

コーディネート

コーディネート

チェックシャツで冬コーデに表情をプラス
シャツ×カーディガンでインナーも抜かりなく
50代メンズ冬のおしゃれなシャツコーディネート例

コートで隠れるから冬のインナーは適当・・・という男性は要注意。シャツカーディガンの重ね着は飲食店などでコートを脱いだ際にもおしゃれで、体温調節にも役立ちます。

主な着用アイテム

50代メンズおしゃれなシャツのまとめとあわせて読みたい関連記事

50代メンズのおしゃれなシャツ選びの注目ポイント
・サイズ感
・シンプルなデザイン
・素材

シャツの特徴を知ってから選ぶと、カッチリしすぎない大人のシャツコーデが出来ます。
ぜひ、普段のコーディネートに取り入れてみましょう。

50代シャツコーデの「残念コーデ」⇒「正解コーデ」にするコツだけでなく、40代50代男性が「年齢に合ったカッコよさ」がでるコツを毎週配信中です。

登録無料なので、登録してみてくださいね
秋冬コーデのコツ

おすすめの50代シャツ

おすすめのカジュアルシャツ

おすすめのシャツ ワイシャツ

おすすめの春シャツ

おすすめの夏シャツ

おすすめの秋シャツ

おすすめの冬シャツ

おすすめのシャツ

おすすめの50代コーデセット

おすすめの50代メンズコーデセット

シャツコーディネート

春シャツコーディネート

夏シャツコーディネート

秋シャツコーディネート

冬シャツコーディネート