友だち追加

大人のファッションカレッジ | メンズファッション通販メンズスタイル 女の子に褒められる洋服の「着こなし」
「コーディネート」が学べて簡単に手に入る

メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

03月18日

【Lesson4-3】格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-3】格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感

カットソーを探す
おすすめ白カットソー

ここでは『格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感』を見ていきますよ。
まずはサイズ感の違うホワイトカットソーを比べてみてみましょう。
どちらが格好良く見えるでしょうか?

右ですね。

(まりちゃん即答・・・。)

僕から見ても、右ですね。
でも具体的にどの辺のサイズ感が要因なんだろう・・・。

コーディネートの基本アイテム、
「カットソー」のサイズ感のポイントはこの2点ですよ。

カットソーで目指すべきサイズ感のポイント

  1. ①肩幅、身幅は
    程よくピッタリ細身サイズ
  2. ②着丈はベルトが隠れる長さ

カットソーで目指すべきサイズ感のポイントを図を使って詳しく見ていきましょう♪

ホワイトカットソーは、色でもコーディネートアイテムでも基本アイテムだからとても大事ですね!

①肩幅、身幅は程よくピッタリ細身サイズ

―✕肩幅、身幅が大きすぎるとやぼったい印象に
なってしまいます。

身幅が大きいと、くびれがなくなってしまうんですね。

胸や肩幅に対してウエストのくびれがあると、体格も良く見えて男らしいシルエットになりますよ。

②着丈はベルトが隠れる長さ

―着丈が長いと胴が長く見えてしまいます。

着丈が長い方は胴長に見える・・・。
着丈もほんの数センチの差でこんなに見え方が違うんですね!

そうですね。
着丈の2、3センチの差は結構大きいですね。
ベルトの下のライン(ⅰ線)と股のライン(ⅳ線)の半分までの長さ(ⅲ点線)を着丈が超えてしまうと、カットソーの着丈は長く見えがちになってしまいますね。

カットソーの着丈は、特にジャケットなどのアウターと重ね着した場合、さらに重要になってきます。
カットソーの理想の着丈は「ベルトが隠れる程度」というのをよく覚えておいてくださいね。

次の授業へ進む▶
【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感① ホワイトシャツ、インナーで着るシャツ

◀前の授業に戻る
【Lesson4-2】外さないコーディネートで目指すべき基本のシルエット

このLessonで学べる内容をチェック!

【Lesson4】外さないコーデのサイズ感の基本

【Lesson4-1】外さないコーディネートのためのサイズ感の基本~良いサイズ感が良いシルエットを作り出す!

【Lesson4-2】外さないコーディネートで目指すべき基本のシルエット

【Lesson4-3】格好良く見えるカットソー・Tシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-4】格好よく見えるシャツの正しいサイズ感① ホワイトシャツ、インナーで着るシャツ

【Lesson4-5】格好良く見える着丈のシャツとカットソーの比較 外さないコーデの絶対領域

【Lesson4-6】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感①

【Lesson4-7】格好良く見えるテーラードジャケットの正しいサイズ感② ジャケットとホワイトシャツ・カットソーのコーデ着丈比較

【Lesson4-8】格好良く見えるデニムシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-9】格好良く見えるチェックシャツの正しいサイズ感

【Lesson4-10】格好良く見えるパーカー・カーディガンの正しいサイズ感 

【Lesson4-11】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感① アイテム比較 ジーパン/デニムの例

【Lesson4-12】格好良く見えるパンツの正しいサイズ感② 穿き方比較

【Lesson4-13】外さないコーディネートの完成!?コーディネートが完成した後の落とし穴

新着講座
NEW

    人気講座
    PICK UP

    チェックしたアイテム

      講座 COURSE

      OTHER CONTENT