友だち追加

大人のファッションカレッジ | メンズファッション通販メンズスタイル 女の子に褒められる洋服の「着こなし」
「コーディネート」が学べて簡単に手に入る

メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッションカレッジ人気の講座

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

メンズコーデ参考書

MENZ-SYLE特集

05月02日

ベージュパンツに合わせるトップス季節別コーディネート

【ベージュチノパンツ】
トップスに迷っていませんか?

ベージュパンツをオシャレに着こなす・合わせるトップス季節別コーディネート

コーディネートによく使われる
ベージュチノパンツですが、

トップスは何がいいの?
コーデが難しい!自信がない…

コーディネートや着こなしに
お悩みではないですか?

上品で知的な印象を作る
ベージュチノパンツですが、

黒やネイビーのパンツと比べると
色の主張が強くないので、
合わせるトップス選びは難しいですよね。

そこで今回は、ベージュパンツのコーディネートや着こなしについて紹介していきます♪

■目次

もう迷わない!ベージュパンツと相性の良い色合いとは?
コーディネートしやすいベージュパンツの選び方
ベージュパンツで失敗しない靴の選び方
ベージュパンツは季節別のコーデのコツを知ればオシャレに見える
通年で使えるベージュパンツに合わせるおすすめアイテム・コーデ例

もう迷わない!ベージュパンツと相性の良い色合いとは?

ベージュパンツは、

黒やネイビーと比べると曖昧な色合いなので
注意が必要です。

コツはベージュは全体的に
明るい色合いにならないように、

トップスに
濃い色のアイテム

を合わせ
コーディネートに

メリハリをつける
事が大切です。

春夏と秋冬では、
コーディネートするアイテムが変わるので

そのあたりも注意してみてください。

意外と難しいコーディネートも着こなしのコツを覚えてしまえば、女性からも褒められるカッコいいコーディネートができるようになりますよ♪

まずは、ベージュパンツと相性の良い色に行いて説明していきます。

ベージュパンツと相性の良いトップスの色

■ネイビー


ネイビーアイテム
を探す▲

濃い色合いのネイビーを合わせると落ち着いた大人の雰囲気を漂わせます。

デニムや麻素材のネイビーシャツやネイビーのジャケットを合わせるとおしゃれなベージュパンツスタイルが作れますよ。

白や黒などの、ベーシックカラーを組み合わせてメリハリをつけた着こなし方もおすすめです。

■黒(ブラック)


黒(ブラック)アイテム
を探す▲

引締め効果のある黒(ブラック)はクールな印象を作り出します。

単色で重たい印象の黒(ブラック)ですが、淡い色合いのベージュパンツを取り入れることでコーディネートを明るく引き立てることができます。

合わせるシャツやTシャツは白が多いし明るめのトップスを合わせたい時はどうしたらいいのかな?

トップスに明るめの色合いを合わせたい時は濃い色合いの靴やカバンなどのアイテムを散りばめる事で 色合いのバランスが取れた着こなしができますよ♪

ベージュパンツと合わせにくいトップスの色を補うコツ

■白(ホワイト)


白(ホワイト)アイテム
を探す▲

白(ホワイト)のトップスは、
ベージュパンツと合わせると爽やかでフレッシュな印象に仕上がります。

白(ホワイト)とベージュはどちらも明るい色合いなので、コーディネート全体がぼやけないように黒のカットソーを重ね着したり

ネイビーのシャツをレイヤードすることでさりげなくコーディネートにメリハリをつけるのがポイントです。

■グレー


グレーアイテム
を探す▲

淡い色合い同士のコーディネートは、アクセサリーやカバンなどのアイテムで色のアクセントをつけて散りばめることで補うことが出来ます。

寒色のグレーと暖色のベージュチノパンツは、リラックスした雰囲気を漂わせナチュラルな印象を作り出します。

ベージパンツに合わせる色合いについておさらいしていきましょう。

ベージュチノパン

ベージュパンツは、
明るく薄い色合いの膨張色」なので、

コーディネートに合わせるアイテムは、
暗く濃い色合いの収縮色」と合わせて

コーディネートにメリハリをつける事がおしゃれに着こなすポイントです。

明るく薄い色合いのコーディネートは、ぼやけて見えてしまうので同じく薄い白やグレーなどのトップスを合わせたい時は、濃い色合いの靴やカバンなどのアイテムを散りばめる事でコーディネート全体のバランスが取ることができます。

コーディネートしやすいベージュパンツの選び方

もっとかっこいいコーディネートをしてみたい
おしゃれなベージュのパンツってどう探せばいいんだろう?

ベージュパンツで
いつものコーデより
カッコいい着こなしがしたい!

と思ったこと、ありますよね?

ベージュパンツは、コーディネートの定番のアイテムだからこそ

選び方・着こなし方をしっかり覚えましょう♪

次はおしゃれなベージュパンツの選び方について説明していきます。

細身のデザインを選ぼう!

ゆったりした大きめなパンツを選ぶと野暮ったく見えてしまいませんか?

細身のパンツを選ぶことで、
トップスとのバランスも良くなりスタイリッシュな印象を作れます。

りぃ先生!!足の太さが気になったり、細身のパンツに抵抗がある人はどうしたらいいですか?

足の太さを気にしている人は、
細く見える「シルエット」のパンツを試してみましょう。

パンツのシルエットを変えてみよう!

細身のパンツのシルエットにもいろいろあります。
足の太さが気になる人は、腰回りはゆったりとしていて裾に向かって細くなっていく

テーパードデザイン

のパンツががおすすめです。

ベージュチノパン

ふくらはぎの太さが気になる方は、裾に向かって広がっていく

ブーツカット

を合わせることでスタイリッシュな着こなしができます。

ベージュチノパン

また、素材を「ストレッチ」にすることで細身でも楽に履くことができますよ♪

ストレッチ素材に変えれば履き心地もよい!

細身のパンツでもストレッチ素材のパンツを選ぶと
ジャストのサイズにしても窮屈感がなくなります。

素材に「ポリエステル」と明記されていれば、
基本はストレッチ素材になります。

ベージュチノパン

ストレッチの効いたベージュチノパンツはコチラ▽

ここで、ベージュパンツのコーディネートで意外に重要な靴とのコーディネートを見ていきましょう。

ベージュパンツで失敗しない靴の選び方

鏡の前でベージュチノパンツのコーディネートをして、
いざ出掛けようと玄関で靴を履いた時、

あれ、この靴を合わせて大丈夫かな?
と不安に思ったことはないでしょうか?

やっぱりベージュパンツに合わせる靴の色合いも気にした方がいいのかな?

靴の色の割合はコーディネート全体の割合の10%程度です。
靴の色はコーディネート全体の色合いのバランスで選べば大丈夫ですよ♪

ベージュチノパン

黒ジャケット×白シャツ×ベージュパンツ×黒シューズ

グレーパーカー×ネイビーシャツ×ベージュパンツ×グレーシューズ

コーディネート全体で、
白過ぎない、黒過ぎない、明るすぎない、暗すぎないようにバランスを取りましょう。

色の組み合わせについて
詳しくはコチラをご覧ください▽

大人っぽい印象にしたいときはどうしたらいいのかな?

チノパンツはカジュアルなアイテムなので、
スニーカーなどカジュアルシューズも合いますが

程よい上品さを演出できる
スエード素材の靴もおすすめです。

スエードシューズは自然と上品さを取り入れられるので
キレイめカジュアルスタイルも作りやすいです。

いつものコーディネートに変化を与えたいなら
靴選びにも注目してみてください。

ベージュチノパンツと合わせるおすすめの靴

ベージュパンツは季節別のコーデのコツを知ればオシャレに見える

季節によって合わせる色合いを変えることで、
ベージュパンツのコーディネートはよりオシャレに見えます。

季節別のコーディネートポイントは「色」です。

どの色も、もちろん春夏秋冬と取り入れても大丈夫です。

ベーシックな冬のカラー例
└黒、ネイビー、グレー

ベーシックな春のカラー例
└白、青、グレー

黒・白・グレー・ネイビーは4つのベースカラーとして、
次の「暖色」「寒色」や明るい色を取り入れるだけで印象が変わり季節感を演出した着こなしができます。

ウォーム(暖色)
赤・黄色・オレンジなど主に赤系の色の事を指します。
暖かそう・優しそう・情熱的と言った印象を与えるカラーで、秋冬に人気です。
最近では挿し色にウォームカラーを入れるコーディネートに注目が集まっています。

クール(寒色)
青・青緑・青紫など主に青系の色の事を指します。 夏には涼しげ、冬にはクールな印象を与える事の出来るカラーです。
アイテムによっては明るく活発で若々しいイメージも演出できます。

色合いを変えるだけで季節感を演出できますが、
明るい色に抵抗のある男性もきっと多いですよね。

そんな時は、アウター・パンツなど面積が広いアイテムではなく

インナーや靴、バックなど少しだけ明るい色を取り入れると比較的難しくありません。

ベージュパンツはよく使うアイテムなので、通年で使える基本コーデがあるといざという時に迷わずコーディネートが組めますよ。

通年で使えるベージュパンツに合わせるおすすめアイテム・コーデ例

ジャケット

テーラージャケットは上品でフォーマルな雰囲気を作り出すので清潔感を感じさせる着こなしがきます。

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×ブラックテーラードジャケット×ホワイトドレスシャツ

白シャツに黒ジャケットを合わせた、キレイめコーディネートの王道パターンで清潔感のあるコーディネートです。
ベージュチノパンを取り入れることで、ビジネスカジュアルとしてもおすすめです。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×グレーテーラードジャケット×ホワイトドレスシャツ

グレーのテーラードジャケットとホワイトシャツの組わせは、ブラックのテーラードジャケットに比べて明るさを取り入れることが出来ます。
色合いのあいまいなグレーは、ブラックに比べてキマリ過ぎることを抑える効果があります。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×デニムジャケット×ホワイトカットソー

デニムジャケット・ホワイトカットソー・ベージュチノのカラーバランスのとれたコーディネートです。デニムジャケットはフードを付けることにより、カジュアルな雰囲気にすることが出来ます。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×クールマックス素材鹿の子テーラードジャケット×ホワイトカットソー

ネイビー、ホワイト、ベージュと新鮮さを感じさせる色合いのコーディネートです。ポロシャツにも使われる鹿の子素材のジャケットで、通気性も良く爽やかな着こなしに一役買っています。

主な着用アイテム

シャツ

上品で知的な印象を与えるベージュとのパンツですが、キレイめな着こなしをしたい時にオススメなのがシャツです。

デニムシャツやチェックシャツを合わせることで幅広い着こなしができますよ♪

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×ボタンダウン襟ホワイトシャツ

襟や前立て部分にデザインをあしらったボタンダウンブロードシャツ。真っ白なシャツに対してボタンなどにブラックのデザインを入れ込むことで、シンプル過ぎてさびしい印象になるのを防ぎ、オシャレをレベルアップ。ベージュチノパンの爽やかな春らしい雰囲気にぴったりです。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×赤チェックシャツ×ホワイトカットソー

ベージュチノパンと赤のチェックシャツのコーディネートは穏やかな雰囲気にまとまります。春や秋の端境期(はざかいき)はチェックシャツはマストアイテムです。ベージュ色とも相性が良く、柄使いで普段のコーディネートのアクセントにもなります。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×ネイビーチェックシャツ×ホワイトカットソー

ベージュチノパンと定番の青チェックシャツ、ホワイトカットソーの組み合わせ。青と黒がメインの深みのあるチェックシャツはベージュチノパンとコーディネートしてアメカジスタイルのような雰囲気をかもしだします。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×インディゴデニムシャツ

ベージュチノパンと定番のシャツと言えばデニムシャツです。ユーズド感のあるインディゴデニムは男らしさを表現します。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノ×7分袖デニムシャツ

ベージュチノパンと7分袖デニムシャツの定番コーディネートです。 デニムにシワ加工や色落ち加工がしてあるので爽やかな印象ですね。

主な着用アイテム

パーカー

パーカーはニットデザイン、形などが様々あり幅広い着こなしやコーディネートができます。

カジュアルなアイテムですが、季節によって違う表情をみせ、ベージュチノパンツとの相性も抜群です。

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×杢チャコールパーカー×ブラック中綿ベスト×7分袖ホワイトカットソー

中綿ベストにグレーパーカーをレイヤードすると、シンプルなコーディネートもアクセントでき、オシャレに様変わりします。モノトーンでクールにまとめた上半身も、ベージュチノパンで柔らかい印象をプラスしています。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×ブラックパーカー×ネイビーメッシュニット

ネイビーメッシュニットとベージュチノパンを合わせた爽やかな組み合わせです。ブラックパーカーを羽織るとことで、一気に落ち着いた印象に変わります。フードからチラっと見えるチャック柄がアクセントとしてオシャレさをアップさせます。

主な着用アイテム

ベージュパンツコーデ例|ベージュチノパン×グレーニットパーカー

淡い杢グレーのニットパーカーとベージュチノパンの組み合わせ。一般的なパーカーに比べ、ニット素材のパーカーはより優しい雰囲気を作ります。

主な着用アイテム

まとめ

ベージュには濃い色とのコーディネートを主にして、
薄い色合いと合わせる場合は、

アクセントとなる濃い色合いのアイテムを散りばめる
バランスの取れたコーディネートに仕上がります。

流行り廃りのない定番アイテムだからこそ、
基本のカラーをマスターしてコーディネートを楽しんでください♪

おすすめのベージュパンツ

【一緒に読みたい記事】

新着講座
NEW

    人気講座
    PICK UP

    チェックしたアイテム

      講座 COURSE

      OTHER CONTENT