友だち追加

大人のファッションカレッジ | メンズファッション通販メンズスタイル 女の子に褒められる洋服の「着こなし」
「コーディネート」が学べて簡単に手に入る

メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッションカレッジ人気の講座

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

メンズコーデ参考書

MENZ-SYLE特集

05月14日

メンズ白シャツ大人っぽく見える生地とサイズ感のおすすめアイテム

白シャツを大人っぽく爽やかに
オシャレと褒められる着こなし方

白シャツメンズ着こなしコーディネート

爽やかで好印象になる
春夏の白シャツコーデは、

男女ともに人気のアイテムです。

ですが実は、

白シャツの選び方を
知っている人といない人では、
女の子の評価も大違いなんです。

「シンプルな白シャツ
なのに、すごくおしゃれ!

といわれるような

大人っぽい白シャツコーデの雰囲気を
作るポイントや実は重要なパンツとの
合わせ方のコツを学んでいきましょう。

■目次

白シャツはカジュアル・キレイめで選ぶアイテムを変えるとおしゃれ
 └①生地による印象の違い
 └②デザインによる印象の違い
大人っぽい白シャツの印象を作るポイント
白シャツの中に着るインナーを考えると白シャツを上手に着こなせる
白シャツコーデはパンツで失敗しない
アンケート調査!合わせたいパンツの種類は?
すぐに使える白シャツ春夏コーディネート例

白シャツはカジュアル・キレイめで選ぶ
アイテムを変えるとおしゃれ

白シャツはシンプルなアイテムで
コーディネートにも合わせやすく
様々な着こなしができるのが魅力です。

様々なシーンで合わせやすい分、

着ていく場所や
女性とのちょっとしたデートの時などで

カジュアル、きれいめの印象の違いを意識して
選ぶとよりオシャレに見せることができます。

生地による印象の違い

印象を作る要素として大切なのは

「生地」です。

カジュアルな雰囲気を作る生地順に、

おすすめのシャツの特徴・着こなし
について説明していきます。

麻・リネンシャツ

左 ざらざらな麻はカジュアルな雰囲気

右 つるつるしたブロードは上品な雰囲気

天然繊維の中でも

強度があるのが「麻」素材は、
白シャツの中でもカジュアルな雰囲気
作ることが出来る生地です。

清涼感があり通気性に優れており
水分の吸収や発散が早いのが特長です。

白シャツは前開けで着ると
カジュアルな雰囲気に

前閉じで一枚で着ると
きれいめな雰囲気に着こなす事ができます。

麻・リネンシャツはどうしても
透けてしまいがちなので

ボタンを閉めて一枚で着る場合でも
インナーにカットソー
タンクトップを合わせましょう。

ボタンを開けて羽織として着るときは
インナーの柄によっても印象が変わります。

麻・リネンシャツコーディネート

ジャケットを羽織ったキレイめスタイル。 カーディガンをはさむ事でこなれ感のある着こなしになります。ホワイトカラーのシャツが清潔感のある好印象な雰囲気を作ってくれますよ!

主な着用アイテム

オックスフォードシャツ

オックスフォードクロスという
生地で作ったシャツのことを指します。

素材は、タテヨコ同数の糸を打ち込んだ
平織りなので丈夫でシワになりにくく、

織り目に少し隙間を設けているため
通気性も高くソフトな肌触りが特長です。

麻よりもざらつきがなく、
ブロードシャツよりも生地が厚いので
カジュアルときれいめの
中間の着こなし
ができます。

ウエスト部分は、
体のシルエットに沿った

自然なフィット感のある
デザインを意識すると
よりスタイリッシュな印象になります。

オックスフォードシャツコーディネート

白シャツにクロップドパンツでドレスダウンした着こなしシャツと同じ色合いのシューズを合わせることで バランスの取れたコーデになります。

主な着用アイテム

ブロードシャツ

ブロードは、
光沢感・艶っぽさのある質感が特長です。

スーツ用のYシャツに使われることが
多いアイテムで、
もっともきれいめな印象になるシャツです。

カジュアルな着こなしに対応している
ブロードシャツも販売されています。

ブロードシャツコーディネート

カーディガンとレイヤードしたスタイル。チラッと見える首元にストライプのデザインがあることで爽やかさを演出します。

主な着用アイテム

デザインによる印象の違い

デザインによっても
カジュアル・きれいめの印象を変化させることが出来ます。

ボタンダウンシャツ

ボタンシャツとは、シャツの襟の先が
ボタン留めになっているデザインです。

襟先をボタンで留めることで
着くずれを防ぎぐ事が出来るのが特長です。

ボタンのない襟シャツに比べて
スポーティなカジュアルな印象になります。

麻・リネンシャツコーディネート

スタイリッシュなクロップドパンツにカッチリとした印象の白シャツを合わせると、キレイめカジュアルスタイルに仕上がります。

主な着用アイテム

おすすめの白シャツはコチラ▽

白シャツの生地を変えるだけでも
カジュアル、きれいめな印象を作ることができますね!

白シャツは着こなしやすい
アイテムですが生地やデザインを

イメージして選ぶだけでは、
おしゃれに見えません!

大きすぎるサイズ感は
体の小さな子供の印象になり

野暮ったく見える着こなし
おじさんのように感じさせます。

大人の印象を作るためには

生地だけでなく、
着た時のサイズ感を意識しましょう。

大人っぽい白シャツの印象を作るポイント

①白シャツのサイズ感

シャツのサイズ選びで大事なのは、
「肩幅」「丈感」です。

この2つのサイズ感が合ってないと、
特に白シャツのようなシンプルなシャツは

余計に野暮ったい印象を作ってしまいます。

なので子供っぽくみえたり
だらしないおじさんに見られることも・・・

春夏は白シャツを主役に
着ることが増える季節なので、

サイズ感にこだわって
上手に着こなしましょう。

腕や袖のボタンを閉めることで
カッチリとしたキレイめな雰囲気になります。

ともや

りぃ先生、白シャツを一枚で着ると
肌が透けて見えるのがちょっと…

白シャツの中に着るインナーはどうしたらよいか? 次の章で説明していきますね。

白のシャツを
一枚で着ると肌が透けてしまい

下着やTシャツを着ると
今度はインナーから透けてしまう…

このようなことで悩んだことありませんか?

白シャツのインナーなんて気にしない
と思ってる方は「要注意」です。

実は女性からは不評なんです・・・

女性から「残念」と思われては、
男性としては悲しいですよね?

ここからは、白シャツの
透け対策について説明していきます。

白シャツの中に着るインナーを考えると
白シャツを上手に着こなせる

白シャツの中に着る
インナーはどうしたらよいか?

①首からインナーが
見えないvネックUネックを選ぶ!

vネックUネックなら、
首回りからインナーは見えません。

また、白のインナーでも
長袖なら腕が透けることなく、
シャツを綺麗に着こなせます。

ドレスシャツや薄手のシャツは
透けやすいのでカラーTシャツとは
合わせないようにしましょう。

②グレーやベージュなどの
透けにくい色のインナーを選ぶ!

肌色に近いベージュは
透けにくい色合いでまた
グレーもベージュの次に透けにくい
色合いなのでオススメです。

一般的なTシャツのように
首、袖、裾」の折り返しの
段差がないデザインであれば、
より透けにくく目立ちにくいです。

白シャツのインナーについて詳しくはこちら▽

ともや

白シャツの着こなし方はわかってきたけど
コーディネートも聞いちゃおうかな~

それでは白シャツのコーディネートについて説明していきますね♪

白シャツコーデはパンツのシルエットで失敗しない

白シャツがおしゃれに見えるには、
実はパンツのシルエットが重要なんです。

パンツのシルエットが違うだけで、
ここまでイメージが変わります。

白シャツ自体の違いよりも、
全体のイメージを決めるのは

パンツのシルエットの方が
影響が大きいといえます。

白シャツの違いに注意しすぎてパンツを
おろそかにしてしまう人は、もう一歩!

パンツのシルエットについてはコチラを参考にしてください▽

続いて白シャツに合わせる
パンツの種類について説明していきます。

アンケート調査!合わせたいパンツの種類は?

アンケート結果は、黒パンツが人気ですね。
それぞれのパンツについて紹介していきます。

黒パンツ


黒パンツ
を探す▲

アンケートでも人気の黒パンツは
スタイリッシュできれいめな印象を作ります。

白シャツと合わせたモノトーンの
コーディネートは落ち着いた
大人の雰囲気に仕上がります。

デニムパンツ


デニムパンツ
を探す▲

デニムパンツは色合いによって
違った印象を作りだします。

白シャツと合わせキレイめにまとめたい時は

暗い色合いを合わせることで
爽やかな印象を作り

また、カジュアルに着こなしたい時は
明るめのデニムパンツがおすすめです。

ベージュチノパンツ


チノパンツ
を探す▲

ベージュチノパンツは、
清潔感のある印象を作る
コーディネートにおすすめです。

上品で知的な印象を作り、
スマートな印象も感じさせるので
白シャツとの相性も抜群です。

カーゴパンツ


カーゴパンツ
を探す▲

カーゴパンツは白シャツと合わせることで

男らしくもっとも
カジュアルな印象を作ります。

デザイン性の高さはアクセントにも
なるのでコーディネートにも
取り入れやすく着回し力も抜群です。

白シャツと合わせるおすすめのパンツ

最後に白シャツを使ったおすすめの春夏のコーディネートを紹介していきます。

すぐに使える白シャツ春夏コーディネート例

メンズコーデ例|白シャツ×グレーカットソー×クロップドパンツ

杢デザインのグレーカットソーがコーディネートを馴染ませてくれます。
ハリのある素材のシンプルなクロップドパンツは、白シャツとコーディネートするときれいめな印象を引き立て、おしゃれ度がアップします。

主な着用アイテム

メンズコーデ例|シャツ×ネイビーパーカー×クロップドデニム

カジュアルなネイビーのパーカーも、白シャツとコーディネートすることで上品さがプラスされます。
足元のスニーカーも白をチョイスすると、清潔感が出ます。

主な着用アイテム

メンズコーデ例|白シャツ×グレーメッシュニット×ブラックストレッチパンツ

男らしいカジュアルスタイルです。ミリタリーカラーを合わせると男らしい印象が作れますよ♪ホワイトカラーが作る上品さはそのままなので大人のゆとり感じる着こなしに仕上がります!

主な着用アイテム

メンズコーデ例|七分丈白シャツ×ブラックテーラードジャケット×グレーカーディガン×デニムパンツ

インディゴのジャケットとチャコールグレーのパンツで合わせた大人ラフスタイル!チャコールグレーのパンツと合わせることで、メリハリが生まれシャレ感を演出する着こなしに仕上がっています!

主な着用アイテム

メンズコーデ例|7分袖白シャツ×Vネックボーダーカットソー×9分丈デニムパンツ

上半身をモノトーンでまとめたコーディネートは、カーディガンに白シャツを合わせたキレイめな印象をプラスすることで大人の落ち着いた雰囲気を漂わせます。

主な着用アイテム

メンズコーデ例|半袖白シャツ×カットソー×パンツ

ブラックパンツと合わせモノトーンにまとめた着こなし! ボーダーカットソーがアクセントになり、こなれ感のある着こなしに!

主な着用アイテム

メンズコーデ例|白シャツ×カットソー×パンツ

デザインカットソーと合わせたカジュアルスタイル。チラ魅せすることでオシャレな着こなしに!白シャツが清潔感と清涼感を作り出し大人の着こなしに格上げ♪

主な着用アイテム

まとめ

明るく爽やかな印象にしてくれる
春夏の白シャツについては、
いかがだったでしょうか?

白シャツを大人っぽく着こなすには、
生地による違いで選び、

着ていく場所やシーンで
コーディネートを楽しみましょう。

白シャツに合わせるインナー
パンツのシルエット

も意識する重要な部分なので
意識した着こなしをしましょうね♪

【一緒に読みたい記事】

新着講座
NEW

    人気講座
    PICK UP

    チェックしたアイテム

      講座 COURSE

      OTHER CONTENT