メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

デート服コーディネート

恋愛テクニック講座

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

白シャツの選び方【メンズ必見】女の子に好印象を与える条件

白シャツ❘女の子に好印象を与えるポイント・選び方

白シャツ❘女の子に好印象を与えるポイント・選び方
白シャツ
を探す▲

女性からの好感度を高める選び方ポイントについてご紹介します。
無彩色のなかで一番明るい「白」は清潔感や上品さ、クリーンなイメージを連想させます。
メンズファッションの定番アイテム白シャツは、ビジネスシーンでもプライベートでも活躍できるアイテムです。
白シャツは、清潔感爽やかさを演出するため、女性からの好感度が非常に高いアイテムなんです。
「白シャツの魅力」についてご紹介していくので是非参考にしてください♪

■目次

爽やかな印象が女の子から好感度アップ
白シャツ❘選び方とポイント
白シャツ❘コーディネートポイント
白シャツ❘豆知識

と、ともやくん!ずいぶん落ち込んでるようだけど、いったいどうしたの!?

金曜日の合コンで友達ばっかりモテてて・・昔はモテない奴だったんだけど、最近急にカッコよくなったみたいでさ。
明るくなったというか、爽やかというか、初めて会う女の子にも楽しそうに話かけられててさ~

ともやくん、そんなに落ち込まないで!
もしかしたらその男の子は第一印象がとてもうまくいっているのかもね。
第一印象で女の子から好感を得るには、何より清潔感のあるファッションが大切よ。
そのためには…

え!マジで!教えて!早く!!

もう!調子だけはいいんだから!!
今日は女の子に好感を与える「白シャツ」がテーマだから、そのコツをちゃんと聞いていてね!

はいはい、二人ともその辺にして!
そろそろ白シャツの魅力について説明を始めますよ!

爽やかな印象が女の子からの好感度アップ

1.清潔感のある白、スッキリとした形状で、爽やかな印象を与えよう!

2.キレイめにもカジュアルにも多彩な印象を作れる幅広いコーデを楽しむことができる。

3.シンプルだからこそ、シルエット・差別化したデザインが大切

白シャツ❘特徴と印象



白シャツは、「清潔感のある色」「スッキリとした形状」が爽やかなイメージを与え好感度をアップしてくれる、メンズファッションには欠かせないトップスアイテムです。
「白」は光の反射が強く、白シャツを着ることで顔を明るくして爽やかで活発な印象を与えられる事が期待できます。
またホワイトシャツは綿(コットン)、麻(リネン)、ポリエステルなど生地によって質感の違いがあり、一口に白シャツといっても、印象が様々であることがホワイトシャツの特徴です。
シンプルなだけに生地のセレクトや、襟やボタン・前立て・袖などのディテールで周りと差をつけたり、雰囲気の変化を楽しめるのもポイントです!

多彩な印象を作れる幅広いコーディネート

私服として着用するホワイトシャツは主に2種類に分類できます。
生地の目が細かく、光沢感のある「ドレスシャツ」、そして粗めに仕立てた「カジュアルシャツ」です。
シャツの生地は糸を細く、密度を高く織ったものになるほどなめらかに、光沢感が出てくるんですね。
これを「番手」という単位で表したりします。
高い番手ほど薄く光沢感のある生地になってきます。



「ドレスシャツ」は薄くパリッとした生地で、光沢感があるので、テーラードジャケットなどのキレイめアイテムとの相性が良く、カッチリとした佇まいを作ることができ、紳士的な印象を与えてくれます。
一方で「カジュアルシャツ」はデニムジャケット・パーカーなどのカジュアルアイテムと相性のいいシャツになります。デニムジャケットやパーカーなどのカジュアル度の高いアイテムに白シャツを合わせると、砕けた印象の中に清潔感などキレイめ要素を取り入れることができ、ギャップを作ることができますね。
白シャツは「ドレスシャツ」「カジュアルシャツ」共に清潔感のある爽やかな雰囲気が女の子に好印象を与えることもできますよ。

ホワイトシャツって本当に女の子は好きです!!
爽やかな雰囲気が無条件に「あ、この人ステキ♪」って思っちゃいます♪
清潔感があるのでオシャレなお店でディナーしたり大切な記念日デートの時に着て欲しいですね☆
それでは最初にホワイトシャツ選びのポイントから確認していきましょう♪

白シャツ❘選び方とポイント

ドレスシャツ・カジュアルシャツの印象の違い


ホワイトシャツは主にキレイめ感のある「ドレスシャツ」とカジュアルテイストの「カジュアルシャツ」に分類されます。この2つに明確な定義はないのですが、ファション業界では上で説明した素材の質感や糸の番手・デザインで区別することが多いと言われております。

ドレスシャツコーデ例・パーカーとテーラードジャケット


「ドレスシャツ」はテーラードジャケットなどのキレイめアイテムとの相性が良かったり、「カジュアルシャツ」はデニムジャケット・パーカーなどのカジュアルアイテムと合わせやすいと紹介しましたが、「ドレスシャツ×パーカー」だったり「カジュアルシャツ×テーラードジャケット」と違う系統のアイテムと合わせることでいつもと違ったギャップを作ることが出来ます。
パーティーやデート・合コン・飲み会などTPOにわせてオシャレを楽しめるのもポイントです。

白シャツの一般的な素材

【ポリエステル】
化学繊維から作られた素材です。
強度・磨耗に非常に強く、型くずれを起こしにくいのが特徴です。
弾性力があるのでシワの回復力が良く、吸湿性が低いので濡れても乾きやすいのもポイントです。

※主にドレスシャツに使用

【綿(コットン)】
もっとも代表的な天然繊維「綿」は、吸湿性と保温性があり、通気性に優れているサラッとした着用感がある生地です。
また水に濡れると繊維の強度が上がり洗濯に強く、熱にも強いのでアイロンにかけやすいのが特徴です。

※ドレスシャツ・カジュアルシャツに使用


【麻(リネン)】
天然繊維の中で最も強度があるのが「麻」素材です。
リネンシャツと呼ばれる場合もあります。
シャリ感・清涼感があり通気性に優れており、水分の吸収や発散が早いのが特徴です。
汗をかく春夏のオシャレに重宝されます。


※主にカジュアルシャツに使用

シャツ全般的にもいえる事ですがホワイトシャツの素材って奥が深いですね♪
専門的な用語も出てきましたがシャツの素材を把握することでちょっとした会話で役立つと思いますよ!
ファッションの知識が豊富であるほどオシャレをより楽しむことが出来ますよ。

ホワイトシャツ❘デザイン&ディテール

ホワイトシャツは種類が多くて選ぶのが難しいという声をよく聞きます。
ホワイトシャツはシンプルなアイテムだからこそ、ちょっとしたデザインで爽やかさをより出したり、周りの友達と違いをつける事ができる、とも言えます。
ここでは、襟や前立てなどのデザインやディテールにフォーカスし、様々なホワイトシャツのデザインを見ていきましょう。

1.白シャツの襟の形の種類

【ボタンダウン】
襟の羽開きが180度に近いタイプのデザイン。
襟先の形を崩さないまま綺麗に開くことが出来ます。

【イタリアンカラー】
襟先を大きく丸くしたデザインを言います。
優しい雰囲気を漂わしてくれます。

【スキッパ―デザイン】
2枚仕立ての襟デザインの事をいいます。
襟がしっかりと立ち、普通のシャツとは違った表情を作り上げます。

【ホリゾンタルカラー】
襟の羽開きが180度に近いタイプのデザイン。
襟先の形を崩さないまま綺麗に開くことが出来ます。

【ラウンドカラー】
襟先を大きく丸くしたデザインを言います。
優しい雰囲気を漂わしてくれます。

【2枚襟デザイン】
2枚仕立ての襟デザインの事をいいます。
襟がしっかりと立ち、普通のシャツとは違った表情を作り上げます。

白シャツ❘襟裏デザインの種類

チェックデザイン・ストライプデザイン・ステッチデザイン

プライベートでホワイトシャツを着用する場合、ノータイスタイルが主流です。
上の写真のように襟裏にデザインを施しているシャツは、首元からさりげないオシャレを演出してくれますよ。

白シャツ❘前立てデザインの種類

チェックデザイン・ラインデザイン・トリコロールデザイン

ホワイトシャツのアクセントとして前立て部分にデザインを施しているタイプのシャツもあります。
ホワイトシャツの爽やかさ・清潔感はそのままに前開けジャケットスタイルやVネックカーディガンなど、アウターとのレイヤードでデザインをさりげなくアピールしてくれます。

襟のタイプや前立てのデザインのデザインがアクセントとなるのでオシャレの変化を楽しむ事が出来ますよ♪
デザインやディールには派手さを押さえ、さりげなさを演出することでホワイトシャツの「爽やかさ」「清潔感」を引き立ててくれます!

白シャツ❘サイズ・シルエット

街で見かけるオシャレでカッコいい人。
服のデザインがいい?素材感がいい?コーデがいい?…
いろいろありますが、オシャレでカッコいい人に共通している事、それが「サイズ感」なんです。
シャツはサイズ次第で印象がかなり変わってきますので、まずは自分の体のサイズを知っておくことが大切です!

自分のサイズを測る

▲POINT
ピッタリのカットソーを着用し、肩の縫い目から縫い目までをしっかりと測ります。
※カットソーがピッタリでない場合は肩の骨格で測ります。

▲POINT
メジャーをぐるっと自分の胸から背中そして胸へと1周の長さ測り、そこから半分の数値を割り出します。

▲POINT
ピッタリのカットソーを脱いで、平面なところに背中を上にして置きます。
しっかりとシワを伸ばし、襟から裾までの長さを測ります。

▲POINT
袖をしっかり伸ばし、袖の先から肩の縫い目までの長さを測ります。

オシャレに決まるサイズ感知る

シャツのサイズ選びで大事なのは「肩幅」と「丈感」
この二つのサイズが短いと窮屈に見えたり、逆に長いとヨレヨレに見えて、野暮ったくなってしまいます。
サイズ感はコーディネートを組む時にも重要になってくるので要チェックです。



シャツの縫い目が自分の肩の骨格とぴったり、ずれたとしても1cm以内に抑えましょう。
長すぎず短すぎず、ちょうどいい丈感をつかみましょう。
ベルトがちょうど隠れるくらいの長さで、オシャレベルトがチラ見えするくらいがオススメです。



シャツのサイズ選びで大事なのは「肩幅」と「丈感」。
この二つのサイズが短いと窮屈に見えたり、逆に長いとヨレヨレに見えて野暮ったくなることもあるので要注意です。

自分のサイズに合うオシャレなサイズ感をわかった上でシャツを選ぶと驚くほど着用イメージがわきますよ♪
ワンランク上のオシャレカッコいいホワイトシャツの着こなしを楽しんで下さいね♪
次は白シャツのコーディネートのポイントを見ていきましょう!

白シャツ❘コーディネートポイント

多くの人に愛されているだけあってホワイトシャツの種類は多彩です。
またコーディネートに合わせるアイテムよって印象をガラリと変わってくるのもシンプルなホワイトシャツの魅力とも言えるのではないでしょうか?

ここではホワイトシャツの基本的なコーディネートのポイントを紹介してまいります。

ドレスシャツとカジュアルシャツの雰囲気を抑える



まずはドレスシャツとカジュアルシャツの雰囲気を比較してみましょう。
どちらもブラックのパンツと合わせて比較してみると、ドレスシャツはスマートな雰囲気に、カジュアルシャツはラフな男らしさを作ってくれます。

これはシャツの素材感によって与えるイメージが変わってくるものなので、デートや飲み会などTPOに合わせるだけでだけでなく相手にどのようなイメージを伝えたいかを考えて着こなすのもいいですよ。



生地や素材によって分類されるドレスシャツ・カジュアルシャツは、同じアウターでも印象が変わります。
例としてカジュアルなパーカーで比較してみると、キレイめ感のあるドレスシャツはインナーから引き締め効果を作り、カジュアルシャツは解放感のある雰囲気を作ってくれます。
このようにインナーとしての表現が変わるのもシンプルなホワイトシャツの魅力なんです。

テーラードジャケット❘インナーのシャツとカットソーの比較



ホワイトシャツの中でもドレスシャツは、テーラードジャケットとの相性の良く、ビジネスからプライベートと様々なシーンで活躍してくれます。
また、テーラードジャケットとよく合わせるアイテムとして、
ホワイトカットソー」がありますが、ホワイトカットソーは、テーラードジャケットを合わせるとカジュアルな印象が強まりますね。
ホワイトシャツとのコーディネートと比べるとよくわかりますね。
シャツ・カットソーそれぞれのインナーの使い方をしっかり押さえておけば、急な友達からのお誘いや週末の女の子とデートする時に迷わないので便利ですよ。

パンツのデザイン・カラーを変えて雰囲気もチェンジ!



爽やかで清潔感のあるホワイトシャツは、合わせるパンツのデザインやカラーで雰囲気をガラリと変えることが出来ます。
ブラックやカーキ系やデニムのインディゴ系などの濃いめのカラーとの相性が良くホワイトシャツの明るいイメージを引き立ててくれます。

デニムカーゴパンツと合わせるとカジュアルな印象になりますね。

またブラックのチノパンなどと合わせるとフォーマルな印象になります。
また薄めのカラーとしてはベージュ系のパンツと合わせるとカジュアルでありながら落ち着いた雰囲気を作ってくれますよ。

春から夏にかけて季節感を出したい時は7分袖&半袖白シャツ

気温が上る春から夏にかけての時期は、7分袖や半袖タイプのホワイトシャツが活躍し始めます。
比較的涼しい春から初夏には7分袖シャツ、本格的に暑くなり始める夏は半袖シャツと、袖丈の長さを変えることでより爽やかに、より涼しげな印象を作ることが出来ます。
クロップドパンツを穿くような暑い時期でもホワイトのドレスシャツを使うことで、だらしない印象をなくし、きっちりした爽やかさを出すことが出来ます。
これらのシャツもアウターのインナーとしても一枚でも着回せるので季節感のある着こなしを楽しむことができますよ!

ホワイトシャツの特徴は押さえていただきましたか?
ドレスシャツ・カジュアルシャツの雰囲気の違いや、パンツの合わせ方を知ることで、ホワイトシャツを幅広い着こなしを楽しむ事が出来ますよ!
続いてさらにホワイトシャツのコーディネートのバリエーションを見ていきましょう!

白シャツの重ね着・レイヤードスタイル

比較的過ごしやすい春や秋の時期は、温度調整も兼ねてシャツを重ね着する機会も多くなります。
特にシャツとジャケットとの間にパーカーカーディガンをインナーに合せた3点アイテムで作るレイヤードスタイルは、合わせやすさや雰囲気や印象を変えやすいので着こなしの幅も広げてくれるのもポイントです。
例としてテーラードジャケットとパーカーはカジュアル感がアップし、またカーディガンを合わせるとキレイめ感がアップします。
シンプルなホワイトシャツはカジュアル感・キレイめ感を巧く調整することで着こなしの変化を楽しむ事も出来るので、レイヤードスタイルのベースとしても最適なアイテムです。

アウタースタイルにおけるカラーバランス

ホワイトシャツはカジュアルアウターとの相性が良いのですが、カラーバランスを把握することもコーディネートの大切なポイントです。

合わせるアウターとパンツの明るさや濃さといった色合いに差をつけることで、ホワイトシャツの清潔感・爽やな存在感を際立たせることが出来ます。

白シャツ❘グレーカーディガン・ワインレッドカーディガン

カーディガンはテーラードジャケット同様、清潔感のあるキレイめスタイルを作ってくれるのでホワイトシャツに合わせる人も多いですね。

シャツとカーディガンのVラインがスッキリとした印象を作ってくれるのが合わせやすさの理由の一つでもあります。

あくまで一例ですが明るめなグレーカーデは昼デートに、濃いめのワインカーデは夜デートというように昼や夜といった時間帯を考慮して合わせるアイテムのカラーを使い分けてみるのもいいですよ!

白シャツ❘ワインレッドセーター・ホワイトセーターコーデ

ホワイトシャツはVネックニットのインナーとしてレイヤードスタイルを楽しむ事も出来ます。
このスタイルはビジネスシーンでも見受けられますね。
ワインニットは大人っぽさを演出しホワイトニットとは優しい雰囲気を作ってくれます。
ホワイトシャツとホワイトニットの組み合わせはトップスが同色ですがパンツをブラックにすることでモノトーンスタイルとなりスマートにまとまりますよ。

白シャツの前閉じスタイル・前開けスタイルの比較

ホワイトのカジュアルシャツは特に春や秋の時期には、デニムシャツやチェックシャツと同じようにカットソーの羽織りとして活用出来るのもポイントです。
前閉じスタイルはスマートな印象に、前開けスタイルはインナー魅せで男らしさを演出してくれます。
インナーの露出する割合によって与える雰囲気・印象が変わるので、前閉じ・前開けスタイルを押さえておくとより着こなしの変化を楽しむ事が出来ますよ。

ホワイトシャツはシンプルですが着こなしはとても奥が深いですね!
合わせるアイテムとの種類やカラーバランスをしっかりと押さえることで、ホワイトシャツのオシャレの楽しみ方が幅広いものになりますよ♪
最後はホワイトシャツの豆知識を見ていきましょう!

白シャツ❘豆知識

機能性に特化した素材


シャツを洗濯するとシワがつくので、アイロンをかけたりクリーニング店にお願いしたりと手入れが大変ですよね。
形状安定加工はシワが付きにくいように繊維を薬品につけて加工したシャツです。
機能性も高く手入れがしやすいので注目されている素材の一つです。
天然繊維の「綿」と天然繊維「ポリエステル(ポリウレタン)」を使用した伸縮性に富んだ素材のこといいます。
ストレッチ性に優れ、しわになりにくい、ひじ部分のあとがつきにくい、生地がもとの形に戻りやすいといった特徴です。

02.体感温度を快適に維持させる素材


サーモライトが1本の繊維の中に気孔を持つ独特な繊維構造をしています。
汗をかいても水分は外に、代わりに外部の空気を取り込みいつもサラサラに保ちます。
温まった熱を逃さず保温するので、蒸れずに優しい暖かさを持続させる素材です。
特殊な繊維により汗や湿気と言った水分を繊維に素早く取り込み、迅速に拡散をして素早い感想が出来るので体を涼しくドライな状態に保ちます。通気性に優れ、汗をかいても蒸れずにサラリとしたソフトな肌触りがいつでも得られます。
着心地も良く、生地感の良さも抜群です。

03.シャツの糸(番手)について&縫い方について


シャツの生地は「糸」の太さをあらわす「番手」という数字(単位)が使われており、高番手になるほど生地に織った際に光沢が出て、薄くシャープな表情となり肌ざわりの良い着用感となります。
究極は紙に近くなります。また小さい番手の糸で織った生地は透けにくく丈夫さが特徴となります。
ファッション業界において分類されるドレスシャツは50~120番手、カジュアルシャツは40~80番手が主流と言われております。
シャツには「巻き縫い」「ロック縫い」と呼ばれる縫製の仕様があります。「巻き縫い」は「ロック縫い」より強度があり、幅が細い程シャツにドレス感が出ます。高級感のあるシャツは「巻き縫い」による縫製で仕立てられることが多いので、シャツ選びの参考にしていただければ思います。

まとめ

女の子が好きな白シャツのポイントはおさえられましたか??
最近では機能性に特化した素材が多く、オシャレも快適に楽しめるのも嬉しいですよね!素材の特性を理解して、ホワイトシャツ選びに活かしてくださいね!

【関連記事】

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT