友だち追加

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

コーディネート参考書

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッションカレッジ人気の講座

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

MENZ-SYLE特集

10月19日

メンズ中綿・ダウンジャケット秋冬の着こなしコーディネート

【中綿・ダウン】ジャケット羽織るだけでオシャレに魅せる着こなしポイントコーデ例

【中綿・ダウン】ジャケット羽織るだけでオシャレに魅せる着こなしポイントコーデ例
中綿・ダウンジャケット
を探す▲

メンズファッションで冬のアウターは、チェスターコート、モッズコート、MA-1が人気なようですね。
冬の定番アウターとしておすすめ人気アイテムの一つが「中綿・ダウンジャケット」です。
ダウンジャケットは「野暮ったく見えるからおしゃれに見えない」とお悩みの方に今回は、オススメの中綿・ダウンジャケットと着こなし方、の特徴や選ぶ際のポイント、相性の良いパンツなどを紹介します!!
中綿ジャケットを使ったコーディネート例もあるので是非、参考にしてくださいね♪

■目次

秋冬にオススメの中綿・ダウンジャケット
ダウンジャケットを着こなす為のポイント
【中綿・ダウン】ジャケットの着こなすコツと着こなし方
【中綿・ダウン】ジャケットを選ぶ際のポイント
【中綿・ダウン】ジャケットに合うオススメのインナー
【中綿・ダウン】ジャケットに合うオススメのパンツ
【中綿・ダウン】ジャケットオススメコーディネート

秋冬にオススメの中綿・ダウンジャケット

湿式PUレザーフード脱着中綿ジャケット

中綿ジャケット
湿式PUレザーフード脱着中綿ジャケット
を探す▲

【毎年即完売する伝説の人気ジャケットが今年も登場!!】

レザー特有のキメ細やかな質感・なめし具合・シボを忠実に再現したのが湿式PUレザー素材のジャケット。
PUレザーにありがちなピカピカした艶はなく、マットな質感を追求し、深みのある本革のような男らしい雰囲気で着こなせます。
びっしり中綿を詰めたことで極上の暖かさを作り出し、キルトステッチを施しているので、スマートに見せるデザインになっています。
フード、ファーは取り外し可能で3スタイルを簡単に作れます!

ー着こなしポイントー
着膨れしないスタイリッシュなアイテムなのでシャツとカーディガンなどのレイヤードスタイルを作るとジャケットのカッコ良さが引き立ちます。

ダイヤキルティングデザイン高機能中綿ジャケット

中綿ジャケット
ダイヤキルティングデザイン高機能中綿ジャケット
を探す▲

【シルエットの良さと暖かさを1つにした贅沢ジャケット】

「暖かさ」と「シルエット」を両立させているこちらのジャケット。
ダイヤキルティングデザインを施す事で中綿を詰めても着膨れしないスタイリッシュなシルエットを作ります!
ネック部分はボリュームがあるように作られており、またフードもジップでついていて着脱が可能!
それにより3WAYでの着こなしを楽しむ事が出来ます。

ー着こなしポイントー
シンプルなデザインなので色々なアイテムと相性が抜群です。
ニットやカーディガンなどの幅広いコーディネートをしましょう。

ダウンジャケットを着こなす為のポイント

ダウンジャケット
ダウンジャケット
を探す▲

ダウンジャケット」とはよく聞きますが、「中綿ジャケット」はあまり聞かない方も多いのでは。
総称して「ダウンジャケット」と呼ぶお店もあるようですが、実は違いがあります。
まず、ダウンジャケットはダウンフェザー(羽根毛、羽毛)を詰めた保温性に優れたジャケットを指します
中綿ジャケットはダウンフェザーの代わりにポリエステルなどが入っており、ダウンに比べ重いですが型崩れしにくいメリットがあります。
見た目ではあまり変わらない場合が多いので、メリットで選んでみると良いかも知れません。
オススメのカラーは【ブラック】と【ネイビー】表面がレザー調であれば【キャメル】【ダークブラウン】などもオススメです。

ダウンジャケットとはダウンフェザー(羽根毛や羽毛)を詰め物として使っている防寒着のことを指します。
1980年代ごろからダウンジャケットの流行が始まり、今では冬の防寒具として欠かせないアウターアイテムになっています。
近年では軽量化が進み、持ち運びができるシンプルなものが流行っています。
お次はダウンジャケットのポイントや特徴に触れていきましょう。

抜群の防寒性

抜群の防寒性

ダウンジャケットといえば『抜群の防寒性』。
中の詰め物であるダウン(水鳥の胸の羽根)やフェザー(水鳥の体を覆う羽根)が高い保湿性があることで防寒着として高いパフォーマンスを生み出してくれます。

どんなインナーでも合わせやすい

インナー
シャツ
を探す▲

基本的にダウンジャケットは無地が主流なのでインナーに合わせるシャツニットソーは無地はもちろん柄物でも合わせやすいのが最大のメリット。
素材も季節ごとにニットやカットソーなど変えてあげることでコーディネートの幅も広がります。

【中綿・ダウン】ジャケットの着こなすコツと着こなし方

中綿ジャケットを着こなすコツはなんでしょうか?
いくらジャケットがカッコよくても着こなしやコーディネートが合っていなかったらオシャレも半減、もしくはそれ以下になってしまいますよね。

中綿ジャケットをカッコよく着こなすポイントを見ていきましょう!

・フードの着こなしを使い分ける

フード、ファーが取り外し可能なこちらのジャケットは、フード有りでスタイリッシュに、フード無しで男らしく着こなすのがポイントです。

トップスにボリュームを持たせ、ボトムスを細めのラインで合わせるとY字のシルエットを作り、体のラインをキレイ見せるんです。

フードがある事で、上の方にボリュームが出来Y字のラインを作れることが分かります。

また、男らしく着こなす場合は、スタンド襟を生かすと顔周りをすっきりとさせてスマートに着こなせるんです。

フードがあるのに比べすっきりとしたシルエットになっているのが分かりますよね。

・ダブルジップは上下少し開ける

ジップがダブルジップになっている場合は、上下少しだけ開けて着こなすのがポイントです!

又は、ボリュームネックの場合は上を閉じて下だけ開けると小顔効果を作れてオシャレに着こせます!

上下を少しだけ開ける事で、インナーがチラ見せ出来てさり気なくレイヤードのオシャレ感を作れるのと、X字を描きウエストが絞れて見えるんです!

・パンツは細めのデザインを合わせる。

上でもご紹介しましたが、パンツを細めのアイテムと合わせると体にYラインを作り全体のシルエットを良く見せるんです!

パンツを細めのアイテムで合わせてしまうと、「トップスもボトムスもゆるめ」な印象になってしまい、着膨れしないシルエットも台無しです。

細めのパンツを合わせる事で、

トップス⇒ゆるめ
ボトムス⇒タイトめ

でYラインを作り体型がスリムに見えてスタイリッシュに着こなせるんです!

ダウンジャケットを選ぶ際のポイント

メンズ必見!ダウンジャケットコーデ
中綿・ダウンジャケット
を探す▲

サイズ感(シルエット)

中綿・ダウンジャケットはモコモコっとボリューミーなシルエットが特徴的なアイテム。
いくら防寒性が高いといっても上半身がボリューミーすぎてしまうと着膨れ感が目立ち残念なシルエットになってしまいます。

選ぶ時はオーバーサイズのものでなくご自身の着丈にピッタリと合うものを。

さらに軽量タイプのボリュームが少ないものを選んだり、 ボリューミーなタイプのものでもウエスト部分が絞りの効いているものもあるので、 なるべくシルエットがスタイリッシュなものを選ぶようにしましょう。

素材や生地

ダウンジャケットの生地や素材で主流なのはナイロンやウール、ツイードやポリエステル。

保温性の高いのはウールやカシミヤ。撥水性が高いのはナイロンやポリエステル。高級感のある素材はレザーやツイードなど生地ごとに様々な特徴があります。

冬場は特に雪や雨など水に濡れることがありますので撥水性に優れた素材を選ぶことがオススメです。

さらにたくさん着込みんでしまうことで汗もかきやすくなりますので通気性&撥水性の優れた素材を選ぶと良いでしょう。

軽さ

近年大流行している軽量化ダウンジャケット(ライトダウンジャケット)。

主にユニクロから出ているライトジャケットが一番知名度が高い商品ではないでしょうか。

ダウンジャケット=モコモコと言う常識を打ち崩し、薄くコンパクトでありながら保温性は保ち続ける優秀なアイテムです。

どうしてもダウンジャケットを長時間着ていると体が重く感じ肩こりなどストレスに感じることも。
なるべく軽量なものを選び体にストレスがかからないようにしましょう。

【中綿・ダウン】ジャケットに合うオススメのインナー

シャツ(無地・柄)

シャツ(無地・柄)
シャツ
を探す▲

相性のよいインナーとして人気のアイテムが、「シャツ」です。
特にベーシックな無地の白シャツや黒シャツなどはどんなジャケットの色合いとも相性も良く、簡単にキレイめな着こなしが作れます。
無地のシャツもいいですが、コーデのアクセントとしてデザイン性のある柄シャツも押さえておきましょう。
挿し色としてカジュアルなチェックシャツ、キレイめにまとめるならストライプシャツが良いでしょう。

ニット・セーター

ニット・セーター
ニット
を探す▲

秋冬のコーデを作る上で欠かせないインナーアイテムといえば「ニット」。
カットソーと違い、ニット生地の出す柔らかな雰囲気が季節感ある冬の着こなしに仕上げてくれます。
柔らかでカジュアルな印象にまとめるなら「クルーネック」のニットを、大人っぽく上品な印象にするならタートルネックニットがオススメです。

パーカー

パーカー
パーカー
を探す▲

ダウンジャケットとのレイヤードスタイルを作る上で欠かせないアイテムが「パーカー
インナーとの間に挟むだけで見た目のシンプルさから、カジュアルスタイルを作れます。
色付きのパーカーを挿し色として合わせる事でアクセントをつける着こなしもオススメです。

【中綿・ダウン】ジャケットに合うオススメのパンツ

【穿いたときのラインがキレイにでる『美脚』デザイン!】
ジップ付きストレッチテーパードカーゴパンツ



ゆったりしている印象のあるカーゴパンツですが、このパンツはちょっとだけ股上を浅く作り、テーパードシルエットに作られています。
脚長効果を演出し全体をスマートに魅せてくれます。
ストレッチ素材の生地を使用しているので、スッキリとしたシルエットながら、動きやすくストレスを感じない穿き心地になっているんです。
ポケットをフラップポケットにする事でちょっとしたアクセントに!
そこにジップデザインを入れる事でシャレ感や男らしさも演出してくれます♪

【迷ったらこのデニム!コーデがカッコよくキマる1本♪】
美シルエットテーパードストレッチデニムパンツ



腿の付け根周辺にできる筋状のシワや腿の色落ち、膝の裏側のシワを人為的に施すことで ヴィンテージ感を演出! 味のあるデニムならではのカッコよさを作り出しています!
程よいヴィンテージ感が「カッコ良さ」「男らしさ」「シャレ感」を作りコーディネートをカッコ良く仕上げます。

【シルエット抜群!!大人オシャレが手に入る頼れる1本♪】
美脚シルエットスキニ―パンツ



抜群のシルエットを誇る大人オシャレを演出してくれるパンツに仕上がってます。
これがあれば「大人っぽくて素敵♪」「オシャレだよね!」
なんて言葉を女の子からもらえちゃいますよ!

【中綿・ダウン】ジャケットのおすすめコーディネート

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|キャメルダウンジャケット×ニットソー×シャツ×ストレッチデニム

キャメルのダウンジャケットにストライプデザインのワインカラーのニットソーを合わせた秋冬にぴったりのコーディネート。ちょっと甘めのキャメルカラーがコーディネートのアクセントに。
首元から見える白のシャツで抜け感を演出しました。

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|キャメルダウンジャケット×スタンドニット×シャツ×カーゴパンツ

キャメルのダウンジャケットに男らしさ漂うスタンドニットを合わせたコーディネート。フード+スタンドニット+シャツのボリューミーな首元が男らしさをググッと引き立たせてくれます。
カーキのカーゴパンツでカジュアルさをプラスしました。

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|キャメルダウンジャケット×チェックシャツ×カーゴパンツ

キャメルのダウンジャケットに明るい色合いのチェックシャツを合わせた冬のカジュアルコーディネート。ボトムスはカーキのカーゴパンツをチョイスし、男らしさをプラスしました。

中綿ジャケット×ニットソー×カーゴパンツ

ネイビーの中綿ジャケットに同系色のニットをインナーに合わせてトップスに統一感を作るコーディネート。 ボトムスに細めのカーゴパンツを合わせる事で男らしくまとめます。

中綿ジャケット×チェックシャツ×ブラックパンツ

キャメルのアウターに暗めの色合いであるブルーのチェックシャツとボトムスにブラックのパンツを合わせて、落ち着いた雰囲気でまとめました。足元にも暗めのシューズを合わせる事で大人っぽく着こなせます!

中綿ジャケット×チェックシャツ×デニム

ネイビーのジャケットにデニムを合わせたカジュアルな着こなし。赤のチェックシャツが同系色の着こなしの中のアクセントになるんです!足元にはショートブーツを合わせる事で男らしさがプラスされます!

中綿ジャケット×スタンドニット×チェックシャツ×デニム

ダークブラウンとカーキのカーゴパンツを合わせて同系色に統一したコーディネート。インナーにスタンドニットを合わせると男らしくまとまります。さり気なく見えるインナーのチェックシャツが重ね着のオシャレ感を作ってくれるんです。

中綿ジャケット×スタンドニット×白カットソー×デニム

グレーの中綿ジャケットに薄いブラックのパンツを合わせた同系色の着こなし。インナーのワインニットがコーディネートのアクセントになり、大人っぽく着こなせます。さり気なく見える白のカットソーが爽やかさをプラスさせます!

中綿ジャケット×スタンドニット×黒カットソー×デニム

キャメルの中綿ジャケットにデニムを合わせたカジュアルな着こなし。インナーにスタンドニットを合わせると男らしさがプラスされます!

中綿ジャケット×カーディガン×白シャツ×チノ

中綿ジャケットに白シャツを合わせたキレカジミックスな着こなし。ボトムスにチノを合わせると大人っぽさがプラスされます。ベースはキレイめのコーディネートに中綿ジャケットを合わせる事で、程よくカジュアル感がプラスされるんです!

中綿ジャケット×カーディガン×チェックシャツ×カーゴパンツ

ブラックの中綿ジャケットにカーゴパンツを合わせた男らしい着こなし。インナーにチェックシャツとカーディガンを合わせる事で、カジュアル感と大人っぽさをプラスします。レザーのバッグなど小物に革アイテムを合わせると男らしくまとまるんです。

中綿ジャケット×ニットソー×カーゴパンツ

中綿ジャケットにざっくりと編まれたニットを合わせたラフな着こなし。ボトムスにはカーゴパンツを合わせると男らしくまとまります。

中綿ジャケット×ニットソー×白シャツ×カーゴパンツ

中綿ジャケットにデニムを合わせたカジュアルな着こなし。インナーにワインのニットを合わせると落ち着いた雰囲気を作ります。さりげなく見える白シャツが大人っぽさをプラスします。

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|チャコールグレーダウンジャケット×青チェックシャツ×黒スキニ―パンツ

カジュアルな着こなしとしてダウンジャケットとチェックシャツを合わせました。 落ち着いた雰囲気が、男らしい印象を作ってくれるんです♪ スッキリとしたシルエットのパンツと合わせると、全体のバランスがまとまったコーディネートに!

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|グレーダウンジャケット×チェックシャツ×黒スキニーパンツ

ミックスツイードのダウンジャケットにブルーのチェックシャツを合わせた冬のアメカジスタイル。ツイードのダウンジャケットが個性的な印象に。
ダウンジャケットのボトムスにぴったりな黒スキニーを合わせスタイリッシュにキメました。

ダウンジャケット・コートのメンズ冬コーデ例|グレーチャコールダウンジャケット×グラデニット×シャツ×チノパンツ

ウールのダウンジャケットにグラデニットと2枚襟のシャツを合わせ首元がボリューミーになり男らしい印象に。
ダウンジャケットはボリュームネックになっているので前を閉じるとマフラーいらずで防寒性に優れています。冬にオススメのダウンジャケットコーディネートです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬のオススメのジャケットは「中綿・ダウンジャケット」
防寒性抜群なうえに着膨れしないデザインなのでスタイリッシュに着こなせるんです。

コーディネートはボトムスに細めのパンツを合わせて、Y字のラインを作るとスタイルが良く見えます!

是非、冬ジャケットを着こなす参考にしてくださいね!

【関連記事】

公式LINE@にお友達登録してお得な情報を手に入れよう!

オシャレなコーデが【簡単・お得】に揃う

恋愛テクニック講座&デート場所別コーデ

講座 COURSE

OTHER CONTENT