友だち追加

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

コーディネート参考書

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッションカレッジ人気の講座

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

MENZ-SYLE特集

02月09日

【メンズ】細身のパンツで作る大人のファッション 春夏秋冬コーデ・着こなし

メンズ必見!細身のパンツのおすすめとコーデ・着こなし例

細身のパンツ
人気のメンズパンツ
を探す▲

メンズコーデを大人かっこよく着こなす、細身のパンツについて紹介します。
コーデ自体は悪くないのになぜかかっこよくキマらない…
そんな時はパンツを細身のパンツにチェンジしてみてください。
全く同じファッションでも、かっこよさが大きく変わるはずです。

足が気になって細いパンツは穿けない…そんな人も大丈夫!
細身パンツ(スリムパンツ)の種類、太って見えないサイズ感・選び方は?など詳しく見ていきましょう。

■目次

細身のパンツでこんなに変わる!
 └細身パンツの種類
細身パンツの選び方のポイント
メンズにおすすめの細身パンツ
 └定番の黒(ブラック)パンツ
 └爽やかに見える白パンツ
 └挑戦したいカラーパンツ
【色・季節別】細身のパンツおすすめコーデ・着こなし例
 └【黒・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート
 └【黒・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート
 └【白・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート
 └【白・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート
 └【カラー・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート
 └【カラー・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート
細身のパンツに合う靴とは?

細身のパンツでこんなに変わる!

この間街で見かけた男の人のファッションが格好良くてマネしてみたんですが、何かしっくりこないと言うか格好良く見えなかったんですよね…!

どんなファッションだったの??

ジージャンの下に白のカットソーを着ていて、パンツは黒のパンツだったよ!
すごいシンプルなんだけど、手持ちの洋服でマネしてみたら何か違ったんだよね。

ともやくん、もしかしたらそれはパンツを変えると解決するかも知れませんよ♪

どちらも黒のパンツですが、左は少し太めで右は細身のシルエットなのが分かりますね。
この違いを全身のコーディネートで見てみると…


黒パンツ
を探す▲

まさにこれです!!街で見かけた人は右のコーデみたいにスタイル良くキマってました!
ボクは何かだらしないというか…パンツの細さの違いだったんですね!!

細身のパンツにするとこんなに雰囲気が変わるんですね!何だか大人な感じがするしかっこいい♪
清潔感もありますね!

細身のシルエットは大人のかっこよさを作る事ができる

ゆったりしたシルエットはカジュアル度が高くなりがち。
アイテム自体はカジュアルでも細身シルエットだとキレイめ要素が加わります。
まりちゃんも言っていたように右のコーデは清潔感も感じられますよね。

カジュアルファッションも素敵ですが、カジュアル度が高いと子供っぽく見えてしまいがち。
出来れば30代からはキレイめ要素もプラスした大人らしいファッションがしたいですね!

細身パンツの種類

細身のパンツってスキニーパンツの事ですか??

定番人気なのはスキニーパンツですね!
他にも、見た目が似ているパンツでテーパードパンツもあります。

(左)スキニーパンツ

スキニーパンツのスキニー(skinny)とは痩せている、骨と皮、という意味があります。
その名の通り細身のパンツで、足にぴったりとフィットします。
スキニーパンツは脚のラインがはっきりと分かるシルエットが特徴です。

(右)テーパードパンツ

テーパードパンツのテーパード((Tapered)とは次第に細くなっていく、という意味で裾に向かって細くなっているのが特徴です。
太もも辺りはややゆったりとしたシルエットなので太ももががっちりとした体形の人でも挑戦しやすいパンツです。

こうやって比べて見ると違いが分かりやすいですね!

ブーツカットパンツも細身に作られたパンツです♪


ブーツカットパンツ
を探す▲

細身のパンツって言っても色々あるんですね~!

この中で一番細身なのはスキニーパンツですが、細すぎると若々しいイメージがあり10代や20代前半の方が似合うアイテムになるので適度な細さのパンツを選びたいですね!

●足が太くて細身のパンツは穿けない…そんな人はこちらもあわせてチェック♪
足が太いと悩む男性へ スッキリ見せてパンツをかっこよく着こなすコツ

細身パンツの選び方のポイント

でも細身のパンツってスラっとしてる人が似合うイメージ…

脚の形や太さを強調しちゃう気がしてゆったりしたパンツを選びがちだったりしますよね。
どうやって選べばいいんだろう??

確かに、太ももやふくらはぎがパツパツに見えるのは避けたいし逆に足が細すぎる人も脚の細さをより強調してしまうからメンズファッションにおいては注意が必要ですね。
今回は特に細身のスキニーパンツをピックアップして、選び方を見ていきましょう!

【1】タイトすぎないサイズ感

ぴったりすぎるサイズのスキニーパンツを選ぶとどうしても脚の形や太さを強調してしまうので、穿いた時に窮屈すぎない(着脱ぎが大変ではない)、ややゆとりを感じるサイズ感を選ぶと良いでしょう。
ゆとりがありすぎるとスキニーパンツの良さが半減してしまうのでサイズ感には注意です。

【2】ストレッチが効いているか

ストレッチ(伸縮性)が効いていると、靴ヒモを結んだり座ったりした時に感じる窮屈感が無いのでストレスを感じずにスキニーパンツを楽しめます。
また、ストレッチが効いていればやや窮屈なサイズ感のスキニーパンツでも脚に程よくフィットして脚のラインをキレイに見せる事が出来ます。

スキニーパンツを探す

細身のパンツがいろんなコーディネートに使えるからと言って、穿き心地が悪いパンツを穿くのはストレスですよね。
皆さんもお気に入りの一着を見つけてください♪

メンズにおすすめの細身パンツ

たくさん種類がある細身のパンツ(スリムパンツ)の中でも、どんなコーディネートにも合わせやすくて人気・定番といえば黒のパンツです。
次はカラー別に特徴を見ていきましょう!

定番の黒(ブラック)パンツ


黒パンツ
を探す▲

黒(ブラック)のパンツは無彩色なので多くの色(カラー)やアイテムと相性が良く、トップスに何色を選んでもコーディネートが上手くまとまる万能アイテムです。
黒パンツはカジュアル、キレイめ、スタイリッシュなど様々なスタイルに対応可能です。
また、黒は収縮色なのでパンツの細身のシルエットと相まって全体を引き締まった印象にしてくれる効果もあります。

爽やかに見える白パンツ


白パンツ
を探す▲

白(ホワイト)パンツは黒(ブラック)のパンツと同様に無彩色なので多くの色やアイテムと相性が良く一年中活躍するカラーパンツです。
一方で、収縮色の黒とは反対に白は膨張色のため着る勇気が出ない、存在感が強くて似合わなそう、と避けている方も多いかと思います。
コーディネートに明るさをプラスし、白ならではの爽やかさや上品さを演出できる白パンツは是非挑戦してみてほしいアイテムです。

挑戦したいカラーパンツ

定番の黒パンツ、爽やかに見える白パンツの次はカラーパンツです。
おそらく白パンツ以上にハードルが高いと感じる人が多いアイテムですが、モノトーンなどベーシックなスタイルにカラーを取り入れると意外にもよく馴染みます。
季節に応じて色を取り入れることで新鮮さを出したり、コーディネートを華やかにしてくれるので是非挑戦したいパンツです。

色によっても見え方が変わってくるんですね~!

定番の黒パンツを一本は持っておいて、気分を変えたい時に白パンツやカラーパンツに挑戦してみるのも良いですね♪

たくさんある細身のパンツの中でも、特におすすめしたいパンツはこちら!

美脚シルエットパンツ



ヘリンボーン美シルエットストレッチパンツ



ヒゲ加工ストレッチデニムパンツ



3ジップブーツカットストレッチチノパンツ



【色・季節別】細身のパンツおすすめコーデ・着こなし例

最後に、細身パンツのコーディネートと着こなし例を色・季節別に見ていきましょう!

【黒・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート

黒(ブラック)パンツ×杢チャコールニットソー×ホワイトカットソー

ゆったりめのニットとのシンプルコーデがキマるのもボトムスが黒パンツだからこそ。
首元からチラ見せしたカットソー(Tシャツ)でレイヤード(重ね着)スタイルを作り、オシャレ度もアップです。

黒(ブラック)パンツ×グラデーションニット

シルエットがキレイなニット×シルエットがキレイな黒パンツでスタイルアップを狙ったコーデです。
足元はス二ーカーでも合いますが、大人っぽいシューズを合わせたのでシンプルだけどどこか高級感のあるコーデに。

黒(ブラック)パンツ×黒テーラードジャケット×グラデーションニットソー

パンツとジャケットを黒で合わせたモノトーンコーディネートです。グラデーションがおしゃれなインナーのニットソーも黒なので統一感があります。
襟元には白のシャツを覗かせ、明るさをプラスしました。

黒(ブラック)パンツ×デニムジャケット(ジージャン)×グレーパーカー

黒パンツにデニムジャケット、インナーにロゴ入りのグレーパーカーを合わせたカジュアルなコーディネートです。
デニムのネイビー以外はモノトーンなのでロゴが入っていてもシンプルにまとまっていますね。

黒(ブラック)パンツ×グレーショールカラーカーディガン×ホワイトカットソー

グレーのショールカラーカーディガンとホワイトのカットソーを合わせたシンプルなカーディガンスタイルです。着流しのカーディガンがオシャレですね。

黒(ブラック)パンツ×デニムシャツ×ホワイトカットソー

黒はネイビー系の色合いとも好相性です。インディゴカラーのデニムシャツの男らしさを引き出します。

黒(ブラック)パンツ×ネイビーシャツ

シンプルなネイビーシャツと黒パンツのコーディネートです。最も基本的に押さえておくべきカラーの組み合わせとアイテムと言えます。

黒(ブラック)パンツ×ブルーストライプシャツ

先の細かいブルーのストライプシャツは遠目に淡い色合いに。グレーに近い色合いになるので黒パンツとも好相性です。

黒(ブラック)パンツ×デニムシャツ×ホワイトカットソー

爽やかなサックスのデニムシャツと黒パンツの組み合わせはクールな印象を作ります。黒はサックスなど膨張しやすい淡いカラーをスマートに引き締めてくれます。

黒(ブラック)パンツ×ホワイトカットソー

黒パンツとホワイトカットソーの最もシンプルなコーディネートです。シンプルなだけにシルエットにこだわってアイテムを選びましょう。

黒(ブラック)パンツ×グレーカットソー

先程と同様にとてもシンプルなコーディネートですが、杢柄のグレーが大人っぽさを演出しています。

黒(ブラック)パンツ×麻混ネイビーシャツ×ボーダーカットソー

ネイビーカラーと素材が涼しげな麻混シャツとボーダーカットソーを合わせ爽やかなコーディネートです。黒パンツの引き締め効果ですっきりと。

黒(ブラック)パンツ×パステルピンクシャツ×ボーダーカットソー

黒はパステルピンクとも好相性です。意外性のある組み合わせは女の子の評価も高く、ここでも黒の収縮効果がスタイリッシュな印象を作ります。

【黒・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート

黒(ブラック)パンツ×杢チャコールパーカー×ホワイトカットソー×ワインシューズ

杢チャコールのパーカー、ホワイトのカットソー(Tシャツ)、黒のパンツで作ったモノトーンコーデに差し色でワインカラーのシューズを合わせました。
カジュアル度が強くなりすぎてしまいがちな組み合わせも、おしゃれなラフスタイルに格上げです。

黒(ブラック)パンツ×デニムジャケット×グレーニット

デニムジャケットは黒パーカーと黒パンツでメリハリをつけると、秋らしいコーディネートにまとまります。
インナーには明るいトーンのグレーニットを合わせて落ち着きのある雰囲気をプラスしました。

黒(ブラック)パンツ×ワインレッド(ボルドー)ニットソー

黒パンツとワインレッドのニットソーのコーディネートです。
細身のニットソーが作るシルエットと大人っぽいワインレッドのカラーがセクシーな印象に。

黒(ブラック)パンツ×杢ブラックニットソー

黒パンツと同色の杢ブラックのVネックのリブ編みニットソーを合わせました。
リブ編みによってスリムなシルエットのニットソーなので、細身のパンツとの相乗効果でスタイルアップが期待できます。

黒(ブラック)パンツ×ボーダーカットソー

ボーダーはピッチ(幅)が太いとカジュアルな印象が強く、ピッチが細かいとカジュアルな印象が弱まります。
比較的細めのピッチで複数の太さが入り混じったカットソーはシンプルなボーダーに比べて変化がありセンスが高い印象です。

黒(ブラック)パンツ×赤チェックシャツ×ホワイトカットソー

赤チェックシャツも黒とは好相性です。インナーにホワイトをつかうことで明るさも十分取り入れられています。

黒(ブラック)パンツ×カーキミリタリーシャツ×黒ジャガードカットソー

黒パンツとカーキのミリタリーシャツを合わせた男らしいコーディネートです。
ミリタリーシャツはフード付きでカジュアルに。インナーもジャガード柄で変化を付けています。

黒(ブラック)パンツ×カーキミリタリーシャツ×ボーダーニット

全体的にモノトーンでまとめたコーディネートです。カーキのミリタリーシャツを羽織りカジュアルさと男らしさをプラスしました。

黒(ブラック)パンツ×イタリアンカラーデニムジャケット×グラデーションニット×ホワイトシャツ

イタリアンカラーが上品なジージャンに合わせてドレス要素のシャツをインナーに使いました。
アウターなど面積が広いアイテムが目立つカラーの場合、合わせるアイテムは色を抑えめにしてバランスを取りましょう。
一見難しそうなジャケットもボトムスが黒の細身パンツなら合わせやすいですね。

黒(ブラック)パンツ×杢ブラックニットパーカー

トグルボタンデザインが可愛いダッフル風のニットパーカーはグレーのようにも見える杢ブラックなので同系色のコーディネートでも重たく見えません。

黒(ブラック)パンツ×ダウンジャケット×青チェックシャツ×ホワイトカットソー

地味に見えがちなグレーのダウンジャケットですが、インナーの青チェックシャツで色味をプラスし足元を同じグレーのブーツでまとめました。
ボリューミーなダウンジャケットでも細身の黒パンツを穿くことですっきりとバランスよく仕上がっています。

黒(ブラック)パンツ×ネイビーダウンジャケット×ライトグレータートルネックニット

ネイビーのウール混ダウンジャケットと黒パンツを合わせたコーディネートです。
全体的に暗くなりがちですがトーンの違うグレーのニットを混ぜることで落ち着いたオシャレな雰囲気にまとまります。

黒(ブラック)パンツ×キャメル中綿ジャケット×黒スタンドカラーニット×ホワイトシャツ

中綿ジャケットのようなボリューム感のあるアウターも、パンツが黒で収縮色を使えばスリムでスタイリッシュな印象になります。

黒(ブラック)パンツ×グレーウールコート×黒タートルネック

黒タートルネック×黒パンツでおしゃれなワントーンカラーを演出しています。
そこにグレーのアウターを羽織る事でアクセントをつけて洗練された大人の雰囲気をプラスします。
赤(レッド)の配色が可愛いマフラーもポイントです。マフラーやストールは防寒だけではなくコーデにポイントを作る事が出来ます。

【白・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート

白(ホワイト)パンツ×黒スタンドカラーニット×赤チェックシャツ

白×黒でメリハリをつけたコーディネートは、スタンドカラーニットをトップスにあわせる事で優しい雰囲気に仕上がります。
赤チェックシャツを首元と裾からチラ見せすることで、差し色として華やかさを演出します。

白(ホワイト)パンツ×黒シャツ×ボーダーカットソー

白パンツに七分袖の黒シャツを合わせてきれいめなコーデにまとめています。
そこにボーダーカットソーを合わせるとマリンテイストがプラスされて、程よくドレスダウンしてくれます。

白(ホワイト)パンツ×黒ポロシャツ

白パンツにポロシャツを合わせたシンプルなコーディネートは、襟もとにデザイン性のある黒ポロシャツを合わせる事で寂しい印象を払拭してくれます。
白パンツ+1枚着で引き立てるには、デザイン性のあるトップスがおすすめです。

【白・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート

白(ホワイト)パンツ×ネイビーイタリアンカラージャケット×グレーカーディガン×黒ジャガードカットソー

ネイビージャケット×白パンツの爽やか大人スタイルです。
インナーをシャツではなくカットソーにすることでこなれ感も演出しました。
秋から冬にかけて活躍してくれそうなコーディネートです。

白(ホワイト)パンツ×黒スタンドカラーコート×青チェックシャツ

大人っぽいスタイルですが、青チェックシャツを合わせることでカジュアルさもプラスしました。
膨張してしまいがちな白パンツですが、トップスやシューズ、バッグなどを暗い色で合わせるとすっきり引き締まって見えます。

白(ホワイト)パンツ×黒中綿ベスト×グレーパーカー×黒ジャガードカットソー

上半身を黒×グレーで統一し、ボトムに白パンツを取り入れることでコーディネート全体が明るい印象になります。
さらに、中綿ベストを羽織って秋らしい季節感も演出しています。

白(ホワイト)パンツ×キャメル中綿ジャケット×グレーメッシュニット

グレーメッシュニットに白パンツを合わせてリラックスした雰囲気のコーディネートにはボリュームのある中綿ジャケットで冬らしい季節感を演出してメリハリを出すとバランス良く仕上がります。

【カラー・春夏】細身のパンツのメンズコーディネート

ネイビーパンツ×グレーカーディガン×ホワイトシャツ

カーディガンのダブルラインがオシャレに引き立つ大人シンプルコーディネートです。
シンプルなアイテムの組み合わせですが、黒ではなくネイビーのパンツを選んで“派手じゃないけど周りとはちょっと違う”差が付くスタイルです。

ベージュパンツ×ネイビー麻・リネンシャツ×黒ジャガードカットソー

インナーに黒のカットソーを合わせて男らしい印象に。
麻・リネンシャツのネイビーとベルトのカラーをリンクさせ、オシャレを感じさせる着こなしです。

ベージュパンツ×黒7分袖シャツ×ボーダーカットソー

黒シャツ×ボーダーカットソーで作った大人のマリンスタイルに、ボトムスはベージュのブーツカットパンツを合わせました。
メリハリをつけたことで程よく男らしさが表現されています。

【カラー・秋冬】細身のパンツのメンズコーディネート

ベージュパンツ×ネイビーイタリアンカラージャケット×ブラックカットソー

杢スラブ地がおしゃれなネイビーのイタリアンカラージャケットを主役にしたので、面積の広いボトムスはベージュのパンツで印象を抑えめに。
インナーはホワイトなど明るい色(カラー)でも合いますが、秋冬の季節感を出すために黒のカットソー(Tシャツ)を選びました。

ターコイズブルーパンツ×黒テーラードジャケット×グラデーションニットソー

くすみがかったターコイズブルーのパンツなので合わせやすく、周りとの差も付けられます。
テーラードジャケットとグラデーションニットソーを合わせて大人っぽく仕上げました。

ワイン(ボルドー)パンツ×デニムジャケット×グレーカーディガン

デニムジャケットとグレーのカーディガンのレイヤード使いで、きれいめ要素を取り入れています。
秋らしいワインカラーのパンツがオシャレです。

ライトグレーパンツ×キャメル中綿ジャケット×黒スタンドカラーニット

アウターの中綿ジャケットにボリュームがあるのでパンツをパンツにすることでオシャレの基本のYラインがキレイに表現されています。
インナーの黒スタンドカラーニットはグレーのように見える落ち着いたカラーなので強い印象を和らげ、パンツの薄いグレーとも相性が抜群です。

ベージュパンツ×黒スタンドコート×グレーカーディガン×ホワイトシャツ

黒のスタンドコート、グレーのカーディガン、白シャツで作ったキレイめモノトーンコーデにベージュのパンツを合わせて優しい印象を出しました。
上半身の細身のパンツできちんと感を出しているので、大人のデートにもぴったりです。

パンツを細身のシルエットにするとこんなにかっこよくなるなんて…!
カジュアルファッションもどこか大人っぽさが欲しいと感じていたのでさっそく実践します!

ダボっとしたシルエットのパンツも良さがあるけれど、大人っぽさや清潔感も出せるなんて細身のパンツってすごいですね♪

細身のパンツに合う靴(シューズ)とは?

細身のパンツには、基本的にはどんな靴でもOKですがより格好良く穿く為に体型によって靴を変えてみましょう!

細身のパンツは足(脚)の細い男性が穿くと足の細さが強調されます。
そこにボリュームのある(ゴツめ)の靴を合わせると足の細さがより強調されるので、
女性によっては苦手に感じてしまう可能性が。

逆に、足が太いとお悩みの男性はボリュームのある靴を合わせると
ふくらはぎをほっそりと見せてくれます。

・脚が細い人→ボリュームのある靴は足の細さを強調
・脚が太い人→ボリュームのある靴は足の太さを目立たなくする

体型について悩んでいる人はぜひ覚えておいてくださいね!

おすすめの靴はこちらです♪

ムラスエードデザインチャッカブーツ



シンプルデザインスエードシューズ



ローカット切り替えデザインシューズ



まとめ

【細身のパンツで作る大人のファッション 春夏秋冬コーデ・着こなし】はいかがでしたか?

シンプル、カジュアル、ワイルド、キレイめ、など様々なスタイルに対応可能な細身のパンツ
普段のコーディネートに是非取り入れてみてくださいね!

【関連記事】

公式LINE@にお友達登録してお得な情報を手に入れよう!

オシャレなコーデが【簡単・お得】に揃う

恋愛テクニック講座&デート場所別コーデ

講座 COURSE

OTHER CONTENT