友だち追加
  • 杢スラブ地イタリアンカラージャケット
  • ラペルチェーン付き裏地ぺイズリーテーラードジャケット
  • 3ジップブーツカットストレッチチノパンツ
  • フェイクレイヤードダブルフードパーカー
  • 2枚襟デザイン美シルエットシャツ

▲ファッションカレッジ推薦アイテム▲

03月26日

【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感① アイテム比較 ジーパン/デニムの例

【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感① アイテム比較 ジーパン/デニムの例

デニムパンツを探す
デニムパンツ

ここでは「格好良く見えるパンツの正しいサイズ感」を学んでいきます。
カジュアルパンツ(チノパン・ジーンズ・カーゴパンツ)の代表として、ジーンズのサイズ感を見ていきましょう。
まずはこの二つのジーンズの比較をしてみましょう。

この二つのジーンズ、どこが違うんでしょうか・・・。

え、全然違うじゃない!?ともやくんわからないの??足の太さとか、全然違うじゃない。

でもウエストは同じサイズでしょ??う~ん、ボクがわかるのはまりちゃんは最近おやつを食べ過ぎることが悩みで足が

りい先生、パンツのサイズ感についても、詳しく教えてください!

ともやくんも気合が入ったところで、
代表的なジーンズのサイズ感の比較から見ていきましょう。

カジュアルパンツはサイズ感によっていろいろな呼び方ががります。
なかでもレギュラーサイズ・スリムサイズといった呼び方、ストレートやスキニーといった呼び方があります。

まずはこの二つのサイズ感の違いをアイテムベースで見ていきましょう。

標準タイプ(左)レギュラー/ストレート
細身タイプ (右)スリム/スキニー

標準タイプ
レギュラー/ストレート

最も一般的なパンツのシルエットです。「ストレート」は膝から裾までの幅が変わらないもの指します。定番の形なので「レギュラーストレート」などと呼ばれたりします。ちなみに先が次第に細くなっていくものを「テーパード」と呼びます。
アメカジスタイルの定番でもあり、ダメージの具合やデザインによってカジュアルで男らしい印象を作ることが出来ます。

細身タイプ
スリム/スキニー

「スリム」は細身のストレートパンツを指します。「スキニー」は足にピッタリとフィットする極細のタイトシルエットで、「痩せこけた」「骨と皮」という意味になります。伸縮性のあるストレッチ素材を使ったものが多く出回っています。
どちらもスマートなシルエットでキレイめに、オシャレで品のある印象を作ることが出来ます。

平置きした状態でも比べてみると、結構違いましたね!

そうですね。次は穿いたときどのように違うか見ていきましょう。
パンツは穿き方によってもサイズ感、シルエットが変わってきますよ。

次の授業へ進む▶
【Lesson4-12】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較

◀前の授業に戻る
【Lesson4-10】格好良く見えるパーカー・カーディガンの正しいサイズ感 

このLessonで学べる内容をチェック!

【Lesson4】外さないコーデのサイズ感の基本

【Lesson4-1】外さないコーディネートのためのサイズ感の基本~良いサイズ感が良いシルエットを作り出す!

【Lesson4-2】外さないコーディネートで目指すべき基本のシルエット

【Lesson4-3】格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感① ホワイトシャツ、インナーで着るシャツ

【Lesson4-5】格好良く見える着丈のシャツとカットソーの比較 外さないコーデの絶対領域

【Lesson4-6】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感①

【Lesson4-7】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感② ジャケットとホワイトシャツ・カットソーのコーデ着丈比較

【Lesson4-8】格好良く見えるデニムシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-9】格好良く見えるチェックシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-10】格好良く見えるパーカー・カーディガンの正しいサイズ感 

【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感① アイテム比較 ジーパン/デニムの例

【Lesson4-12】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較

【Lesson4-13】外さないコーディネートの完成!?コーディネートが完成した後の落とし穴

公式LINE@にお友達登録してお得な情報を手に入れよう!

オシャレなコーデが【簡単・お得】に揃う

恋愛テクニック講座&デート場所別コーデ

OTHER CONTENT