メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

デート服コーディネート

恋愛テクニック講座

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

スケートデートがおすすめな理由~冬のデートスポットと服装例

スケートデート

気になる女の子や彼女とのアイススケートデートで知っておきたい振る舞い方やおすすめの服装について詳しくご紹介します。
冬ならではのイベント、アイススケートはカップルで楽しむのはもちろんのこと気になっている女性との距離がぐっと近付くおすすめデートスポットでもあるんです。
東京で開催されるおすすめスケートリンクもご紹介するのでデート前にチェックして、スケートデートを成功させてくださいね!

♥冬のデートスポットで
「スケートデート」がおすすめな理由♥

(1)さりげなくスキンシップが出来る

さりげなく手をつないだり、こけそうな時に抱きしめてあげたりと、ドキドキするシチュエーションがとても多いスケート。 さりげないスキンシップで自然と2人の仲も深まるかも? 女の子の、転んだあと照れくさそうな表情をしたり、たまらなくかわいい表情も見れちゃうかもしれません♪

(2)会話に困らず、自然と盛り上がる。夜はイルミネーションに包まれロマンチックにデート♥

会話をしなくても、女の子の手を引いてあげたり、2人で競争したり、転んで沢山笑ったり。大人になっても意外と盛り上がります。 最近では、夜になるとイルミネーションが見えたりするスケート場も多くロマンチックなのもデートにはうってつけです。

(3)アピールできる場面が多い

すべり終わって寒がっている女の子に温かい飲み物を買ってあげたり、 スケートシューズの紐を結んであげたり、女の子のペースでゆっくりすべってあげたり、上手に滑られなくてもおもいっきり転んで 女の子を笑わせてあげるなど、女の子がキュンキュンするシチュエーションがスケートデートにはたくさんあるので、 女の子に「男らしさ」や「やさしさ」を自然とアピールする事ができます。

スケートデート中に
女の子がキュンとする振る舞い

01

スケートデートの「誘い方」

image
  • スケート場をリサーチする(夜にライトアップされる場所がより良い)
  • 「この間、友達が〇〇のスケート場に彼女と行ったみたいなんだけど、意外と楽しいらしいよw
    夜はライトアップされてイルミネーションもキレイなんだって!今度一緒に行ってみようよ(^○^)」と誘う
  • 当日は、スケートデートだけでなく、その後に食事をする提案もする

テレビや雑誌に載っていた・友達が行って良かったなどの第3者の情報があると、行ってみたいな♪と思う気持ちも高まるでしょう! イルミネーションも見れる場所となると、テンションが上がる女の子も多いです! 「スケート + イルミネーション = デート」という感じなので、スケートデートにOKもらった時点で脈ありの可能性も高いかもしれません♪ デートとなると特に女の子は服装に気をつかいます。万が一転倒した場合を考えるとひらひらしたスカートなどは危険です。当日いきなりスケートに行くのではなく、事前にスケートに行くことを伝えてあげましょう

image
image

02

スケートデートの「持ち物」

  • スケートをする時に必須の「手袋」
  • 汗を拭く「タオル」
  • 暖かいダウンジャケット

スケートは、「素手で滑る事」はタブーです。転んだタイミングで手を引かれてしまったらデートどころではありません!! 必ず手袋は持っていくようにしましょう!! 女の子に「手袋は持ってきてね」と事前に伝えておく事も忘れずにしましょう。 もし「手袋持っていないよ・・」と言ったらプレゼントしてあげてもいいかもしれませんね? スケートデートの思い出が形に残るのも女の子は嬉しいですよ!

image

03

スケートデートの「事前準備」

  • スケート場の営業時間・イルミネーションの点灯時間を確認
  • 駅からスケート場までの道を調べておく
  • 近場で食事できるお店を探しておく

夜になるとライトアップされるスケート場にいく場合は、事前に点灯の時間を確認をしておきましょう! 点灯される前にいって、ライトアップされる瞬間を一緒に観てもロマンチックかもしれませんね♪ また、スケート場は冷えるので、その後に食事に行くデートプランがオススメです。 その場合は事前にお店を探し予約しておくと「できる男の人だな・・・?」と女の子から好感度があがると思いますよ!

image

04

スケートデートの「待ち合わせ」

  • 分かりやすい待ち合わせ場所にする
  • 待ち合わせの時間設定は、余裕を持つ
  • 待ち合わせの時間・場所は2日前くらいには連絡しておく

待ち合わせの場所、時間は男性にスマートに決めて欲しいと思っている女の子が多いようです。 事前に調べておいたスケート場の営業時間・スケート場に一番近い駅の出口の場所などを考慮し、 女の子に、2日前くらいには連絡しておきましょう。 女の子は準備に時間がかかるため、待ち合わせ時間から逆算して起きる時間を決めたりしますので、 当日待ち合わせ時間を決める事は避けましょう。 せっかくのデートなら女の子はかわいく思われたいと念入りに時間をかけて楽しく準備したいものなんです♪

image

05

スケート場に着いたら

  • 受付をすまし、スケート靴のレンタルをする
  • スケート靴に履きかえる(女の子への気遣いも忘れずに)
  • ロッカーに荷物を預け、リンクへ

スケート場についたら、さっそく女の子がキュンキュンするポイントがあります。 スケート靴を持ってあげたり、なれないスケート靴を履く時に女の子がもたついてたら、 自然と女の子のスケート靴の紐を結んであげると「気の利く優しい人だな?」と感じます♪ ※もちろん、女の子が自分でスムーズに履けていたら、無理やりしないでくださいね! あくまでも「困っていたら自然と助けてあげる。」という事です。

image

06

スケートデートの楽しみ方

  • 女の子の手を引いてゆっくり滑る
  • 転んでも恥ずかしがらず、むしろそれを無邪気に楽しむ
  • 「少し休憩する?」とこまめに女の子を気遣う
  • だるまさんが転んだ・鬼ごっこなどをする
  • イルミネーションが点灯されたら無邪気な雰囲気から手をつないでロマンチックな雰囲気に

女の子のペースに合わせてゆっくり滑り、決して女の子をおいて、1人で勝手に滑りはじめるのはやめましょう!! 女の子の手を引いてリードしてあげれば女の子もキュンとする確率はすごく高いです。 普段手をつないで街中を歩くのは恥ずかしくても、スケートなら自然と手をつなげます。
手袋もつけているので、少し恥ずかしさも半減されると思うので、勇気を出してぜひ手を引いてあげてください(笑) 上手に滑られなくても、とにかく楽しみましょう♪イルミネーションが点灯したらロマンチックな空間もまた楽しんでください。

07

スケートに初めて行く場合の参考動画

(ユーチューブ動画)

image

08

スケートデートが終わったら

  • 食事に一緒に行く
  • 次に会う予定を決める
  • 駅の改札まで送る

スケートで冷えた体を温めに一緒に食事に行きましょう! 食事の時間にスケートをしている時の出来事を話したり、女の子に「楽しい1日だったな。また〇〇君に会いたいな・・・?」 と思ってもらえるように、最後まで女の子への気遣いを忘れない事が大切です。 食事中に「今度〇〇に行ってみない?」と次のデートに誘うと、今日のデートが楽しかった。という気持ちも 女の子に伝わり、いい雰囲気になると思いますよ!!!

女の子に聞きました♥
スケートデートで、男性にキュン♥とした瞬間

  • 1.スケート靴を履く時に、もたついていたら、さりげなくスケート靴の紐を結んでくれた♥
  • 2.転んだ時に手を差し伸べて起き上がらせてくれた♥
  • 3.手を引いてゆっくり滑ってくれて、ドキドキした♥
  • 4.転んでも無邪気に笑っていて、少年のようでかわいいかった♥
  • 5.こまめに「少し休憩する?」と気遣ってくれた♥

女の子に聞いちゃいました…
スケートデートで、男性に引いてしまった瞬間

  • 1.1人で滑り始め、放置された。
  • 2.周りの人の迷惑を考えずに、自慢げにスケートの技を披露し始めた。
  • 3.下心丸出しで、ボディタッチがやたらと多かった。

「スケートデート」で
女の子から印象のいいコーディネート

女の子から印象の良いコーディネート
GIRL'S COMMENT
スケートだからといって、スポーツやります!というようなファッションはやめましょう。 デートという事を考え、ニットソーとシャツを合わせてキレイめスタイルにし、保温性を考えダウンジャケットを合わせれば、 スケートデートにもぴったりなコーディネートになります。 ワインカラーのニットソーも男の色気を出してくれますよ♪

このコーデの詳細を見る

このコーデの詳細を見る

★他のイベントも見る★

  • ◇冬デートスポットおすすめ第1位 イルミネーションデート

  • ◇冬デートスポットおすすめ第2位 日帰り温泉(スパ・健康ランド)デート

★東京のおすすめスケートデートスポット★

≫PageTopに戻る

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT