×

40代メンズにおすすめのシャツブランドとカジュアルコーデ2024年版

40代メンズのシャツブランド選び
カジュアルシャツの着こなしと大人のシャツコーデ

40代メンズにおすすめのシャツブランドとカジュアルコーデ2024年版
40代メンズシャツ一覧はコチラ

こんな人におすすめの記事になっています。
40代におすすめのメンズシャツを紹介
シャツが欲しいので40代メンズに人気のブランドを知りたい
どんな着こなしをすると40代らしいコーデになるか知りたい

40代男性にとって、シャツは馴染みのあるアイテム。
ですが、「何だかおじさんくさい」「カッチリしすぎる」と私服でのシャツコーデに迷う男性も少なくありません。

また、40代にもなると「長く着れるきちんと見えるシャツが欲しい」と思う人も30代の頃よりも増えたのではないでしょうか?
とはいえ、シャツにそこまでお金だすのも難しい、、、コスパ良いシャツが欲しい、、、と考えることもまたしかり。

自分にあったシャツブランドを見つけることも40代メンズにとってはすごく重要です。
ここでは40代メンズにあったブランドを価格帯を3つに分けておすすめのシャツブランドを紹介していきます。

注意点としては有名ブランドを選ぶ必要はありません。
有名ブランドだから安心と思って、とりあえず着ているとなんか変な着こなしになることもよく見かけます。

コーディネート

上のシャツでいうとシャツのサイズが大きすぎるものを選び、襟元があまり開かないシャツを選んでしまったことで、なんか子供のように、服に着られてしまっている感じになります。

40代メンズのための

    おすすめシャツ
    シャツブランド選び
    シャツコーデ
    シャツの着こなし方のコツ

この4つを紹介していきますね。

芸能人でいうと竹野内豊さんや反町隆史さんのような魅力ある40代になるためのシャツ選びをしていきましょう!

【高品質な国産シャツ!襟元がこなれ感を演出】
日本製ホリゾンタルカラー無地・ストライプ長袖スリムフィットシャツ
4,900円(税込5,390円)
日本製ホリゾンタルカラー無地・ストライプ長袖スリムフィットシャツ
スリムフィットのホリゾンタルカラーシャツは画像をclick

【9年連続販売枚数第1位!愛用者8万人以上の人気NO.1シャツ】
2枚襟デザイン美シルエットシャツ
4,900円(税込5,390円)
2枚襟デザイン美シルエットシャツ
40代にも人気1位のシャツを見てみる

【小顔効果も期待できるスリムな立ち襟シャツ】
ランダムテレコ素材ワイヤー入りスタンドカラー長袖シャツ
4,900円(税込5,390円)
ランダムテレコ素材ワイヤー入りスタンドカラー長袖シャツ
襟ワイヤー入りのシャツはコチラ

【無地シャツだからこそ高品質な日本製に】
オックスフォード長袖ボタンダウン日本製シャツ
5,900円(税込6,490円)
オックスフォード長袖ボタンダウン日本製シャツ
肉厚日本製シャツは写真をclick

【「シャツ一筋30年」のデザイナーが”ずっと使えるチェックシャツ”を作ってくれた】
ウエスタン長袖チェックシャツ
5,900円(税込6,490円)
ウエスタン長袖チェックシャツ
40代に人気の青チェックのウェスタンシャツ

▼種類別にシャツを探す

40代メンズがシャツ選びをするときの3つのコツ

自分に合ったブランドでシャツを買っても、シャツの着こなしを間違えるとNGコーデになります。
ブランド選びをする前に40代メンズがきちんとして見えるシャツ選びのコツを3つ紹介します。

1,【着丈】はベルトが隠れる程度の長さにする
2,【シルエット】がきれいなものにする
3,【襟】ちゃんと胸元が開く襟シャツを選ぶ

一言でいうと、40代メンズにとってシャツは歯が命・・・ではなくて、サイズ感が命です。

40代メンズがシャツ選びをするコツ①
【着丈】はベルトが隠れる程度の長さにする

着丈はベルトの下のラインと股のラインの真ん中程度までの長さが〇
それより少し短いのが◎
着丈が長いと胴が長く見えてしまいます。

コーディネート
コーディネート

40代メンズがシャツ選びをするコツ②
【シルエット】がきれいなものにする

流行りがオーバーサイズなこともあり、ビッグシルエットのシャツが多く発売されています。
40代メンズがビッグシルエットを着てはいけないわけではなく、きちんとして見せるときにはシルエットがキレイなものを意識しましょう。

最近では「ただサイズを大きくするだけ」のシャツブランドも多く見受けられます。
ビッグシルエットのシャツの着こなしと、ただサイズが大きくなっているシャツだとコーデが全く変わってきます。
通常のカジュアルシャツを着こなす場合はしっかりとシルエットがキレイなシャツを選ぶようにしましょう。
じゃないとだらしなく見えます。

コーディネート

シルエットがキレイなシャツを選ぶとスマートな40代シャツコーデを作りやすくなります。

コーディネート

40代メンズがシャツ選びをするコツ③
【襟】ちゃんと胸元が開く襟シャツを選ぶ

このシャツ、どちらのほうが40代メンズのシャツとしてかっこいいスタイリッシュと感じますか?

コーディネート

右のシャツのほうがスタイリッシュに見えますよね。

コーディネート

上で見てきた着丈の長さやシルエットの問題もありますが、襟回り、首回りのシャツの開き方Vゾーンともの呼ばれますが、ここがしっかりと開いているシャツのほうがスタイリッシュに見えます。

コーディネート

だからといって、胸元を開ければいい、というものでもないのできちんとして見せる、スタイリッシュに魅せることを心がけましょうね。

コーディネート

このVゾーンがつぶれやすいシャツも多くあります。特にビジネスカジュアルでネクタイをすることが前提のシャツやワイシャツとして作られたものに多く見受けられますが、カジュアルシャツでもよくあります。キレイに胸元が開くか?ちゃんとチェックしましょう。

40代メンズバイヤー監修!シャツ人気ブランド15選

それでは40代メンズにオススメのシャツブランドを3つの価格帯に切って紹介していきます。

シャツの価格は何によって決まるか?というと素材や工場品質にもよりますが、ブランド力がものをいうことも多々あります。なので高ければいいシャツ、というわけではありません。
自分にあった価格、そして着たときに心地よいか?それを感じるのがそのブランドが合うかどうかの判断になります。
各価格帯で4~6個のシャツブランドを紹介しているのでバイヤー歴18年の40代メンズが監修執筆したブランドの特徴を参考にしてみてくださいね。

シャツ価格:3,000円~5,000円

UNIQLO(ユニクロ)

誰もが知るファストファッションブランド。
「え?ユニクロが40代メンズにおすすめなの?」と思う人も多いかと思います。
ユニクロの良さ:
■サイズが豊富
店舗にはSサイズ~XLサイズまでしかないけど、ネット通販限定サイズとしてXSサイズ~XXXLサイズまであるものもあり、自分に合うサイズのシャツが確実に見つかります。
■色が豊富
白シャツ、黒シャツ、ネイビーシャツという定番はもちろんのこと。赤色やピンク色、ベージュ色からカーキ色。10種類20種類以上のシャツのカラバリがあります
■品質がよい
ユニクロの海外工場は中国だけでなく、インドネシアなどのアセアンにもあり、その工場には日本の匠が常駐。どうやってよりよいシャツをつくるかを日本人目線で技術指導しています。
その工場はユニクロ専用工場ではなく、有名ブランドの工場も提携。シャツで有名な老舗ブランドであるブルックスブラザーズのオックスフォードシャツを作っていた工場など手のいい工場でもつくっていることがあります。

ユニクロのマイナス:
■サイズが海外サイズでデカい
基本的に大きいです。きちんとして見せたいと思ったら1サイズないし2サイズ程度小さいサイズを選んだほうがきちんとして見せることができます。いつものサイズ選びをすると、だらしなく見えることも。
■他の人とかぶる
日本一のアパレルブランドなので、他のショップで買ってももちろん売っているものは同じもの。なので他の人とかぶる「ユニ被り」と呼ばれることはあります。ちなみにユニクロブランドを着ていることがバレることを「ユニバレ」と呼びます。

いろんなデザインの中からコスパのいいシャツを見つけることができるので40代男性にもおすすめのブランドです。

GLOBAL WORK (グローバルワーク)

素材の持つ暖かさや温もりを活かした独自のナチュラルスタイルが特徴です。
カジュアルな雰囲気なので大人の休日コーデに適しています。
ゆったりな服装から細身の服装まで幅広いジャンルのアイテムをそろえています。
シャツが5,000円、ジャケット7,000円など、手が届く価格帯の「普段着私服」ブランドで、イオンモールなどに多く展開。最近(2024年)ではセブンイレブングループとグローバルワークの会社であるアダストリアが協業を結び、イトーヨーカドーでの服がこのブランドらしさを持つかもしれませんね。

2024年は40代におすすめのシャツとして「サラサマレギュラーカラーシャツ」というイージーケアのシャツをグローバルワークブランドの一番おすすめのシャツが発売
着心地がよく、アイロンかけずともシワになりにくいというレビューが商品名をしっかりとリンクしています。
サラサマシリーズはコットンだけでなくリネン(麻シャツ)であったりといろんな素材から発売されているので、一度店頭で手にとってみるのもあり。
特にリネンシャツ(麻素材)には力をいれており、リネンでは珍しいグリーン色のストライプ麻シャツや青チェックなどいろんなカラバリを取り揃えています。
バンドカラーといった立ち襟のノーカラーシャツもあるので、自分の好きな襟の形も選ぶことができます。

襟の形としては、
レギュラーカラー、バンドカラー(スタンドカラー)、ボタンダウン、ワイドカラー、オープンカラーをとりそろえています。

ZARA(ザラ)

アパレル売上世界一位の人気ブランド
フランスのブランドと思われがちだけど、スペイン発祥のブランドです。
ここの特徴は「いかにおしゃれを、おすすめを発信できるか?」を考えており、自社でデザインをつくるのではなく、全世界に100人以上の「調査員」を派遣
クラブやおしゃれさんが多い学校、おしゃれな街でスナップ写真をとり、「全世界のおすすめのおしゃれを発信」している特徴的なブランドです。

40代におすすめブランドの理由として、たとえばジャケット1つとってもは定番のテーラードジャケットからミリタリー、本革レザー、アメカジ、チェック柄など、いろんなジャケットやシャツ、パンツのデザインを全世界から持ってきているので40代メンズで「こだわりの1着」を見つけることができるブランドとして、おすすめ

そしてZARAの最大の特徴は「店舗ごとに取り扱っているジャケットが違う」ということ。
渋谷にZARAは2店舗あるけど、2店舗とも違うジャケットを販売しているなど、ユニークな販売の仕方をしているので、いろんな店舗を覗いてみることをおすすめします。

PS
ただ、スペインから日本は遠く、その輸送費がそのまま価格に反映されるので、なんと世界一高くなるとのこと、、、
ZARA好きな人は海外旅行をしたときに買うほうが安く済むかも

MENZ-STYLE(メンズスタイル)

40代50代メンズが「3年後もかっこいい」と感じられる服をつくっているブランド
シャツは日本製シャツも取り扱っており、日本の糸、日本の工場、日本の職人をつかってつくられたブロードシャツボタンダウンのオックスフォードシャツは発売して5年経った今も人気のシャツに。
日本製なのに5,000円程度と白シャツだけでなく10色以上のカラバリの中から2枚目3枚目を買う40代男性に定評。

他のブランドのシャツとの違いは

「着丈の長さ」

「シルエットのこだわり」

多くのブランドが流行でオーバーサイズになり、シャツの着丈もMサイズで70cm程度に。ものによっては越える丈の長さに。
それを3cm以上短い丈の長さのシャツにすることで40代男性がスマートに見えることを40代50代研究所で発見。

40代がスマートに見えるモノづくりをぜひ体感してみてください。

シャツ価格:6,000円~9,800円

鎌倉シャツ

創業時から、上質な素材を使い、縫製はメイドインジャパンでワイシャツを中心に、縫い目が美しく肌触りがよい巻き伏せ本縫い、体の曲線にぴったりフィットする着心地。「百聞は一触に如かず」。袖に腕を通せばその違いがわかると40代のビジネスマンにリピーターが多いブランドです。

そのこだわりは日本製の縫製だけでなくごまかしきれない素材にも。世界中の生産地に足を運び、生産者の熱意に触れ産地の空気を感じ取り、そして仕入れる。優れた素材は、縫製職人たちの匠の技を上達させるといわれています。すなわち、素材選びは職人たちへの敬意の現れとしての誇りをもったブランド
高級ブランドの服やバッグを持っている人でも、シャツは鎌倉シャツブランドを選ぶなど、いままでにないシャツへのこだわりをもっています。

Abercrombie&Fitch(アバクロ)

アメリカ発のアメカジブランド
「アバクロを着ているとオシャレ」というイメージを持つブランドだったからこそ、2010年代は日本に進出前はアメリカでしか買うことができず、プレミア価格で取引されることも。

といっても、価格はZARAやGAPとそこまで変わらないので、「高いお金を出さなくてもセンスの良さは買える」として人気になったブランド
日本には銀座に1号店が出店され、1階で上半身裸のマッチョがお出迎えするパフォーマンスもあり注目を集めましたが、いまは通常のエントランスになっております。
ダークトーンの入り口になっているので少し分かりづらいかもしれません。
サーフ系などに偏っていないアメカジブランドなので、幅広いカジュアルファッションを味わうことができます。

nanounivers(ナノユニバース)

藤田浩行氏が立ち上げた「男らしさ」×「流行」を持ち合わせたブランド
全国のアウトレットに入っているカジュアルなOUTLETブランド「NANO」をはじめ、渋谷セレクトショップの聖地:神南に存在する「nano universe」そして、ビジネスカジュアルも中心とした高級ハイブランド
「nano LIBRARY」と30代だけでなく、40代50代60代と幅広い年代層に人気のブランド
同氏はナノユニバースブランドを大手TSIホールディングスに売却し、社長を退いても本部長としてブランドに残り、「男らしさ」を追求したこだわりがアラサー、アラフォーに指示されているのが特徴

SHIPS(シップス)

ユナイテッドアローズとともにセレクトショップの聖地である神南に店舗を構える
元々は1970年代にアメ横で三浦商店としてスタートし、その後、銀座に出店。なので、セレクトショップというよりも「百貨店ブランド」としての風合いが強いブランド

ネット通販というよりも、その接客を体感してジャケットを試着してみることをおすすめするブランドです。

BAYFLOW(ベイフロー)

アメカジ中心のサーフ系40代ファッションブランド
黒色が基調になりやすい40代メンズ ちょいワル ファッションにおいて、明るめの色が多いブランド

アメカジファッションなので、少しサイズが大きいものもあるけど、ゆったりカジュアルに着こなすのが好きな40代男性にはオススメ
「余裕を感じさせる」ところがジャケットなどのちょいワルファッションとはちょっと違うコーデをつくることができる

モノトーン系が少ないので、「ちょいワルファッションはモノトーンでしょ」という人にはあまり向かないブランド

シャツ価格:1万円以上~

BANANA REPUBLIC (バナナ リパブリック)

通称バナリパ
高過ぎない価格帯で大人なカジュアルスタイルを展開中です。
カーディガンやポロシャツなど、40代へ向けたアイテムも多数取り揃えています。
日本向けサイズも対応しているので海外のブランドが不安な方も安心して利用できます。

BLACK LABEL CRESTBRIDGE(クレストブリッヂ~ブラックレーベル~)

旧バーバリーブラックレーベルのブランドです。
日本では安室ちゃんが着たことで人気になったバーバリー
そのメンズブランドとして誕生し、キレイめ~ちょいワルとしても40代男性に人気が高かったファッションブランド

三陽商会のバーバリーブランドのライセンス契約が終わり、「バーバリー」ではなくなったブラックレーベル
その後、ライセンス契約をバーバリー社と三陽商会が結びバーバリーらしさのある40代男性に合うファッションブランドとして、「クレストブリッヂ~ブラックレーベル~」というメンズブランドが発足

バーバリーブラックレーベルのときは「バーバリーのセカンドライン」だったので、バーバリーよりも安く、【マルイ系ブランド】と呼ばれ、シャツも1万円程度、ジャケットも3万円程度の価格だったものの、最近はバーバリーブランドもはずれたこともあり、「BLACK LABEL CRESTBRIDGE」をしっかりと確立
ハイブランドの価格になっているので、40代で一生ものを買うと決めるブランドに位置づけられる状態です。

Ralph Lauren (ラルフローレン)

歴史と実績のあるラルフローレンは、40代になった今だから着こなせる高級感を演出してくれます。
定番のポロシャツやダウンジャケットは、一着は持っておきたい人気アイテムです。
RALPH LAUREN(ラルフローレン)では、シルエットを変えることなく、アメリカらしいデザインを残しています。

ラルフローレンは「40代50代ママ」にも人気のブランド
というのも、ラルフローレンにはキッズブランドもあり、大人のデザインを落とし込んでおり、それがカワイイと評判に。
着ているとセンスがいいとアラフォー、アラフィフに思われるブランドです。

高すぎない価格も嬉しいですが、こちらは御殿場アウトレットにもお店がでているので安く手に入れることが可能です。

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

元々BEAMSの設楽氏といっしょに「セレクトショップ」という概念を多くの人に広めた重松氏がつくったブランド。
流行最先端をとりいれながらも、「上質感」「重厚感」のある日本のハイブランドの1つ
日本とヨーロッパの文化伝統をトラッドマインドで選び抜いたジャケットをセレクトとオリジナルで創り上げています。

JOSEPH HOMME (ジョゼフオム)

ロンドンを代表するセレクトショップです。
カジュアルスタイルからフォーマルなスーツスタイルまで幅広く揃えることができます。
また、「素材もデザインの一部」と捉えているので本物志向の40代男性におすすめです。

BROOKS BROTHERS(ブルックスブラザーズ)

アメリカでもっとも歴史ある衣料ブランドとして、アメリカの歴代大統領や有名人など多くの著名人が愛用している人気ブランドです。
ベーシックから流行りを取り入れたアイテムまで幅広く展開しているので自分に合った服が見つかるはずです。
シャツやネクタイなどが人気!

【厳選】40代メンズにおすすめのシャツ

それではシャツを価格と品質のバランスを考えて「日本製」「中国製」2つの工場でつくっているブランド、メンズスタイルで厳選した40代メンズにおすすめしたいシャツを紹介します。
気に入ったシャツが合っても、どうコーデしたらいいか分からない、、、ということもあるのでいっしょにシャツコーデも紹介するので、シャツを買ったその日からジャケットを合わせたこのコーデにしよう、など考えてシャツ選びしてみてくださいね。

40代メンズにおすすめのシャツ①

【日本人の体型に合わせたスリムシルエット】
日本製スリムフィットボタンダウン長袖ブロードシャツ
4,900円(税込5,390円)
日本製スリムフィットボタンダウン長袖ブロードシャツ
シャツ詳細

オン・オフ問わず着回しの効く無地シャツは、コーディネートに欠かせないと思いセレクトしました。

こちらのシャツは生地選びから縫製まで、すべての工程を国内工場で仕上げた高品質な日本製シャツです。スリムな細身なシルエットと肌触りの良いブロード素材で仕上げることで、上品かつ大人な雰囲気のある無地シャツに仕上げております。

襟はかっちりしすぎず、カジュアル過ぎないボタンダウンを採用。キレイめにもカジュアルにも使える無地シャツとなっております。

定番の白・黒・ネイビーに加え、サックスやグレー、ストライプやドット柄などカラーバリエーション豊富に取り揃えております。シンプルな無地シャツなので1年中着用できるのも嬉しいポイントです。

40代シャツコーデ①

コーディネート

シンプルに白シャツに黒ジャケットを合わせたコーディネート
ライトグレーのシルエットがきれいなテーパードパンツと合わせることでビジネスカジュアルでもいけるくらいきれいめカジュアルコーデを作り出せます。

このシャツの良さは襟元を見てもらえるといいのですが、きれいに襟が立っています。この襟の形をボタンダウンシャツと呼びますが、ジャケットと合わせたときにキレイにシャツ襟も立っているが特徴。
カジュアルに着崩すときはボタンダウンじゃなくていいですが、きれいめに着こなしたいときにおすすめの襟の形です。

40代メンズにおすすめのシャツ②

【9年連続販売枚数第1位!愛用者8万人以上の人気NO.1シャツ】
2枚襟デザイン美シルエットシャツ
4,900円(税込5,390円)
2枚襟デザイン美シルエットシャツ
シャツ詳細

1枚でもカッコ良くキマるシャツを目指し、シャツ一筋30年のメーカーさんと協力して作ったのが2枚襟デザイン美シルエットシャツなんです。

ユニクロさんなどの他ブランドでも、シャツは無地ばかり・・

そこで読者モデルの女の子の達の意見を参考に、生地やデザインはもちろん、シルエットにもこだわりを詰め込みました。

細部にまでこだわったシャツなので、上品かつ大人な印象が手に入ります。

無地シャツには出せない、1枚でも飾らないカッコ良さが手に入るシャツです。

40代シャツコーデ②

コーディネート

さきほどのボタンダウンシャツはグレーパンツに合わせたジャケットコーデ。こちらはデニムパンツに合わせたジャケットコーデ。けっこうイメージかわりますよね。
デニムパンツはもともとアメリカの炭鉱労働者のためにつくられたカジュアルコーデ用なのでジーパンをはくと全体がカジュアルにはなります。

このコーデはテーラードジャケットにグレーカーデというきっちりとさせたトップスをブーツカットのジーンズでカジュアルダウン、いわゆる「はずし」をつかったコーデになります。
トップスはそのままにベージュのチノパンをはけばきっちり見えますし、ちょっとカジュアルなお出かけをしたいときにはこのようにデニムに合わせるのも40代らしい変化のあるコーデになります。

40代メンズにおすすめのシャツ③

【無地シャツだからこそ高品質な日本製に】
オックスフォード長袖ボタンダウン日本製シャツ
5,900円(税込6,490円)
オックスフォード長袖ボタンダウン日本製シャツ
シャツ詳細

確かな品質を誇る日本製のオックスフォードシャツになります。
国産工場で生地から縫製まで行い、長く着れる丈夫なシャツに仕上がりました。
肌に優しく柔らかいコットンシャツなので着心地も抜群です。

日本人の体型に合わせたスリムな細身シルエットになっております。
着丈もやや短めに作ることで脚長効果も期待できます。
白・ネイビー・グレーのベーシックな色の他、ブルー・カーキ・イエロー・ピンク・パープルなど全12カラーをご用意しております。

40代シャツコーデ③

コーディネート

今までのシャツはインナーとして着こなしていたものをシャツ自体をアウターとしてtシャツの上に羽織ったコーディネート
シャツのいいところは1枚で着る事も、tシャツの上の羽織りとして重ね着することもできる。
このコーデはトップスにtシャツ1枚だと40代メンズにとっては寂しい手抜きコーデに見えるところをうまくこなれたスタイリングにアレンジ。

こういうシャツをインナーとしても、アウターとしても使えるコーデ技をもっていると着こなしの幅が増えますよ。

40代メンズにおすすめのシャツ④

【快適なシャツスタイルを実現する涼しいシャツ】
接触冷感パナマ織り7分袖ホリゾンタルカラーシャツ
5,900円(税込6,490円)
接触冷感パナマ織り7分袖ホリゾンタルカラーシャツ
シャツ詳細

夏の暑い日でも快適な着こなしが楽しめる接触冷感シャツです。
薄手の生地感に加え、着た瞬間にひんやりと感じさせてくれる素材なので、夏でも涼しいシャツスタイルが楽しめます。襟はこなれ感を作ってくれるホリゾンタルカラーを採用。小さめの襟で胸元の開きが広めなのですっきりとした印象を作ってくれます。襟を立たせた着こなしも楽しめるのも魅力です。

スリムな細身シルエットなのでスタイリッシュなコーディネートが完成します。1枚で着ても、インナーの羽織りとしても活躍してくれるシャツです。コーディネートしやすい黒と白の他、1枚でもシャツを楽しめるカラバリとしてピンクやベージュ、サックスをご用意しました。

40代シャツコーデ④

コーディネート

40代、50代の男性に人気の春夏コーデにぴったりなおすすめのアイテムが揃ったコーデ。白の七分袖シャツと黒の半袖VネックTシャツの組み合わせは爽やかでシンプルな着こなしを演出。

ブルーアンクルデニムパンツはカジュアルなスタイリングにぴったりで、グレーシューズとの相性も抜群。おしゃれでかっこいいコーデを目指す方におすすめのアイテム。お出かけやカジュアルなイベントにぴったりな一着。是非お試しください。

【デザイン別】40代メンズシャツコーデ

定番白シャツ

シャツ=白と言っても過言ではないほど、白シャツはまずおさえておきたい一枚です。
きれいめにもカジュアルにも着られて、清潔感も出せるのでデートにもぴったりのシャツです。

“ドレスシャツ”と言われる、白のきれいめシャツはボタンを開けて羽織る着こなしには向きません。
・ドレスシャツは羽織りとして着ない
・羽織りとして着たい場合はカジュアルシャツ
覚えておきましょう。

白シャツを使った40代メンズコーデ「ドレスシャツ」

コーディネート

ホリゾンタルカラーの白シャツをドレスシャツとしてきれいめにトップス1枚で着こなしたスタイル。
白シャツと黒パンツに茶色のスエードブーツを合わせただけのシンプルながらに絵になる1枚。
コーデを難しく考えずに、シンプルにトップス1枚でも十分40代の魅力を引き出すことはできます。

そのためには着こなしのコツで紹介したベルトの上くらいに着丈がくるシャツをちゃんと選びましょうね。
胸元がきれいに開くシャツを選びましょうね。
すれば白シャツコーデもシンプルで十分かっこいいものに。

白シャツを使った40代メンズコーデ「カジュアルシャツ」

コーディネート

七分袖や半袖などのカジュアルシャツと呼ばれるような白シャツはアウターとしても着こなしが可能。
何がドレスシャツで何がカジュアルシャツなのか分からない場合はお店の人に聞くか、ネット通販の場合はドレスシャツ=ボタンダウンとはじめは思っていてもいいかもです。ボタンダウンシャツがすべてボタンを開けてはいけないわけではないですが、簡単な見極めとして覚えておきましょう。

このコーデでは黒tシャツの上にさらっと七分袖の白シャツをON。ラフなトップスコーデをアンクルパンツの丈にしたデニムがよく似合い40代の余裕を感じさせる大人の初夏コーデが完成。

コーディネート

コーディネート

定番のおすすめ白シャツ

40代におすすめ!白シャツコーデセット

40代メンズシャツコーデをよりかっこいいものにするためのシャツの着こなし詳細はコチラ

【Lesson5-8】格好よく見えるシャツの着こなしの注意点②Tシャツと合わせてよいシャツ・いけないシャツ 首元から見えるインナー・透けるインナー

【Lesson5-8】格好よく見えるシャツの着こなしの注意点②Tシャツと合わせてよいシャツ・いけないシャツ 首元から見えるインナー・透けるインナー

雰囲気を変える柄シャツ(ストライプシャツ、チェックシャツ)

ストライプシャツチェックシャツ、ドットシャツ(水玉)などの柄シャツは雰囲気を変えるのにぴったり。
一枚で着てもかっこよくキマるので、春夏のメンズコーデにもおすすめです。

派手すぎない柄シャツを着こなしている男性はおしゃれと思う女性も多く、うまく柄シャツをとりいれるために、まずはストライプシャツ、チェックシャツからコーデにとりいれていきましょう。
40代になるとドットシャツは少し難しいので慣れてきてから。それもドット水玉が小さいものからとりいれると品よく大人のコーデをつくりだせます。

ストライプシャツを使った40代メンズコーデ

コーディネート

ビジネスカジュアルでも使えるジャケットコーデ
ストライプシャツだと何を合わせるのが正解か?ジャケットも合わせて大丈夫なのか心配になるかもしませんが、チェックシャツと同様に考えることが重要。
柄シャツだから無地と合わせる。
これが正解です。なのでストライプシャツの上にグレーの無地テーラードジャケットを合わせることでストライプの見える範囲が狭くなるものの、それがオシャレに映えます。

チェックシャツを使った40代メンズコーデ

コーディネート

秋や春にぴったりの着こなしを演出することができます。ブルーチェックのシャツは落ち着いた雰囲気を醸し出し、白のVネックTシャツと合わせることで爽やかさもプラス。さらに、黒のチノカーゴパンツはカジュアルさとスタイリッシュさを両立させ、ベージュのチャッカブーツは足元を引き締めてくれます。
特に靴に柄やワンポイントがはいったものを選ぶとチェックシャツとケンカしてしまうので無地の靴を選ぶと全身コーデがきれいにととのいます。

コーディネート

コーディネート

雰囲気を変えるおすすめ柄シャツ

ストライプシャツや赤チェックシャツ、青チェックシャツなどのコーデのコツなど詳細はこちら

メンズストライプシャツ 夏に周りと被らない30代40代のおしゃれシャツ

メンズストライプシャツ 夏に周りと被らない30代40代のおしゃれシャツいつものストライプシャツ飽きていませんか?

メンズ赤チェックシャツコーデどことなくダサく見せない30代40代コツと【人気ブランド10選】

メンズ赤チェックシャツコーデどことなくダサく見せない30代40代コツと【人気ブランド10選】人気の赤チェックシャツには何を合わせる?

メンズ青チェックシャツ 30代40代おすすめ春夏秋冬コーデ例と着こなしポイント

メンズ青チェックシャツ 30代40代おすすめ春夏秋冬コーデ例と着こなしポイント青チェックシャツの正解コーデとは?

夏におすすめの麻シャツ(リネンシャツ)

通気性が良い、汗をかいても肌に張り付かないなど機能性はもちろん、その見た目からも夏にぴったりな麻シャツ
爽やかで男らしく着られるので、新しいシャツを探している男性はぜひ麻シャツもチェックしてみてください。

麻シャツを使った40代メンズコーデ

コーディネート

ボーダーtシャツの上に黒の麻シャツを合わせた夏コーデ。七分袖シャツなので初夏の5月から晩夏、初秋の9月まで長い期間活躍してくれるコーデ
季節に合わせてパンツの色味を変えることで雰囲気を変えることができます。
ここではブリーチの薄いデニムパンツをコーデで使用していますが、ベージュチノパンに合わせれば秋仕様のコーデに変わります。

コーディネート

コーディネート

40代の夏コーデとしておすすめしたいシャツの1つリネンシャツについての詳細はこちら

メンズリネンシャツの30代40代コーデ ダサく見せない麻シャツとインナー重ね着例と【人気ブランド10選】

メンズリネンシャツの30代40代コーデ ダサく見せない麻シャツとインナー重ね着例と【人気ブランド10選】かっこいい男は素材にこだわる!

麻素材の洋服の知っておきたい特徴と注意点

麻素材の洋服の知っておきたい特徴と注意点人気の麻素材アイテムをチェック

夏、冬に活躍の機能性シャツ(冷感シャツ、防寒シャツ)

見た目は普通のシャツなのに、涼しく・暖かく着られる機能性シャツもあります。
快適さを求めるとおしゃれさが無くなる・・・と思っていた男性はぜひチェックしてみてください。

ひんやり涼しいシャツの40代シャツコーデ

コーディネート

ネイビーシャツだと重ね着に上に何を着たらいいか迷う人もトップス1枚のネイビーシャツコーデなら悩むこともない。
接触冷感で肌がひんやり感じるシャツなので夏の暑い時期でも快適に過ごせる。
ネイビーと相性が抜群の白パンツをクロップド(七分丈)にして40代で失いやすい清潔感をしっかりととりれいたコーデにしましょう。

秋冬暖かく感じるシャツの40代シャツコーデ

コーディネート

見た目は普通のシャツを変わらないのに、保温性があり+3℃の体感温度上昇を感じられる機能性シャツ
黒シャツコーデも上に何をアウターとしてコーデすればいいかわからない40代男性も多いかもしれないけど、1枚で着こなしができればその心配もいらない。
黒シャツに白パンツという、ちょいワルファッションコーデもあるけど、ここではデニムパンツで男らしく、でも無難にまとめたコーデに仕上げました

コーディネート

コーディネート

夏におすすめの接触冷感シャツ

冬におすすめの防寒シャツ

接触冷感シャツを見る◀︎

防寒保温シャツを見る◀︎

【白シャツ】おしゃれな40代の大人は白シャツをどう着こなす?

ここからはシャツの中でも一番定番の白シャツについて紹介していきます。

シャツコーデを見てきましたが、実はコーデと同じくらい重要なのが「シャツの着こなし方」まずはこの3つのシャツを見てください。同じ白シャツ、同じパンツのコーデです。

コーディネート

印象がまったく違いますよね。
これが「白シャツの着こなし方の違い」になります。

コーディネート

ボタンの位置にもよりますが、第2ボタンを開けて軽く鎖骨が見えるくらいが首元をスッキリ見せて清潔感もある襟の着こなしになります。

ボタンを胸まで開けてしまうと逆にいやらしく見えて清潔感を感じられなくなるのでNG。

また、第1ボタンまで閉めてしまうとキチンと感は出て清潔感も高まりますが、首が詰まりすぎて苦しい印象に…。

今度は袖まくりもみてみましょう。

コーディネート

シャツの袖をまくる事もあると思いますが、適当にまくると残念な見た目に・・・。
調整しながら2回に分けて袖まくりしてみましょう。
また、肘が隠れるくらいだと腕を太く、たくましく見せることが出来ます。

季節別で見る40代の白シャツコーデ

白シャツといっても白シャツ1枚で着るわけではなく重ね着をしたり、インナーでつかったり、アウターにしたりと季節によっても白シャツのコーデの中の立ち位置が変わります。
ここでは春夏秋冬、白シャツの季節別コーデをみていきましょう。

春におすすめの40代白シャツコーデ①

コーディネート

白シャツの中でも珍しい襟にワイヤーをいれたスタンドカラーシャツ
スタンドカラーシャツというとノーカラーのバンドカラーシャツをイメージする人も多いけど、こういう選択肢があることを40代メンズは知っていると春コーデの幅が広がります。

この襟ワイヤーが入った白シャツの何がいいかというと、胸元をキレイに開くことができ、襟の立ち方を自分が気に入ったかたちに固定できます。
もちろん寝かせて通常のシャツのように着こなすこともできます。
ここでは襟をきれいに立てて、少し男らしさをMIXさせた着こなしをしているのでより男らしさを増すためにブーツカットのベージュチノをコーデの相棒に。着ている枚数は少ないのに存在感のあるコーデです。

春におすすめの40代白シャツコーデ②

コーディネート

春コーデといったらやっぱりジャケットが主役になるもの。
主役のジャケットを邪魔しないように、でもそのジャケットのかっこよさを引き上げるためにホリゾンタルカラーで紳士っぷりを上昇。
デニムパンツで適度に崩しながらもカジュアルすぎないように靴はショートブーツできちんと感をアピール

夏におすすめの40代白シャツコーデ①

コーディネート

白シャツにブリーチジーンズというカジュアルな夏コーデ
簡単シンプルながらにこだわりはいっぱい。40代メンズのコーデはきちんと見せが重要。なので夏コーデでもカジュアルすぎちゃいけない。
半袖シャツはボタンダウンのものを選択し、シルエットがきれいな日本製のシャツをセレクト。
そこにシルエットがきれいな、それでいて加工感が見えるスリムフィットのクロップドパンツをコーデに仕様。
カジュアル過ぎない夏コーデです。

夏におすすめの40代白シャツコーデ②

コーディネート

夏でも半袖tシャツの上のアウターとして白シャツを合わせたコーデ
白黒モノトーンだと暗くなりすぎてしまうので、パンツは少し明るめのインディゴ色をチョイス。

より夏を感じるためにサックス色のパンツやブリーチデニムパンツもおすすめ。
アンクルパンツにすることでアンクレットをちらりとのぞかせるのも40代の大人の余裕を感じさせるさりげない夏コーデに仕上がります。

秋におすすめの40代白シャツコーデ①

コーディネート

40代や50代の男性に人気の高い秋にぴったりなコーディネート。白い長袖シャツとネイビーの長袖Tシャツの組み合わせは、シンプルで清潔感があり、さりげなくおしゃれな雰囲気を演出。黒のテーパードパンツは、大人の男性にふさわしいスマートな印象を与えます。ベージュのチャッカブーツは、季節感を取り入れつつ足元を引き締め、全体のコーディネートを引き締めてくれます。おしゃれでかっこいい着こなしを楽しみたい方におすすめのアイテム。ぜひ、このコーディネートで秋のお出かけを楽しんでください。

秋におすすめの40代白シャツコーデ②

コーディネート

秋はまだまだ暑い時期もあるので、かっちりコーデはあまり向いていない。そこでボタンレスパーカーという白シャツの相棒を紹介。
チャコールグレーフーディガンは暖かく快適な着心地で、白長袖シャツとの組み合わせで爽やかな印象を与えます。黒のテーパードパンツはスタイリッシュで落ち着いた雰囲気を演出し、ベージュのチャッカブーツは足元を引き締めて上品な印象を与えるので、パーカーというカジュアルながらに40代の大人のコーデをつくりあげてくれます。

冬におすすめの40代白シャツコーデ①

コーディネート

コートに白シャツ1枚というと冬だと少し寒いかな?と感じるコーデですが、この白シャツは保温性のある機能性シャツなので、メルトンコートでつくりあげた暖かい空気をしっかりと体温上昇につかってくれるトップスコーデ。
黒のメルトンスタンドコートは、上品な印象を与えつつも、野暮ったくなりすぎないデザインで、大人の男性にふさわしいスタイリングを演出。黒アウターだからこそ暗くなりぎる冬コーデを白シャツとベージュパンツが明るさをつくりあげてくれます。

冬におすすめの40代白シャツコーデ②

コーディネート

上の白シャツコーデのコートをダウンジャケットに変えたコーデ。
白シャツでボタンダウンシャツだときれいめ過ぎてダウンジャケットなどのカジュアルアウターとのコーデはどうか?上のようなモードちっくなアウターしか似合わないのでは?と考えている40代男性のために紹介したいコーデ。
白シャツと相性のいいネイビー色のダウンでカジュアルなコーデも紳士の風格に。そこまで寒くない日はダウンの前を開いてカジュアルに着こなすと白シャツの前立てのデザインがチラッと見えてオシャレです。

白シャツによくある悩み(襟汚れ、透ける)と対策方法

40代にふさわしいシャツ選びができて、シャツコーデも年齢に合ったものをつくれるようになった。

で、

ここでしっかりと抑えておきたいのがシャツのお手入れ方法

気に入ったシャツほどガンガン使うから襟回りが汚れてしまったり、気持ちよくシャツ1枚で着ていたら透けてしまっていたり、、、

40代男性のシャツの悩みを聞いているとシャツの中でも特に白シャツでお手入れで覚えておいたほうがいいことは大きく2つ

襟回りが汚れる

シャツが透ける


この2つを見ていきましょう

襟回りの汚れ対策

襟回りの汚れ対策

なかなか落ちない黄ばみや黒ずみ、毎回クリーニングに出すのも難しくて出来れば自宅で洗濯と予防が出来ればいいのに、なんて思いませんか?

シャツの黄ばみの原因は“皮脂汚れ”です。
私たちは日常生活の中で季節を問わず日々汗をかき、どんなに清潔にしていても皮脂を分泌しています。

白シャツをキレイにするためには洗濯機で落ちる汚れもあります。最近ではアタックやアリエールなどの洗剤でも襟汚れに強い洗剤が出たりするので、目で見て汚れていなくても小まめに洗濯するようにしましょう。

それでも汚れてしまった場合は以下の順番で。少し面倒ですが、汚れを放置すると40代メンズとしては清潔感なくなるのでおすすめしないですよ。

Step①部分洗いで汚れを浮かび上がらせる

台所洗剤またはクレンジングオイルをシャツの汚れ部分にかけ歯ブラシでこすります。
シャツの色落ちの恐れがあるので洗剤は適量に
柔らかめの歯ブラシを使って汚れをこする事で黒ずみを取り除き、
黄ばみを浮き上がらせます。

Step②洗面器に酸素系漂白剤を入れて液を作る

洗面器またはバケツに40~50度のお湯を張り、
粉末の酸素系漂白剤を入れて泡立つくらいよくかき混ぜます。
酸素系漂白剤の分量は説明書きがあると思いますが、目安としては20~30グラム。
触るとぬるぬるするのはアルカリ性の性質によるものなので問題ありません

Step③シャツを漬け置きする

酸素系漂白剤を溶かした洗面器またはバケツにシャツを入れて20~30分漬け置きします。
シャツの黄ばみに直接漂白剤が浸透します。

Step④通常通り洗濯をする

取り出したシャツを洗濯機で通常通り洗濯します。
いつも通りの水洗いで問題ありません。これで黄ばみもキレイに落ちるはずです。
クリーニング店にお願いする前に試してみてください。

MEMO
・洗濯用ではなく食器用の洗剤
・粉末タイプの漂白剤使用
・塩素系漂白剤は使用しない
・洗剤は適量に

そもそも襟汚れを目立たせたくない!でも白シャツを着たい!と言う人におすすめの40代メンズ向けのシャツがこちら

【9年連続販売枚数第1位!愛用者8万人以上の人気NO.1シャツ】
2枚襟デザイン美シルエットシャツ
4,900円(税込5,390円)
2枚襟デザイン美シルエットシャツ

このシャツ、ボディが白で白シャツなんですが、襟が2枚襟になっていて、内側のチェック部分の襟がスタンドカラーになっていて高さがあるんですね。
その関係で襟回りが汚れても黒チェックで目立ちにくいとレビューでも高評価を。
デザイナーとして意図していなかったのですが多くの男性に喜ばれている白シャツです。

白シャツが透けない対策

透け防止としておすすめしたいのがインナーを着る事。

シャツインナーというと一般的な肌着をイメージしますが、最近ではいろんなインナーが発売されていています。
その中で透け防止のためのインナーを3つ、インナーに重ね着しても涼しく感じるユニクロのエアリズムのような接触冷感tシャツを1つ紹介します。

インナーというと白色のイメージがありますが、シャツが透けてインナーが見えにくい、肌と同化して見えることでラインがくっりきでないためにベージュ色やグレー色のインナーも人気です。

シャツ透け防止インナー

40代メンズシャツまとめとあわせて読みたい関連記事

気になるデザインのシャツは見つかりましたか?
無地・柄、長袖・半袖・七分袖など種類豊富なシャツ
春夏秋冬活躍してくれるアイテムなのでぜひ複数枚揃えて普段のコーディネートに取り入れてみてください。
先生コメント

おすすめの日本製ブランドシャツ

おすすめの40代シャツ

メンズスタイルがおすすめする40代に相応しいシャツ!カジュアルシャツ、ビジネスカジュアルシャツ、ドレスシャツ・ワイシャツ、襟シャツ・襟なしシャツ、チェックシャツ・デニムシャツ・ストライプシャツ・ネルシャツ・日本製ブランドなど人気アイテムをご紹介。長袖・半袖・七分袖、細身・オーバーサイズまで豊富なシルエット・サイズ展開。春夏秋冬など季節別にも豊富なコーディネート例も一緒に紹介しておりますのでコーデに迷いません。「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「40代に合うシャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

おすすめのシャツ

メンズスタイルがおすすめするシャツをご紹介。カジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・麻リネンシャツ・オープンカラーシャツ、長袖・半袖・七分袖シャツ、厚手・薄手のシャツ、白・黒・ネイビー・グレー・ベージュ・サックスブルー・ピンク・ワインレッドシャツ、春夏秋冬の季節別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気のシャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「シャツの重ね着コーデがわからない」「シャツに合うアウターがわからない」「シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

おすすめのシャツ ワイシャツ

おすすめの40代メンズコーデセット

おすすめのオリジナルブランド

シャツコーディネート

メンズスタイルがおすすめするシャツのコーディネートをご紹介。カジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・チェックシャツ・ストライプシャツ・デニムシャツ・オープンカラーシャツ、長袖・半袖・七分袖・厚手・薄手シャツ、白・ネイビー・グレー・黒・ベージュ・カーキの色別、春夏秋冬の季節別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気のシャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「シャツの重ね着コーデがわからない」「シャツに合うアウターがわからない」「シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

春シャツコーディネート

メンズスタイルがおすすめする春シャツのコーディネートをご紹介。春のカジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・チェックシャツ・ストライプシャツ・デニムシャツ・オープンカラーシャツ、長袖・半袖・七分袖・厚手・薄手シャツ、白・ネイビー・グレー・黒・ベージュ・カーキの色別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気の春シャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「春シャツの重ね着コーデがわからない」「春シャツに合うアウターがわからない」「春シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「春シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

夏シャツコーディネート

メンズスタイルがおすすめする夏シャツのコーディネートをご紹介。夏のカジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・チェックシャツ・ストライプシャツ・デニムシャツ・オープンカラーシャツ、半袖・七分袖・長袖・冷感・薄手シャツ、白・ネイビー・グレー・黒・ベージュ・カーキの色別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気の夏シャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「夏シャツの重ね着コーデがわからない」「夏シャツに合うアウターがわからない」「夏シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「夏シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

秋シャツコーディネート

メンズスタイルがおすすめする秋シャツのコーディネートをご紹介。秋のカジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・チェックシャツ・ストライプシャツ・デニムシャツ・オープンカラーシャツ、長袖・半袖・七分袖・厚手・薄手シャツ、白・ネイビー・グレー・黒・ベージュ・カーキの色別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気の秋シャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「秋シャツの重ね着コーデがわからない」「秋シャツに合うアウターがわからない」「秋シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「秋シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

冬シャツコーディネート

メンズスタイルがおすすめする冬シャツのコーディネートをご紹介。冬の暖かいシャツ・カジュアルシャツ・ドレスシャツ・ビジネスカジュアルシャツ・チェックシャツ・ストライプシャツ・デニムシャツ・オープンカラーシャツ、長袖・厚手シャツ、白・ネイビー・グレー・黒・ベージュ・カーキの色別、30代40代50代60代の年代別にも豊富な人気の冬シャツコーディネート例をご紹介しておりますので、かっこいいコーデがたくさん見つかります。「冬シャツの重ね着コーデがわからない」「冬シャツに合うアウターがわからない」「冬シャツに合うズボン・パンツがわからない」「いつも服選びに迷ってしまう」「服選びは苦手だけどおしゃれに見られたい」「年相応のおしゃれがしたい」「冬シャツはどこのブランドやお店で探せばいいかわからない」方におすすめです。

白シャツコーディネート