友だち追加


▲女の子からも定評のある殿堂入りアイテム▲


▲定期購買【5点入って10,000円(税抜)&送料無料!】▲

06月01日

白Tシャツのメンズコーデ56選と着こなしの紹介

白Tシャツのメンズコーデ56例と着こなしの紹介

白Tシャツのメンズコーデ48例と着こなしの紹介
白Tシャツ
を探す▲

シンプルな白Tシャツですが、薄着の夏には「部屋着に見える」「下着に見える」なんて悩みを多く聞きます
種類が豊富な白Tシャツは、選び方や着こなし方に悩む男性も少なくありません。

今回はそんな悩みを解決すべく、白Tシャツをカッコよく着こなすためのポイントと、56種類のコーディネートを紹介するので参考にしてください。
白Tシャツは一枚もっていると様々なコーデに活躍してくれる万能なアイテムです。
暑い夏には、白Tシャツ一枚を着るだけで「清潔感」や「爽やかさ」が出せるアイテムなので、コーディネートに取り入れている人が多くいます
その人気は、Hanes(ヘインズ)やChampion(チャンピオン)などの有名ブランドからも、白Tシャツの定番と言われるモデルが登場しているほどです。

今回はそんな悩みを解決すべく、白Tシャツをカッコよく着こなすためのポイントと、56種類のコーディネートを紹介するので参考にしてください。

白Tシャツの他にも人気の黒TシャツグレーTシャツネイビーTシャツも、別ページで紹介しています。
白Tシャツの着こなしをチェックしたら見てくださいね♪

■目次

白Tシャツの特徴
無地の白Tシャツを選ぶ時には生地・素材にこだわる
無地の白Tシャツを着る時にはシルエットににこだわる
ワンポイントやデザインが施された白Tシャツを選ぶ
白Tシャツに合わせるボトムスはこの3つを押さえよう
デニムパンツ(ジーンズ)
ベージュチノパンツ
黒パンツ
春の白Tシャツのオススメのコーディネート
夏の白Tシャツのオススメのコーディネート
秋の白Tシャツのオススメのコーディネート
冬の白Tシャツのオススメのコーディネート
デニム(ジーンズ)を合わせた白Tシャツのオススメのコーディネート
白Tシャツまとめ

白Tシャツのメンズコーデ48例と着こなしの紹介
白Tシャツ
を探す▲

白Tシャツって持ってはいるんだけどシンプル過ぎて逆に悩んじゃう時があるんだよね。
アメリカとかでよく見る(テレビの中の話)外国人のようにカッコよく着こなしたいのに、
ボクが着ると変になったりして、自分に合うように着るのは難しいなぁって。
ブランドものも沢山あるけど、いまいち分らないし。。

確かに定番アイテムは着こなしに飽きちゃったりするのよね。。ベーシックすぎて人と全く一緒も嫌だしね(涙)
だからといってともやくんが悩んでいる通り、ブランドものから自分に似合うものを選ぶにも、どうやって選んでいいか悩むわよね。
(それにともやくん、テレビの中のアメリカを意識していたのね…)

そうね、そういう悩みは定番アイテムにはよくありますね。
着こなしやすいからこそ間違えてないかな?って心配になったり、マンネリに飽きちゃったりする人も多いんですよ。
なので今回は特徴から選び方、合わせるとより良いアイテム等をみていきましょう♪
それとともやくん、テレビの中のアメリカは気にしなくて大丈夫ですからね(笑)

ついつい影響されやすくて~照
さすがりい先生!お願いします!僕も自分に似合う白Tシャツ選び、したいですぅ~っ

白Tシャツの特徴

白Tシャツと言えば「爽やか」「清潔感」「シンプルで着回しが効く」といった
オシャレな要素のある印象をもたれるアイテムです。
実際に様々なブランドの店頭で気温が上がるとともに白Tシャツが並びます。
その一方で、白TシャツはYシャツのインナーに着ている下着のイメージを持つ人も少なくありません。

どうでしょうか。同じ白Tシャツでも全く異なった印象を受けます。
夏の白Tシャツ選びは特に注意しなくてはなりません!
シンプルに一枚で着る機会が増え、白Tシャツがメインになることも多いからです。

次の章では部屋着・下着に見えない白Tシャツの選び方のコツと、おすすめのカッコいい着こなしを見ていきましょう♪

無地の白Tシャツを選ぶ時には生地・素材にこだわる

白Tシャツの中でも人気が高いのが「無地」の白Tシャツです。
シンプルで様々なコーデを邪魔しないアイテムなので、
コーディネートに困ったときには無地の白Tシャツを取り入れる事も多くありますよね。

そんな万能な無地の白Tシャツを選ぶ際には、生地にこだわって選ぶのが、おすすめです。

白Tシャツの生地・素材でこだわる理由とポイント

①しっかりと厚みのある生地を選ぶ
無地の白Tシャツで薄手の生地ではそれこそ“肌着”に見えてしまう可能性が高いです。
夏場は特に注意が必要な点です。
厚手までいかなくても、洗濯をしてもヨレない程度のしっかりとした生地の白Tシャツを選ぶのがよいでしょう。

しっかりとした生地を選ぶだけで着たときに差が付くので注意して選びましょう!

②生地に加工が施されているものを選ぶ
厚めの生地を選ぶ他にも、生地そのものに加工がされている白Tシャツを選ぶ事もオススメです。
パッと見ただけではわからない加工や、
一目みて加工が施されているのが分かるものまで幅広くあります。

いくつか生地に加工を施している白Tシャツをご紹介します。

▼テレコ素材

表面に凸凹を付けたのが特徴の素材

▼ブロックチェックジャガードデザイン半袖カットソー

▼ケーブル編みVネック半袖カットソー

無地の白Tシャツを着る時にはシルエットにこだわる

無地の白Tシャツを着る時には上で紹介した生地感の他にも「シルエット」にもこだわりを持つといいでしょう。

ポイントは体にフィットするシルエットを選ぶこと。サイズ感が重要です。
一時期にゆったりしたストリート系のファッションが人気を集めていましたが、
着こなしを間違えるとだらしなくみえてしまいます。
反対に身体にフィットした、タイトなシルエットを着ることで、筋肉が強調されて男らしくしっかりとした雰囲気になるので、 無地の白Tシャツを選ぶ時にはシルエットにこだわりましょう!

ワンポイントやデザインが施された白Tシャツを選ぶ

無地の白Tシャツの他に、ワンポイントが入ったデザインや全体的にデザインが施された白Tシャツも人気が高いです。
無地の白Tシャツと違う点は、デザインが施されていることによって下着やインナーに間違われることが少ない点です♪

いかがですか?無地の白Tシャツと比べると、部屋着感・下着感を感じませんね。

確かに、無地の白Tシャツとワンポイントの白Tシャツと全然印象が違いますね!
存在感があるから、ワンポイントは周りと差が付きやすく、
着回しのしやすさで言うと無地の白Tシャツが着回しやすそう!!それぞれに魅力がありますね!

まりちゃん、よく気が付いたわね!そうです、どちらも基本的には着回しやすいけれど、
無地の白Tシャツの方が着回しやすいです。
白Tシャツを選ぶ時は、そういった点に気を付けて選ぶことで着こなしを最大に楽しめると思いますよ♪

白Tシャツに合わせるボトムスはこの3つを押さえよう

白Tシャツを着る時は、合わせるボトムスも大切になってきます。
シンプルな白Tシャツは、ボトムスを変えるだけで雰囲気をガラッと変える事ができるので
色々なコーディネートを楽しむ事が出来るのが嬉しいポイントです♪

デニムパンツ(ジーンズ)


デニムパンツ(ジーンズ)
を探す▲

デニムパンツ=カジュアル
カジュアルスタイルにしたい時にはデニムパンツをチョイスしましょう。
パーカーを合わせるとさらにカジュアルな印象になりますよ♪

ベージュのチノパンツ


ベージュチノパンツ
を探す▲

チノパンツ=キレイめ・大人
キレイめ、しっかりした大人なスタイリングにしたい時にはチノパンツをチョイスしましょう。
チノパンツには様々なカラーがありますが、定番のベージュがオススメです。
ベージュカラーが一番キレイな印象を与える事が出来ますし、ドレスコードでも良く使われる色です。
シャツを合わせるとさらにキレイでしっかりとした印象になります♪

黒パンツ


黒パンツ
を探す▲

黒パンツ=モノトーンで男らしい
モノトーンスタイルをたのしみたい時には黒パンツをチョイスしましょう。
白・黒でシンプルなモノトーンスタイルが完成します。
パンツはスキニ―などのすっきりしたものを選ぶとスタイリッシュな印象になります♪

春の白Tシャツのオススメのコーディネート

着こなし方の次には白Tシャツのおすすめの季節別コーディネートをみていきましょう
まずは春服です。
気温の差が激しい春には、アウターで脱ぎ着できると便利ですよね。
様々なアウターに合わせやすい白Tシャツは大活躍します。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×黒クロップドチノパンツ

5分袖の黒のジャケットと白Tシャツ合わせた男らしさ漂うスタイルに!
また、黒のクロップドパンツがメリハリ感を出し、夏のこなれた雰囲気を演出するコーデに仕上がっています。
首元のネックレスがVネックの白Tシャツによく映える、小物を上手に使いこなせているスタイルです。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×白Tシャツ×黒クロップドパンツ

パンツが黒等暗い色だと全体に安定感がありますね。
スッキリしたシルエットのパンツやモノトーンのスタイリッシュさと、パーカー、クロップドパンツのカジュアルさがあってオシャレになります。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×グレーパーカー×白Tシャツ×ベージュクロップドパンツ

大人な雰囲気を持つジャケパースタイル!
シンプルな色使いながらもさりげなく見えるジャガードデザインが、シャレ感の漂うコーディネートに。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|ネイビージャケット×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

大人なジャケットスタイルも、英字デザインのカットソーでオシャレ度をさらにアップ!
シンプルな着こなしながらアクセントになってくれ、こなれ感のある雰囲気にしてくれます。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーカーディガン×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

グレーカーディガンと白Tシャツとベージュチノとの組み合わせ。
カーディガンは流すように前開けスタイルで着ると白Tシャツの面積が増えて爽やかです。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|ネイビージャケット×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

ネイビーと白とベージュが安定感抜群の色合わせのコーディネートです。
立ち襟スタイルのジャケットもオシャレですね。

春の白Tシャツのメンズコーデ例|カーキシャツ×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

カーキのシャツとのコーディネート。
半端丈のシャツ、パンツと白Tシャツの合わせで全体の色が重たくなり過ぎずバランスの良いコーデになっています。

夏の白Tシャツのオススメのコーディネート

次は夏服です。
白Tシャツ一枚で着る機会が多い夏場。
白Tシャツを着こなして、おしゃれ上手で爽やかな印象を出していきましょう。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|サックスデニムシャツ×白Tシャツ×黒クロップドパンツ

デニムシャツと白Tシャツで爽やかさを、黒のクロップドパンツで男らしさをそれぞれ出したコーディネート。
大人な印象を持たせたい時にオススメなコーディネート。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×黒スキニ―パンツ

シンプルにまとめるならこの組み合わせがオススメです。
タイトめな白Tシャツと黒のスキニ―パンツでキレイめなシルエット。大人な雰囲気漂うコーディネートの完成です。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーカーディガン×白Tシャツ×インディゴクロップドデニム

白Tシャツの爽やか×男らしさのあるシャーリング加工のデニムを合わせたコーディネート。
デニムのクロップドパンツは少しカジュアルになってしまう時があるのでカーディガンで大人っぽさをプラスしてバランスを整えています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

ジャガード柄の白Tシャツとシンプルなデニムパンツでカジュアルな組み合わせに
黒のジャケットで大人なキレイめコーデ。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

シンプルな白Tシャツとシンプルなデニムと合わせたコーディネート。
白TシャツのVネックが男らしさをプラスしているポイントです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×グレージレ×青デニムパンツ

白Tシャツに合わせたムラ染めのジレが男らしさをプラスしてくれています。
デニムパンツのカジュアルさもあるので休日のアウトドアに着たいコーディネートです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×黒ジレ×青デニムパンツ

大きなプリントの白Tシャツとクロップド丈のデニムパンツでとことんカジュアルさを出したコーディネート。
黒のジレをプラスすることで引き締め、スタイルアップも忘れずに。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×インディゴクロップドデニム

シンプルな白Tシャツとデニムのクロップドパンツのコーディネートです。
パンツにはフラップポケットやシャーリング加工が施されボリューム感が合って男らしい印象を作っています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒シャツ×白Tシャツ×インディゴクロップドデニムパンツ

黒のシャツと白Tシャツ、デニムの組み合わせです。
黒のシャツを羽織って重めに見えますが、白Tシャツとデニムの爽やかさがありますね。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×青クロップドデニムパンツ

黒のジャケットと白Tシャツ、デニムの組み合わせです。
黒ののジャケットが男らしさを出しているコーディネートです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーシャツ×白Tシャツ×インディゴクロップドデニムパンツ

グレーシャツと白Tシャツ、デニムの組み合わせです。
グレーシャツの爽やかな印象がありますが、腕の黒リブが引き締め効果もあり、全体がぼやけずにまとまっています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×白Tシャツ×インディゴクロップドデニムパンツ

ボーダー柄を散りばめたグレーパーカーがカジュアルで爽やかな印象です。
薄い色合いのグレーは爽やかなコーディネートを作り上げることが出来ます。
こちらも濃い色のボーダーがグレーと白を引き締めています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|ネイビーパーカー×白Tシャツ×インディゴクロップドデニムパンツ

白Tシャツにネイビーのパーカーを合わせたリゾート感のあるコーディネートです。
全体的にネイビーの面積が大きくなっていますが、パーカーの前を開けることで、白色の面積を確保しています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×ベージュパンツ

無地のVネック白Tシャツとベージュのパンツで大人なキレイめスタイルの完成です。
白Tシャツの細身のシルエットがキレイめな印象をさらにUPしてくれます。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

シルエットのスマートな白Tシャツとチェッククロップドパンツの組み合わせです。
チェックパンツを使う場合は、トップスは柄や色に注意してシンプルなコーディネートが好まれます。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーカーディガン×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

グレーカーディガンを流し着したスタイル。
モノトーンコーデでリラックス感もあり、キレイめに仕上がっています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|インディゴデニムシャツ×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

デニムシャツとグレーチェックパンツのコーディネートです。
寒色を使ったコーディネートなので、涼しさも感じます。インディゴはメリハリもある色なので使いやすい色ですね。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|ネイビーパーカー×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

ネイビーパーカーとチェックパンツの組み合わせです。
ネイビーと白の季節感のある色合いにチェック柄を入れることでオシャレ度をアップ。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

パーカーをグレーにしてモノトーンコーディネートにすることによって、雰囲気がカジュアルから品のある雰囲気になります。
上下グレーで統一した意図のあるオシャレを感じますね。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×クロップドパンツ

無地の白Tシャツと爽やかなネイビーの色合いのクロップドパンツを合わせた大人な雰囲気が漂うコーディネート。
シンプルにまとめた爽やかコーディネートです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒シャツ×白Tシャツ×白クロップドパンツ

白のパンツとの組み合わせ。黒のシャツを羽織ればググッと大人っぽさもアップ!
モノトーンでまとめたクールなコーデです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×コードレーンクロップドパンツ

白色の中でも柔らかい印象のあるオートミール色の半袖Tシャツに、細いストライプ柄の入ったコードレーンのクロップドパンツ。
コードレーンのような線の細いストライプ柄のパンツは、夏の爽やかさを出すことが出来ますね。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×黒クロップドパンツ

メンズのファッションとしてはベーシックな、白Tシャツ×黒パンツの組み合わせです。
胸元のワンポイとがアクセントになった着こなしは、男前な雰囲気を感じます。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

大人の男らしく黒のジャケットを羽織った中に見える、白Tシャツの大きなロゴから遊び心を感じるコーディネートです。
ベージュのチノパンを合わせることで、大人らしさがメインに感じられます。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

ひとつ前のコーディネートと同じアイテムの組み合わせ。黒のジャケットから覗ロゴのテイストが異なるだけで、ガラッと雰囲気が変わりますね。
バッグのカラーを黒からネイビーにすることで、明るさがプラスされています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

ジャケットを脱ぐと、カジュアルさを全面に出したコーディネートに一変します。
パンツをベージュのチノパンツにすることで、大きなロゴの白Tシャツもカジュアル過ぎないようにバランスが取れます。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|サックスデニムシャツ×白Tシャツ×黒クロップドパンツ

カジュアルさと男らしさをバランスよく取り入れたメンズ コーディネート。
淡い色合いのデニムシャツと白Tシャツが清潔感を感じさせる組み合わせです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|青デニムシャツ×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

半袖のデニムシャツがそれだけで涼しげを感じるコーディネートです。
シンプルな白Tシャツに合わせたデザインパンツが絶妙なおしゃれのアクセントをプラスしています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーカーディガン×白Tシャツ×白クロップドパンツ

Tシャツとパンツを白色で統一した清潔感のある組み合わせに、 柔らかい色合いのグレーカーディンガンが上品な印象のコーディネートです。
大きなプリントデザインの存在の強さがシンプルファッションすぎない絶妙なオシャレを演出しています。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×白クロップドパンツ

ひとつ前の着こなしにジャケットをプラスしたコーディネートです。
ジャケットをプラスすることで上品さが更にアップしています。
ロールアップされているジャケットの袖から見えるチェックデザインがアクセントです。
カーディガンの前を閉じると、また異なった雰囲気になりますね。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×白Tシャツ×黒ネイビークロップドデニムパンツ

大きなロゴがカジュアルさと、デニムのクロップドパンツで更にカジュアルさをプラスしたコーディネートです。
パーカーとシューズの色合いを合わせているので、カラーバランスも抜群です。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|黒ジャケット×白Tシャツ×グレーチェッククロップドパンツ

黒のジャケットのキレイめ要素に大きなプリントデザインのカジュアルさがプラスされ、アイテム同士の雰囲気のバランスが取れているコーディネートです。
そんなジャケットと白Tシャツに合わせたチェックデザインのパンツからは、大人ファッションの遊び心を感じるオシャレポイント満載のスタイリングです。

夏の白Tシャツのメンズコーデ例|サックスデニムシャツ×白Tシャツ×ベージュクロップドチノパンツ

デニムシャツと白Tシャツの定番の爽やかな組み合わせには、ベージュのチノパンツで大人な落ち着いた雰囲気をプラスしています。
白Tシャツから覗く黒のプリントデザインが引き締め効果を出してくれています。

秋の白Tシャツのオススメのコーディネート

次は秋服です。
ベージュやカーキ、ボルドーなどの彩度が低い落ち着いたカラーを取り入れる事が多くなる秋服ですが、
インナーに白Tシャツを合わせるだけでトーンを明るくしてくれるので、暗くなりすぎないバランスが作れます。
夏に爽やかさを出した後には、秋服のトーンアップ アイテムとして着こなしてみてくださいね♪

秋の白Tシャツのメンズコーデ例|黒シャツ×白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

黒のミリタリーシャツが男らしい雰囲気を出している中に、
デニムパンツが加わる事でカジュアルさも出しています。
カーキのミリタリーシャツが主流ですが、他の人と被りたくない人にオススメな組み合わせです。
中に合わせた白Tシャツが全体的に暗い色合いにならないように明るさを出してくれています。

秋の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーパーカー×黒シャツ×白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

先ほどのコーディネートにグレーのパーカーを羽織ったコーディネート。
パーカーをプラスするだけでカジュアルさが更にプラスされるので、
キメすぎたオシャレをしたくない時などにオススメです。

秋の白Tシャツのメンズコーデ例|黒シャツ×白Tシャツ×ベージュチノパンツ

ミリタリー感のあるシャツにチノパンツを合わせた男らしさとキレイめさを兼ね備えたコーディネートです。
ベージュのチノパンツを履く時にカーキのミリタリーアイテムを合わせると、全体的にぼやっとした印象になる事がありますが、
黒のミリタリーシャツにする事で悩みを解消しています。

秋の白Tシャツのメンズコーデ例|黒チェックシャツ×白Tシャツ

黒を中心に多く取り入れた男前な雰囲気のコーディネートです。
チェックシャツにプリントTシャツを組み合わせてもカジュアルになりすぎないのは、 黒のチェックシャツ、黒のプリントでシャープな印象を持たせているからです。
スキニーパンツのように細見のデニムもスタイリッシュに魅せてくれるポイントです。

冬の白Tシャツのオススメのコーディネート

最後に冬服です。
白シャツ1枚や、薄いアウターを使えず、難しいと思っている方もいらっしゃると思います。
ですが、冬では冬なりのコーディネートもたくさんありますよ。

冬の白Tシャツのメンズコーデ例|アイボリージャケット×グレーパーカー×白Tシャツ×黒カーゴパンツ

アウターにアイボリーのジャケットとインナーに白Tシャツを合わせることで、柔らかい雰囲気になります。
白Tシャツとジャケットの間に濃い色のパーカーを着ることで、明るい色同士を合わせた時のぼやけた印象もなくなりますね。

冬の白Tシャツのメンズコーデ例|グレーコート×白Tシャツ×オリーブカーゴパンツ

全体的に彩度の低い、落ち着いた色合いのコーディネートです。
インナーを白Tシャツにすることで、コートなどが暗めの色でも、重くない印象を作ることができます。

冬の白Tシャツのメンズコーデ例|キャラメルコート×ワインニット×白Tシャツ×オリーブカーゴパンツ

ちらりと見えるインナーの白Tシャツがおしゃれなコーディネートです。
冬はレイヤードスタイルが多くなる季節なので、インナーに迷ったら着合わせのしやすい白Tシャツを着てみましょう。

冬の白Tシャツのメンズコーデ例|黒コート×白Tシャツ×ベージュチノパンツ

白Tシャツをインナーにすることで、マフラーのデザインを目立たせることができます。
白Tシャツをインナーにすると、他のアイテムにも自然になじむので、アウターや小物をメインにしたい時にぴったりですね。

デニム(ジーンズ)を合わせた白Tシャツのおすすめコーディネート

白Tシャツはカジュアルなイメージを持つ方が多いと思います。
カジュアルなパンツといえばデニム(ジーンズ)が思い浮かびますね。
そこで、白Tシャツと相性の良いデニム(ジーンズ)のコーディネートもみていきましょう。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

白Tシャツにデニムのみを合わせたシンプルなコーディネートです。白Tシャツとの相性が良い彩度の高いデニムを合わせることで、爽やかな印象になりますね。シンプルなコーデなので、アクセサリーを付けるとオシャレ度が上がります。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|黒パーカー×白Tシャツ×ネイビーストレッチデニムパンツ

白Tシャツにパーカーとデニムを合わせたカジュアル度の高いコーディネートです。靴や小物にはベージュを取り入れることで、色合いのバランスが良くなりますね。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|黒テーラードジャケット×白Tシャツ×グレーパーカー×ネイビーデニムパンツ

白Tシャツにジャケットを合わせるとキレイめな印象を出せます。ジャケットの下にパーカーを合わせることで、カジュアルな雰囲気も出せるので、自然に着こなせますね。デニムパンツもカジュアル要素のポイントです。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|赤チェックシャツ×白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ

白Tシャツはアウターに柄物を合わせやすいのが特徴ですね。彩度の高いチェックシャツとデニムを合わせると印象の強いカジュアルコーデになります。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|黒パーカー×白Tシャツ×インディゴデニムパンツ

裏地のチェックがかわいらしいパーカーを合わせたコーディネートです。
ですが、男らしさも出したいので、濃いめの色のデニムパンツと白Tシャツを合わせた大人カジュアルな感じにしてみましょう。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|黒コーディガン×白Tシャツ×インディゴデニムパンツ

英文字がプリントされているおしゃれな白Tシャツをインナーとして合わせたコーディネートです。
アウターを着る場合は、白Tシャツのプリントが映えるように、暗めの色を選ぶのが良いですね。

デニムと白Tシャツのメンズコーデ例|白Tシャツ×インディゴクロップドデニムパンツ

シンプルな白Tシャツにはデザイン性の高いデニムを合わせるとバランスが良くなります。
白Tシャツにもデザイン性のあるものを合わせるとさらにおしゃれ上手にみられますね。

カーキミリタリーシャツパーカー×白Tシャツ×ネイビーストレッチデニム

ミリタリー感のあるパーカーと濃いめのネイビーのデニムでワイルドな印象のあるコーディネートです。
インナーに白Tシャツを合わせることで、爽やか感がプラスされ、バランスの良いカジュアルコーデになります。

白Tシャツまとめ

着回しのきく白Tシャツを選ぶ時に重要なポイントは
・無地の白Tシャツの時は「生地感」「シルエット」にこだわる
・ワンポイントや全体にデザインがされている白Tシャツを選ぶ
・パンツを変えてコーディネートの雰囲気を変える
これらのポイントに気を付けて下着や部屋着に間違われない
白Tシャツのかっこいい着こなしをしてくださいね!

【関連記事】

公式LINE@にお友達登録してお得な情報を手に入れよう!

オシャレなコーデが【簡単・お得】に揃う

恋愛テクニック講座&デート場所別コーデ

OTHER CONTENT