友だち追加
  • 杢スラブ地イタリアンカラージャケット
  • ラペルチェーン付き裏地ぺイズリーテーラードジャケット
  • 3ジップブーツカットストレッチチノパンツ
  • フェイクレイヤードダブルフードパーカー
  • 2枚襟デザイン美シルエットシャツ

▲ファッションカレッジ推薦アイテム▲

03月07日

【Lesson2-3】ブラック・ネイビーのボトムスをベースにした色の組み合わせ

【Lesson2-3】ブラック・ネイビーのボトムスをベースにした色の組み合わせ

ネイビーパンツを探す
ネイビーパンツ

黒パンツを探す
黒パンツ

ここではボトムスにブラック・ネイビー(デニム)をベースに、外さない6色(ブラック・ホワイト・グレー・ベージュ・カーキ・ネイビー)の組み合わせの相性を見ていきましょう!

相性の度合いはこの4段階です♪

【相性の度合い】
 女の子も認めるテッパンの組み合わせ
 問題なしの無難な組み合わせ
 外してしまうかもしれない組み合わせ
 やっちゃダメな組み合わせ ダメ、ゼッタイ。

■ブラックのボトムスと外さない6色の相性

 トップスは外さない6色 /

実際にコーディネートしてみると・・・

ブラックをボトムス、インナーをホワイトとした場合、トップスがブラック、ホワイト、グレーでは全身が「無彩色」での組み合わせ、モノトーンの組み合わせとなります。このような無彩色の組み合わせはシックでクールなイメージ、洗練されたエレガントな印象を持たせることが出来ます。一方で、ブラック、ホワイトは極端な色の組み合わせなので、アウターやトップスのアイテムによって、またはTPOによっては極端な印象(キメすぎる)になって外してしまう場合があるので注意が必要です。

このようなモノトーンコーデの場合、極端さを抑えるためにトップスにグレーを使うと中和されますよ。
この組み合わせが出来る人は、モノトーンコーデの色のバランスがわかっている人なので、女の子からの評価も◎です。

ブラックのパンツとベージュ・カーキ・ネイビーのアースカラーとの組み合わせです。アースカラーとブラックはどの色とも相性がいいのでコーディネートが作りやすいですね。ただ、この場合もインナーにホワイトがあるのでバランスが取れやすいのですが、インナーに別の色を持ってくると途端にコーディネートが難しくなります。

“   ブラックのボトムスと外さない6色の相性   
                         まとめ                         ”

このようにインナーにホワイト、ボトムスにブラックをベースにコーディネートを組む場合は、比較的どの色とも好相性です。
ただし、ブラック、ホワイトのみのモノトーンコーデはキメ過ぎにならないよう注意が必要です。

【参考書】細身のブラックパンツ(黒パン・黒スキニー)のコーディネート例

続いてボトムスがネイビーの場合の
コーディネートの組み合わせを見ていきましょう。

■ネイビー(デニム・ジーンズ)の
ボトムスと外さない6色の相性

 トップスは外さない6色 /

実際にコーディネートしてみると・・・

ボトムスがネイビーのパンツの代表格はジーンズ(デニム)です。色合いとしてはインディゴや濃いブルーなどありますが、ここでは総じてネイビーとしています。
ネイビーは日本人にもよく合う色合いと言われており、様々な色とも問題なく合わせやすいと言えます。
トップスがホワイト、ボトムスがネイビーは本来は○なのですがここでトップス×インナーにホワイト×ホワイトを△としているのは、トップスとインナーが共にホワイトで、アイテムによってはシンプル過ぎる、または極端になる可能性があるため、△としています。
例(ホワイトのジャケットにホワイトのインナーなど)

トップスにホワイトのシャツ一枚、またはカットソー一枚などは爽やかな印象になるので○となります。

上でも述べているように、ボトムスがネイビーの場合、ほとんどの色合いと合わせやすいので、ベージュ・カーキでは問題ありません。
しかしながら、ブラックの場合でもブラック同士の組み合わせでは少しコーディネートが難しくなったように、ネイビー×ネイビーの組み合わせも少々難しくなってきます。
というのも、トップス、ボトムス共に同じ色というのは、たとえば「スーツ」のように、上下色合わせをしたトータルコーディネートを連想させます。

コーデで使う色を少なくし、全体を同じ色にした場合は、より洗練された印象になります。
中でもトップス・ボトムスが共に「デニム」で、全身デニムとした場合は、デニムの印象が強くなり過ぎてしまうことから、女の子からの支持は低くなっています。

“   ネイビーのボトムスと外さない6色の相性   
                         まとめ                         ”

インナーにホワイト、ボトムスにネイビーをベースにコーディネートを組む場合は、比較的どの色とも好相性です。
ただし、デニム×デニムの組み合わせは女の子からの評判がよくないので注意が必要です。

【参考書】細身のデニム・ジーンズ・ジーパンのコーディネート例

デニム×デニムは全体的に生地も厚くて、
相当カッコいい人(ハリウッド俳優のような)
じゃないとヤボったくなっちゃうかもね。

次はボトムスにベージュ・カーキをベースに、
外さない色6色の組み合わせの相性を
見ていきましょう!

次の授業へ進む▶
【Lesson2-4】ベージュ・カーキのボトムスをベースにした色の組み合わせ

◀前の授業に戻る
【Lesson2-2】基本の6色を使った色の組み合わせ

公式LINE@にお友達登録してお得な情報を手に入れよう!

オシャレなコーデが【簡単・お得】に揃う

恋愛テクニック講座&デート場所別コーデ

OTHER CONTENT