×

今日着ていく服装コーディネートコレクション

気温20度~15度くらいってどんな服装?

気温20度~15度くらいってどんな服装?今日・明日・今週のコーデを探す▲

気温20度~15度は少し体にひんやりと涼しい温度での気温です。

気温20度~15度の標準的なコーディネートの目安は

ジャケットにシャツ・カットソー

カーディガンやニットにシャツ

薄手のコート

などが標準的なコーディネートになるでしょう。

過ごしやすい季節の気温ですが、人によって体感温度に差異がありますので、あくまで参考の目安になります。

春や秋で色やアイテムを少し変えるとおしゃれです。

それでは具体的なコーディネート例を見ていきましょう

気温20度~15度におすすめのコーデセット

50代の気温20度~15度コーデ例

50代の気温20度~15度コーデ例を見ていきましょう。

40代の気温20度~15度コーデ例

40代の気温20度~15度コーデ例を見ていきましょう。

30代の気温20度~15度コーデ例

30代の気温20度~15度コーデ例を見ていきましょう。

春の気温20度~15度の標準的なコーディネートの目安

春の気温20度~15度の標準的なコーディネートの目安今日の服装例を探す▲

ジャケットや長袖シャツの重ね着が最適の時期で、ジャケットが主役になってくるタイミングです。

春はネイビーや、明るいグレーのジャケット、シャツは白のほかサックスや薄いピンクなど、パステルカラーが春らしくておしゃれです。

シャツを変えるだけでも雰囲気が変わるので、白だけでなくストライプ柄やチェック柄、デニム生地シャツなど、ちょっとオシャレなシャツもよいですね。

ビジネスシーンでもスーツ、ジャケパンスタイルが最も過ごしやすい気温です。

室内ではカーディガンや薄手のセーターの重ね着をするのがちょうどよいでしょう。。

こちらもネイビーやグレーなどが春らしい色合いですね。

梅雨やの雨模様の日は気温が下がって、15度を下回ることもあります。

日中は暖かくても上着をもってお出かけするとよいでしょう。

春の日中の最高気温20度~15度の私服・カジュアルメンズコーデ例

春の最高気温20度~15度になる日は、上着にジャケットを羽織るスタイル、ニットやカーディガンとの重ね着がおすすめです。上着のネイビーやライトグレーは、春らしさを感じさせます。

春の最高気温20度~15度の通勤・ビジネスメンズコーデ例

ビジネスシーンではクールビズが始まる前の気温です。タイドアップしたスーツ、ジャケパンスタイルが快適です。春であればネイビーや明るいグレーのジャケットやスーツがおすすめです。

秋の気温20度~15度の標準的なコーディネートの目安

秋の気温20度~15度の標準的なコーディネートの目安今日の服装例を探す▲

秋の気温20度~15度のタイミングは、残暑が終わり、秋の深まりを感じさせるタイミングです。

ジャケットと長袖シャツの重ね着がちょうどよい季節です。

秋は深みのあるグレーのジャケット、チェック柄などの柄ジャケットがおしゃれに見える季節です。

スーツやジャケパンなども、グレージャケットやニットセーターとの重ね着がおしゃれです。

カーディガンやセーターも、冬を見据えて厚手のものや、ショールカラー、スタンドカラーなど襟のあるものも良いでしょう。

シャツセーターやカーディガンはウォームビズとしても使えますし、スーツのジャケットとは違ったおしゃれな雰囲気ができるのが特長です。

ベージュやカーキ、ワインレッドなど、秋枯れ色を取り入れると、秋の季節感が出て、おしゃれなコーディネートになります。

秋の日中の最高気温20度~15度の私服・カジュアルメンズコーデ例

秋の最高気温20度~15度になる日は、長袖シャツにジャケット、セーターにジャケットの重ね着がよいでしょう。室内ではニット一枚でも十分でしょう。

秋の最高気温20度~15度の通勤・ビジネスメンズコーデ例

ビジネスシーンではタイドアップしたスーツ、ジャケパンスタイルが快適です。ウォームビズや私服通勤ではカーディガンやセーターなどを活用しておしゃれなオフィスカジュアルにしましょう。

おすすめのビジネスカジュアル・ジャケパンコーデセット

ビジネスカジュアル・ジャケパンコーディネート

春服 メンズ:関連特集

オフィスカジュアル・私服:関連特集

秋服 メンズ:関連特集

人気ランキング

CATEGORY