メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

11月14日

【Lesson5-10】格好よく見えるカーディガンの着こなしの注意点

格好よく見えるカーディガンの着こなしの注意点

格好よく見えるカーディガンの着こなしの注意点
メンズカーディガン
を探す▲

シンプルな襟のないノーカラーカーディガンを中心に、
カーディガンをかっこよく着るための注意点を見ていきます。

シャツやTシャツの上に羽織ったり、ジャケットなどアウターの下に着たりと
何かと使い勝手のいいカーディガン

皆さんはカーディガンを正しく着られていますか?
先生コメント

カーディガンの襟の形による種類

ノーカラーとは襟がないこと。
カーディガンは襟のデザインによっても印象が変わります。

先生コメント

カーディガンの襟の形による種類
ノーカラー/ショールカラー/スタンドカラー カーディガン

男性コメント

カーディガンはたくさん種類があって着こなしが大変そうだなぁ…

カーディガンは襟の種類だけでなく、ニットなど生地の織り方、糸の種類、サイズ感、
色柄などとても種類が豊富なアイテムです。

でも着こなしの注意点はそれほど多くないから、まずはシンプルなグレーのノーカラーカーディガンを見てみましょう。

先生コメント

カーディガンの襟の形による種類
着用:ダブルライン刺繍入りカーディガン

よくあるカーディガンの着こなしの失敗例とカッコいい着こなしの直し方

カーディガンの着こなしで一番の注意点は襟の形です。

カーディガンの印象として、カジュアルなパーカーより
襟のあるテーラードジャケットに近く
キレイめで清潔感を持ち合わせているアイテム。

まずはキレイに着こなせるように注意して着てみましょう。

よくあるカーディガンの着こなしの失敗例とカッコいい着こなしの直し方
人気のカーディガン
をチェックする▲

女性コメント

同じカーディガンを着ているのに全然違う…なんでこんなに違いが出るんでしょう?

カーディガンを着るシーンを最初から見ながら、注意すべきポイントを探ってみましょう!

先生コメント

カーディガンを正しく着るポイント

①カーディガンに片腕を通す。無理せず片腕ずつ通しましょう。
カーディガンを正しく着るポイント

②もう片方の腕をカーディガンに通す。
カーディガンを正しく着るポイント

③カーディガンを肩で着る。
カーディガンを正しく着るポイント

④カーディガンのボタンを留める
カーディガンを正しく着るポイント

女性コメント

わー!ストップストップ!!!
先生、ボタンを留める前からもう着崩れちゃってます!!

その通り!カーディガンをキレイに着こなすには袖を通した後に“しっかり肩を合わせる”事が大切なんです。

先生コメント

もう一度、カーディガンの袖を通したところから見てみましょう。

▼正解の着方はこちら

③カーディガンを肩で着るように、袖や肩をしっかり通す。
袖をだぶつかせない。
カーディガンを正しく着るポイント

④カーディガンを肩に合わせ、しっかり着る。
カーディガンを正しく着るポイント
カーディガンを正しく着るポイント
カーディガンを正しく着るポイント

完成!
カーディガンを正しく着るポイント

良い例は綺麗にバランスよく着こなせていますが、
悪い例は襟のラインが崩れ、腕先がだぶついてしまっています。

悪い例は横から見るとカーディガンの前身頃が背中側に引っ張られ斜めになってしまっています。
カーディガンを正しく着るポイント

悪い例は後ろから見るとカーディガンの前身頃が背中側に引っ張られ、崩れてだらしなく見えます。
カーディガンを正しく着るポイント

女性コメント

カーディガンは着る時に崩れやすいんですね、気を付けます!

カーディガンの前開けスタイルはシルエットに気を付ける

カーディガンは前のボタンを留めた着こなしだけでなく
ボタンを開けた着こなしも出来ます。

ボタンを留めた時に比べてラフな印象になり、
かっこよさもありますが着崩れしやすい点も。

カーディガンの前身頃がめくりあがらないように注意しましょう!

先生コメント

カーディガンの前開けスタイルはシルエットに気を付ける

着崩れしやすい前開けスタイルもキレイな着こなしが出来るよう
襟のXのラインを意識して左右のバランスをとりましょう。
カーディガンの前開けスタイルはシルエットに気を付ける

前閉じのスタイルもカーディガンの裾を少し開けると
くびれが強調されスタイルよく見える。

カーディガンの襟と裾でXのラインを作るとくびれが強調されます。
カーディガンをスタイル良く着るコツ

裾までしっかり閉じたスタイルは少し窮屈そうに見えるので
下のボタンを外して裾を開けてスッキリ着こなしましょう。
カーディガンをスタイル良く着るコツ

男性コメント

カーディガンの裾をちょっと開けたスタイルの方が、着こなしてるって感じのオシャレな雰囲気がありますね!

女性コメント

前回のパーカーと同じように裾が開く事で綺麗なシルエットになるんですね!

ちょっとした工夫だけれど、これだけでスタイルが良く見えるんだから嬉しいですよね!

先生コメント

▼おすすめのメンズカーディガン

  • ダブルライン刺繍入りカーディガン
  • スタンドカラーニット
  • アラン編みトリコロールショールカラーカーディガン

次の授業へ進む▶
【Lesson5-11】正しい着こなしで清潔感を身に付ける【実践編】

◀前の授業に戻る
【Lesson5-9】格好よく見えるパーカーの着こなしの注意点

このLessonで学べる内容をチェック!

【Lesson5】外さないコーディネートのための正しい着こなし

【Lesson5-1】外さないコーディネートのための正しい着こなし 着こなしとコーディネートの違い

【Lesson5-2】テーラードジャケットの着こなしの注意点 よくある残念な着こなし例を正しい着こなしに整え、格好良く見せる

【Lesson5-3】格好の良いテーラードジャケットの着こなし 格好の良い袖まくり・腕まくり・ロールアップ

【Lesson5-4】色々な素材のテーラードジャケットの着こなし 袖まくり・腕まくり・ロールアップの着こなしが似合うジャケット

【Lesson5-5】様々な形ジャケットの着こなしの注意点 5分袖7分袖・半端袖ジャケット

【Lesson5-6】様々なジャケット形の着こなしの注意点 イタリアンカラージャケット チェスターコート トレンチコート ピーコート

【Lesson5-7】格好よく見えるシャツの着こなしの注意点① ホワイト・白シャツの清潔感はどうやって出す?

【Lesson5-8】格好よく見えるシャツの着こなしの注意点② Tシャツと合わせてよいシャツ・いけないシャツ 首元から見えるインナー・透けるインナー

【Lesson5-9】格好よく見えるパーカーの着こなしの注意点

【Lesson5-10】格好よく見えるカーディガンの着こなしの注意点

【Lesson5-11】正しい着こなしで清潔感を身に付ける【実践編】

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT