30代メンズファッション

40代メンズファッション

50代メンズファッション

20代メンズファッション

メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

デート服コーディネート

恋愛テクニック講座

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

メンズ半袖ジャケット 30代40代が似合う業界トップクラス【30種類以上】のジャケット

メンズ半袖ジャケット、アウターは業界トップクラスの品揃え!

大人の雰囲気を漂わせる半袖ジャケットの着こなし方
「半袖ジャケットメンズ一覧」はこちら

この記事を最後まで読むと…
おすすめの半袖ジャケットを紹介
大人の雰囲気漂う着こなしがわかる
キレイめとカジュアルの組み合わせがわかる

半袖ジャケット&アウター

半袖ジャケット&アウターを使った全身コーデSET

大人の雰囲気が漂う半袖ジャケットの着こなし方やコーディネートを紹介します。
Tシャツ1枚では肌寒く、長袖ジャケットでは暑かったりと服装選びが難しい時期には半袖ジャケットがおすすめです。

「大人のファッションカレッジ」担任のりぃです。
女性に褒められる半袖ジャケットの着こなしのコツを見ていきましょう。

先生コメント
担任:りぃ

女性に褒められる半袖ジャケットの着こなし方

女性に褒められる半袖ジャケットの着こなし方でポイントなのが「キレイめとカジュアルのバランス」です。

袖幅を細くすることで大人っぽい印象を作ったり、
半袖ジャケットに合わせるインナーでバランスを取りましょう。

キレイめアイテムとカジュアルなアイテムを上手に組み合わせるのがポイントですね♪

先生コメント
副担任:ゆうみ

生徒コメント
教育実習生:ともや

キレイめとカジュアルの組み合わせは難しそうだな…

袖幅を細くすることで大人っぽい印象を作る

袖をロールアップすることは、オシャレに見えるだけでなく大人っぽい印象を与えるために重要なポイントです。

袖幅を細くすることで大人っぽい印象を作る

半袖の袖が大きい(広い)と腕と袖の間に隙間ができてしまい、
腕が細く見えるので子供っぽい印象を与えてしまいます。

袖をロールアップして腕の太さと合わせると腕をたくましく見せる事ができるため男らしい雰囲気も作れます。

先生コメント

ロールアップする時の注意点

ロールアップするときの注意点は「袖の長さ」です。

半袖ジャケットには袖の裏にデザインがあるものも多くあります。

半袖ジャケットをロールアップする時の注意点

袖裏にデザインがあるからといって、すべて見えるように折り返すと野暮ったい印象になってしまいます。
ロールアップするときは、袖の半分くらいを折りさりげなく見せる事がポイントです。

半袖ジャケットをロールアップする時の注意点

生徒コメント

半袖ジャケットをロールアップすることでカジュアル感を演出できますね。

様々な形ジャケットの着こなしの注意点
様々な形ジャケットの着こなしの注意点ロールアップについて詳しくはコチラ△

カジュアル感を演出する半袖ジャケット

半袖ジャケットのインナーは何を着るの?

生徒コメント

でも合わせるアイテムでコーディネートのバランスも変わるんじゃないかな?

ともやくん。キレイめとカジュアルのバランスを崩さない為にも半袖ジャケットと合わせるインナーはカットソーがおすすめなの。

先生コメント

ジャケットのインナーといえば「シャツ」の印象があると思いますが襟やボタンがあるとフォーマルな固い印象になります。

半袖ジャケットのインナーは何を着るの?

カットソーを合わせることでカジュアルな雰囲気を作りやすく、首元の露出が増えるのでスッキリとした印象を作ります。
シャツに比べて気軽に合わせやすくカットソーは種類が豊富なので幅広いコーディネートが楽しめます。

半袖ジャケットに合わせやすいカットソー(Tシャツ)

女性に褒められる半袖ジャケットコーディネートの作り方

モノトーンを中心に組むとコーデが上手に見えます。
まずはコチラの図を見てみましょう。

先生コメント

半袖ジャケットのコーデに合わせやすい色

「原色」である「青色」をどんどん薄くすると、「パステルブルー色」になり「白色」になります。
「原色」である「青色」をどんどん濃くすると、「ネイビー色」になり「黒色」になります。

原色から離れれば離れるほど、「合わせやすい色」になります。

コーデに合わせやすい色

なので、原色から一番遠いモノトーンは合わせやすくなります。
モノトーンは別名「無彩色(むさいしょく」と言い、書いて文字のごとく「色がついていない」という意味です。

「(原色から)遠くなる」=「色がついてなくなる」=「合わせやすい」

なので、モノトーンは「他の色」と合わせやすいんですね。
まずはモノトーン色を使ったコーデをオススメします。

【モノトーン(白、グレー、黒)「だけ」のサマージャケットコーデ】

モノトーン+「1色」のコーデを作る

モノトーン「だけ」になってしまうと、少し暗くなりすぎる事も。
モノトーンは「中心」にして、モノトーン+「1色」のコーディネートにしましょう。

「アウター」と「インナー」・「トップス」と「ボトム」の色の組み合わせ方によって変化が起きます。

ネイビー、グレー、ブラック、ホワイト、ベージュ」はベーシックな合わせやすい色です。

どこかに「濃い色」をいれる

コーディネートのどこかに「濃い色」を入れると全体にメリハリがついてバランスの良いコーデができます。

半袖ジャケットコーデのコツ

ジャケットを黒色(濃い色)に変えるだけでメリハリがつきますね。

半袖ジャケットコーデ例

素材の選び方

素材の選び方

4月後半から梅雨明けの時期、9月から10月中旬など気温のアップダウンが激しい季節の節目になると、服装やコーディネートに悩みますよね。

半袖ジャケットは麻や鹿の子素材を使ったものが多く、
薄手で柔らかく通気性に優れているので快適に過ごせるので一枚もっておくと便利です。

おすすめの半袖ジャケット

まとめ

女性に褒められる着こなしは、「キレイめとカジュアルのバランス」です。

袖幅を細くすることで大人っぽい印象を作ったり、
半袖ジャケットに合わせるインナーでバランスを取りましょう。

半袖ジャケットはサッと羽織れてオシャレな所もポイントなので服装に迷ったら是非、挑戦してみてください♪ 先生コメント

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT