メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

デート服コーディネート

恋愛テクニック講座

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

【Lesson4-12】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較

パンツを格好良く穿くために!失敗しないパンツのサイズ感

格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較
人気のメンズパンツをチェック

この記事を最後まで読むと…
格好良く見えるパンツの正しいサイズ感がわかる
シルエット別の穿きこなし方がわかる
パンツ選びでサイズ感に迷わない

パンツ(ボトムス)選びで迷ってしまいがちなのがサイズ感。
「これってパツパツ?」「これってダボダボ?」
パンツ選びに失敗しないために、“格好良く見える正しいサイズ感”を知りましょう。

「大人のファッションカレッジ」担任のりぃです。
パンツを穿いたときのシルエットの違いを見ていきましょう。
平置き時のサイズ感の違いはこちらをチェック
【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感①

先生コメント
担任:りぃ

脚をキレイに見せる人気のパンツ

パンツは穿き方によってもシルエットが変わる

パンツ(ボトムス)には色々な種類がありますが、
定番のデニムパンツ(ジーンズ)でもゆったり穿くタイプ・ぴたっと穿くタイプなど
タイプが違うと見え方も全く違うという事は皆さん聞いた事があるのではないでしょうか。

パンツは穿き方によってもシルエットが変わる
メンズデニムパンツ一覧を見る

実は、“穿き方”によっても見え方が違います。
まずは穿き方の違いによるパンツのシルエットを詳しく見ていきましょう。

先生コメント

おしゃれは少しの差が大切です!
デニムパンツやチノパンなど、カジュアルパンツの穿き方は主にこの2つです。

先生コメント
副担任:ゆうみ

カジュアルパンツの主な穿き方は
①腰骨で穿く(ジャストで穿く)
②ローライズで穿く(腰パンで穿く)

カジュアルパンツの主な穿き方は①腰骨で穿く(ジャストで穿く)②ローライズで穿く(腰パンで穿く)
メンズデニムパンツ一覧を見る

<①腰骨で穿く(ジャストで穿く)>
腰骨の上にベルトが乗るようにする穿き方

<②ローライズで穿く(腰パンで穿く)>
腰骨のすぐ下にベルトを合わせる穿き方
“腰パン”といっても、極端に下げて穿くのは避けましょう。

MENZ-STYLE人気のデニムパンツ

【少しブーツカットにしているから脚が細長く見える】ストレッチ入りスリムデニムカーゴパンツ

ストレッチ入りスリムデニムカーゴパンツ【少しブーツカットにしているから脚が細長く見える】
「デニム素材のカーゴパンツが欲しい」というお客様の要望から作られたデニム素材のカーゴパンツ。カーゴパンツにしては珍しくスリムシルエットに仕上げました。シルエットがキレイな細身のカーゴパンツなのでキレイめファッションが好きな人にもおすすめです。
【こだわり加工で男の風格漂うデニムパンツ!】ヴィンテージ加工ストレッチテーパードデニム

ヴィンテージ加工ストレッチテーパードデニム【こだわり加工で男の風格漂うデニムパンツ!】
抜群の伸縮性と、薄すぎず厚すぎない生地で細身のシルエットですが快適なはき心地を実現しました。テーパードシルエットなので脚長に見せてくれます。気温は1年中、気温5℃以下~30℃以上となっておりほぼ毎日穿けるデニムパンツです。

①②それぞれの穿き方で、股上の深い「レギュラー/ストレートタイプ」と股上の浅い「スリム/スキニータイプ」の見た目の違いを比べてみましょう。

先生コメント

パンツは穿き方によってもシルエットが変わる

正面からの比較

メンズパンツ サイズ感
メンズパンツ サイズ感
メンズパンツ一覧を見る

側面からの比較

メンズパンツ サイズ感
メンズパンツ サイズ感

背面からの比較

メンズパンツ サイズ感
メンズパンツ サイズ感
メンズパンツ一覧を見る

股上の深い「レギュラー/ストレートタイプ」は、穿き方でシルエットが大きく変わる事が分かります。

生徒コメント
教育実習生:ともや

股上の浅い「スリム/スキニータイプ」は、腰骨の下でしか穿けないからシルエットが崩れにくそうですね!

生徒コメント
教育実習生:まり

股上が深いパンツを腰骨の下で穿くと、ちょっと脚が短く見える気がします・・・!

レギュラー/ストレートとスリム/スキニーの違い

それぞれが周囲に与える印象

<レギュラー/ストレートタイプ>
無骨で、男らしい印象

<スリム/スキニータイプ>
シルエットが綺麗、スマートでオシャレな印象

先述の通り、「レギュラー/ストレートタイプ」は穿き方によってシルエットにバラつきが出てしまいます。
パンツを“格好良く着こなす”ためには注意が必要です。

先生コメント

裾がダボついていたり、かかとを引きずってしまうと清潔感を感じられません。
相手に好印象を与えるために清潔感は欠かせない要素なので穿き方・サイズに注意しましょう。

サイズ感はどれくらい違う?

「レギュラー/ストレートタイプ」は「スリム/スキニータイプ」と比べて
どの部分に余裕があるのか、チェックしてみましょう。

レギュラー/ストレートパンツとスリム/スキニーパンツの違い
レギュラー/ストレートパンツとスリム/スキニーパンツの違い
レギュラー/ストレートパンツとスリム/スキニーパンツの違い

コーデを外してしまう可能性が低いのは?

最後に、チェックシャツを合わせてコーディネート全体のシルエットを確認してみましょう。

レギュラー/ストレートパンツとスリム/スキニーパンツ、コーデを外してしまう可能性が低いのは?
メンズパンツ一覧をチェックする

生徒コメント

右のほうがスマートな印象ですね!サイズ感もぴったりで、オシャレなセンスがありそうに感じます!

生徒コメント

左の方は重心が下の方にあってどっしりしてて、どちらかというとオシャレと言うより男らしさかな。
でも、右と比べると脚が短く見える気がします。

左の方は裾がダボっとしすぎて、“格好良い着こなし”とは少し違いますよね。

先生コメント

この事からも、“コーデを外してしまう”可能性が低いのは「スリム/スキニータイプ」のパンツと言えます。

股上が深い・浅いパンツはどっちが脚長に見える?

生徒コメント

レディースファッションではハイウエストのパンツが流行っていますよね!
股上の深いハイウエストパンツの方が脚が長く見えるって聞くし、メンズでも穿いてもいいんでしょうか?

いい質問ですね!例として、こちらの写真を見てみましょう。

先生コメント

股上が深い・浅いパンツはどっちが脚長に見える?

りぃ先生!!どこからその写真を・・・!!(照)

先生コメント

このようにハイウエストパンツを穿いて腰の位置を高くすると「上半身を短く・脚を長く」見せることが出来ます。

先生コメント

生徒コメント

ゆうみ先生の場合、着丈の短いTシャツを合わせていて、よりスタイルが良く見えますね!

確かに、脚を長く見せてくれるおしゃれな着こなしですが、メンズファッションではおすすめ出来ないんです。

先生コメント

男性のハイウエストパンツファッションを、カジュアルスタイルとフォーマルスタイルで見比べてみましょう。

比較① カジュアルスタイル

男性がハイウエストのパンツを腰骨より上で穿き、周りからウエストが見えるような着こなしをした場合、
下腹部やお尻が大きく見えたり、脚が長く見えるよりもスタイルが悪く野暮ったく見えてしまいます。

メンズファッションでもハイウエストパンツを穿いていい?
脚が長く見えるメンズパンツを探す

生徒コメント

お腹が大きく出て見えたりお尻が大きく見えない方が、スマートに見えますね!

カジュアルパンツはポケットや生地に厚みがあるので、腰回りが大きく見えがちなものが多いんです。

先生コメント

比較② カジュアルとフォーマルスタイル

メンズファッションでもハイウエストパンツを穿いていい?
脚が長く見えるメンズパンツを探す

本来、シャツをインしたスタイルは格好いい着こなしですが
私服でおしゃれに着こなすのは難易度が高いため現時点では避けておきましょう。

生徒コメント

AとCはどっちも股上が深いパンツを腰の上で穿いているのに、こんなに印象が違うんだ・・・。

生徒コメント

脚が長く見えるかどうかは、色やアイテムの組み合わせ次第なんですね!

格好良く穿ける人気のパンツ(ボトムス)

格好良く見えるパンツの正しいサイズ感をおさらいしましょう。

先生コメント

<格好良く見えるパンツの正しいサイズ感>
・カジュアルパンツはスリム/スキニーの股上が浅いタイプ
・ローライズで穿く(腰パンで穿く)のが一番外しにくくカッコいい

格好良く穿ける人気のパンツ(ボトムス)
格好良く着こなせるメンズパンツを探す

ただし、細すぎるパンツを穿いてパツパツになっているのはNGです!

先生コメント

パツパツのメンズパンツは避ける
脚をスッキリ見せてくれるテーパードパンツをチェックする

流行もあり、メンズでもレディースのスキニーパンツのように細いパンツが発売されていますが
男性の細すぎるパンツは女性からの印象はあまり良くありません。
20代後半~30代40代の大人の男性には、脚の形がハッキリ分かるピチピチのパンツは若すぎるとも言えます。

細身のパンツを選ぶ時は、ピチピチのサイズ感は避けておきましょう。
太もも周りはややゆったり、裾に向かって細くなるテーパードシルエットのパンツもおすすめです!

先生コメント

細身パンツの合わせ方 メンズの細身パンツコーデで大人のかっこよさを
細身パンツの合わせ方 メンズの細身パンツコーデで大人のかっこよさを人気の細身パンツ、コーデは?靴は?男性がかっこよく着るためのポイント
足が太いと悩む男性へ スッキリ見せてパンツをかっこよく着こなすコツ
足が太いと悩む男性へ スッキリ見せてパンツをかっこよく着こなすコツ「スタイルが良くないからかっこよく着こなせない…」もうそんな風に悩まなくて大丈夫です。

格好良く穿ける人気のパンツ(ボトムス)①デニムパンツ

細身のデニムパンツはカジュアルにもきれいめにも穿ける

メンズファッションの定番とも言えるデニムパンツ(ジーパン)は、
細身のサイズ感を選ぶことでカジュアルコーデにもきれいめコーデにも穿く事が出来ます。
大人っぽさや脚を細く見せたい場合は濃いめの色、爽やかで春夏らしい季節感を出したい場合は薄めの色がおすすめです。

テーパードが欲しい人おすすめ

周りからは脚が長くおしゃれに見えると言われました。少し膝下がタイトに感じましたが、すぐに慣れました

マルス様 身長171~175cm 体重70kg~75kg 体格筋肉質 年代40代以上

良すぎる!

どんな服装にも合うし、すごくスタイルもよく見える。
素晴らしい商品ですね。
このパンツに出会えて良かったと思います!
何着か他のパンツもかいましたが、これが一番のお気に入りです。
だって駄目な部分がひとつもないから(笑)

けん様 身長161~165cm 体重55kg以下 体格細め

履きやすい

普段着使いで購入しました。思っていた以上にストレッチ性があり、ストレスがありません。オススメします。

ステンレス様 体重75kg~80kg 体格筋肉質 年代40代以上

グッドです!

足が細いのでフィットするデニムを探していました。フィット感覚が理想的です。いい買い物をしました。色違いも購入してしまいました!

さんちゃん様 身長171~175cm 体格やや細め

ジャケットシャツなどきれいめアイテムにデニムパンツを合わせると、人気のきれいめカジュアルコーデも簡単に出来ちゃいます♪

先生コメント

デニムパンツのメンズコーディネート

メンズきれいめ大人カジュアルコーデ 30・40代男性も必見のおすすめの着こなしポイント
メンズきれいめ大人カジュアルコーデ 30・40代男性も必見のおすすめの着こなしポイントカジュアルすぎるのは子供っぽい、でもキメすぎて気取った感じになるのも嫌だ…そんなコーディネートにお悩みの人におすすめなのがきれいめカジュアルです。

格好良く穿ける人気のパンツ(ボトムス)②チノパンツ

細身のチノパンを選べば野暮ったく見えない

アメカジファッションの定番アイテムでもあるチノパンは、もともと作業用のワークパンツだったので太めのデザインを選ぶと野暮ったく見えたり子供っぽく見える可能性があります。
細身のチノパンを選ぶことで、チノパンもシュッとした大人っぽく着る事が出来ます。

シルエットが綺麗

175㎝57㎏、Sサイズでピッタリでした。
シルエットが綺麗でとても気に入りました。結構な頻度で履いていて大活躍しています。

ひろ様 身長171~175cm 体重55kg~60kg 体格やや細め 年齢30代 性別男性

ジップデザインがすごくおしゃれ

着用時の感想: 私は日頃鍛えているので脚が一般的な男性よりも太いのですが、このパンツはストレッチ性が高いので問題なく着用できました。
エピソード: デートの時に「ジップデザインの部分が他のパンツではなかなか見ないからおしゃれだね」と言われたので、女の子目線からもかなり好印象な商品だと思います。

かつみ様 身長181~185cm 体重80kg以上 体格筋肉質 年代20代以下

通勤にも使える

普段着としてだけでなく、出勤にも使える万能なバンツだと思います。

匿名様 身長176~180cm 体重70kg~75kg 体格普通 年代40代以上

ベージュや黒色のチノパンは着回し力が高く、季節を問わず一年中活躍してくれるのでコスパも抜群です!

先生コメント

チノパンツのメンズコーディネート

メンズチノパンに合う靴とは?おすすめの靴と着こなしのポイント
メンズチノパンに合う靴とは?おすすめの靴と着こなしのポイントベージュチノパンに合う靴って?大人のチノパンコーデに合わせる靴を紹介します
チノパンとは?メンズ服定番パンツの意味をわかりやすく解説
チノパンとは?メンズ服定番パンツの意味をわかりやすく解説チノパンってどんな意味?覚えておきたいメンズパンツの知識

格好良く穿ける人気のパンツ(ボトムス)③カーゴパンツ

細身のカーゴパンツは大人のワイルドコーデにぴったり

カジュアルで無骨なイメージのカーゴパンツですが、
細身のサイズ感を選ぶことで、子供っぽくならずに大人のワイルドコーデが出来ます。
定番カラー(色)はカーキですが、黒色やデニム素材も着回しやすくておすすめです。

サイドポケットがいい

オリーブ色のカーゴパンツが欲しくて購入。色合いは想像通りで、適度にストレッチして履きやすくて良い。
予想外に良かったのは、サイドポケットの大きさ。最近大型化してきたスマホ(私のはiPhone 11)がすっぽり収まりました。

モードプレミア様 身長161~165cm 体格やや細め 年代40代以上

無駄にスタイル良いなって言われます。

履き心地も良いし、デザインも秀逸です。ただ窓際に長期間干している(吊るしている)と日光で変色する等、扱いに少し気を使います。

細マッチョ様 身長181~185cm 体重65kg~70kg 体格やや細め 年代40代以上

とてもかっこいいです

非常に気に入りました。宣伝されているとおり、シャーリング加工と、ジップデザインで、とてもかっこいいです。身長180㎝体重74kgでLLでちょうどよかったです。

sada様 身長176~180cm 体格普通

カーゴパンツのメンズコーディネート

【メンズ】カーゴパンツ おすすめアイテムで男らしく着こなす
【メンズ】カーゴパンツ おすすめアイテムで男らしく着こなす意外と知らないカーゴパンツの特徴やオシャレに着こなすポイントを紹介します。
【カーキパンツメンズ】コーディネートの幅が広がる着こなし方
【カーキパンツメンズ】コーディネートの幅が広がる着こなし方男らしい印象の「カーキパンツ」の着こなし・コーディネートについて紹介します。

次の授業へ進む▶
【Lesson4-13】外さないコーディネートの完成!?コーディネートが完成した後の落とし穴

◀前の授業に戻る
【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感
 アイテム比較 ジーパン/デニムの例

このLessonで学べる内容をチェック!

【Lesson4】外さないコーデのサイズ感の基本

【Lesson4-1】外さないコーディネートのためのサイズ感の基本~良いサイズ感が良いシルエットを作り出す!

【Lesson4-2】外さないコーディネートで目指すべき基本のシルエット

【Lesson4-3】格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感① ホワイトシャツ、インナーで着るシャツ

【Lesson4-5】格好良く見える着丈のシャツとカットソーの比較 外さないコーデの絶対領域

【Lesson4-6】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感①

【Lesson4-7】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感② ジャケットとホワイトシャツ・カットソーのコーデ着丈比較

【Lesson4-8】格好良く見えるデニムシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-9】格好良く見えるチェックシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-10】格好良く見えるパーカー・カーディガンの正しいサイズ感 

【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感① アイテム比較 ジーパン/デニムの例

【Lesson4-12】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較

【Lesson4-13】外さないコーディネートの完成!?コーディネートが完成した後の落とし穴

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT