メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

デート服コーディネート

恋愛テクニック講座

今月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

オシャレになれるメンズファッションコーデ講座

大人のファッションカレッジについて

メンズファッション 服のお手入れ方法

~お手入れ方法~

洗濯の仕方編 洗濯表記を理解しましょう! ※洋服は、商品によってお手入れ方法が異なります。
長く大切に使っていただくために洗濯表記通りのお取り扱いをお願いします。

液温は95度を限度とし、洗濯ができます。(家庭用洗濯機には、60度以上の液温の使用は不可) 液温は60度を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。 液温は40度を限度とし、洗濯機による洗濯ができます。 液温は40度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いが良いです。 液温は30度を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いが良いです。 液温は30度を限度とし、弱い手洗いが良いです。(洗濯機は使用できません。) 水洗いはできません。 塩素系漂白剤による漂白ができます。 塩素系漂白剤による漂白はできません。 アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃~210℃まで)で掛けるのが良いです。 アイロンは160℃までを限度とし、高い温度(140℃~160℃まで)で掛けるのが良いです。 アイロンは120℃までを限度とし、高い温度(80℃~120℃まで)で掛けるのが良いです。 アイロン掛けはできません ドライクリーニングできます。溶剤はバークロるエチレンまたは石油系のものを使用します。 ドライクリーニングできます。溶剤は石油系のものを使用します。 ドライクリーニングはできません。 手絞りの場合は弱く。遠心脱水の場合は短時間で絞るのが良いです。 絞ってはいけません。 つり干しが良いです。 日陰のつり干しが良いです。 平干しが良いです。 日陰の平干しが良いです。

洗い方をマスターしましょう! ※洋服は、商品によってお手入れ方法が異なります。
長く大切に使っていただくために洗濯表記通りのお取り扱いをお願いします。

ご家庭での洗濯のポイント

・洗濯取扱い絵表示と注意事項をチェックし、その指示に従ってお選択しましょう。
・洗剤を十分に溶かしてから、洗濯物をいれます。
(洗濯物を入れた上に洗剤を掛けると、洗剤が衣料について色ムラになることがあります。)
・濃色の衣料は濡れたままで放置すると、
 他の洗濯物に色移りすることがありますのでご注意ください。
・濃色の衣料は単品で洗い、すぐに脱水し、すぐに干しましょう。
・型崩れしやすいものは、洗濯ネットの使用をオススメします。

基本的に洗濯表示に従って洗濯すれば問題ありませんが、
特に注意しなければならない素材のお手入れをご紹介★

■厚手のニット ■リネン ■ウール ■デニム ■PU(ポリウレタン)加工製品 ■ナイロン製品 ■レザー(天然皮革)製品 ■ベロア ■コットン 家庭洗濯をされる場合は液温30℃の洗液で、必ず単独で押し洗いをおこない脱水後、形を整えてから日陰干しをしてください。水洗いにより多少縮み、色落ちする事がございます。また、形をよく整えて干してください。ハンガー掛けの場合はハンガー自身にタオルなどを巻きつけて 型崩れさせないようにし、日陰に干し、または平らに干せるような所があれば型崩れをより防げます。 ※ニオイの気になる方へ※ 製造工程上、特有の匂いがあるものがございます。数日のご使用や陰干しなどで気になる匂いはほとんど感じられなくなりますので、ご理解の上ご注文ください。 リネンは天然素材なので、濡れると簡単に型崩れしてしまいます。スチームアイロンを高温でかければ、本来のキレイな形に戻ります。裏返しにしてアイロンをかけると光沢を保つことができます。 洗濯をする時には、デリケート素材用の洗剤を使い、ウール洗いまたは手洗いコースに設定して洗濯機で洗うか、または手洗いをしてください。本来の光沢を取り戻すため、洗濯後にアイロンをかけます。ウール製品の場合、風に当てるだけで十分なことも多いのです。 色落ちを防ぐため、ジーンズを裏返して洗濯してください。しわにならないよう、洗濯が終わったらできるだけ早く洗濯機から取り出してください。デニム独特の風合いは、特殊な染色方法で生み出されています。そのため、生地表面に染料の細かい粒子が残っている場合があり、摩擦によって色落ちすることがありますのでご注意ください。 PU加工は、生地にウレタン樹脂を塗付して皮膜をつくり、独特の風合いやツヤ、保湿性や撥水性を持たせる加工です。 塩素(水道水に含まれる)・カビ・光(紫外線・蛍光灯)熱(ストーブなど)などにより劣化することがあります。 撥水性があるので、ベルトなどの小物・ジャケットなどのウエアー共に、軽い汚れの場合はタオルや柔らかい布などで軽く水拭き・乾拭きしましょう。ジャケットなどのお手入れとして、クリーニングの回数などによっては表面にコーティングされた薬品を傷めてしまう可能性がございます。お手入れ方法としては、ドライクリーニングが最適ですが、必ず洗濯表示をご確認頂き、表示に従った方法でのお手入れをしましょう。 ご家庭でのお洗濯は可能ですが、特殊な加工を施している商品については洗濯機の使用が出来ない場合もございます。洗濯表示を必ずご確認いただき、表示に従った方法でのお手入れをしましょう。 日光の当たる場所では変色する場合がございます。陰干しをしましょう。 バッグなどの洗濯はお避け下さい。汚れが気になる場合は、中性洗剤を含ませたきれいな布で軽く拭いて下さい。雨や汗で濡れた状態、濡れたものを入れてのご使用は色落ちする可能性がありますのでご注意ください。 着用中の毛羽乱れやシワは、スチームアイロンを浮かせた状態でかけ、軽くブラッシングすると回復します。 お洗濯の際は必ず洗濯ネットに入れて、洗濯機の弱水流で洗濯して下さい。 多少色落ちすることがありますので、他の物との同時洗濯は避けましょう。 濃色の製品は他の衣料と別洗いしましょう。 干す時は、形を整え吊り陰干ししてください。

干し方編

振って叩いてシワを伸ばしましょう! 脱水が終わって、できるだけすぐに洗濯物を干すのがシワや形くずれを防ぐポイントです。 干す時は、まず大きなシワをのばすために洗濯物を振りさばきましょう。
また、下記にポイントを記載しましたのでチェックしてくださいね♪

陰干し

トップスを干すポイント

ボトムスを干すポイント

絵表示が「陰干し」マークの物や、日光で繊維が黄ばんだり変質したりしてしまう毛、絹、ナイロンなどは、必ず陰干しをしましょう。 特に絵表示がなくても、色の濃い物は強い日差しに長時間当たると変色や色あせすることがあるので要注意。 陰干しをすることをオススメします。 トップスのハンガーにかけてそのまま干すのが基本的ですが、
ローゲージ以外のニット類などのハンガーで吊り干しにくい厚手の衣類は
袖を竿に掛けるだけで、洗濯物の重みによる型くずれを防げます。
また、乾きにくい脇や腕の内側部分もきちんと乾きます。
デニムやチノパンなどのボトムスは、ポケットが外にでるように裏返して干すと、乾きがより早くなります。

保管の仕方編

直射日光が当たらない場所

湿気が少ない環境

直射日光による感想は、縮小、変形、変質、変色につながり、
修復が困難になりますので絶対に避けましょう。
湿気のある場所に長期間保管するとカビが発生する可能性が高くなります。

小物のお手入れ編

銀磨きクロスやシルバークリーナーを使って黒ずみをとりましょう
※インターネットで銀磨きクロスやシルバークリーナーと検索すればさまざまなものがご紹介されております。
着用後は乾いた布などで汗や汚れを拭きとって下さい。
ゴシゴシこすらず、優しくふきましょう。
革紐を曲げないように真っ直ぐな状態に吊るしておくか、
横にねかせておきましょう。
折れ曲がった状態でしまっておくと折れたところから切れてきますので保管するときにはご注意を。
1.履く前からお手入れを クリームや防水スプレーで靴を保護することで最初から汚れや雨から守ることで長持ち具合はぐっと上がります。 2.靴にも休養を 毎日履くことで耐久力も下がるし、匂いもついてしまいます。 3.日頃のお手入れを大切に 泥やホコリで汚れてしまった靴を放置しておくと寿命を短くします。 色落ち、シミ、汚れの原因になる泥やホコリは履いた後にはしっかりふき取りましょう。

:関連講座

新着講座
NEW

人気講座
PICK UP

講座 COURSE

OTHER CONTENT