友だち追加

大人のファッションカレッジ | メンズファッション通販メンズスタイル 女の子に褒められる洋服の「着こなし」
「コーディネート」が学べて簡単に手に入る

メンズ春服コーデ

メンズ夏服コーデ

メンズ冬服コーデ

メンズ秋服コーデ

メンズファッションの基本講座

メンズファッションの上級講座

メンズファッションの応用講座

メンズファッションの特別講座

恋愛テクニック講座

デート場所別コーディネート

毎月の服装コーデ例

ファッションお悩み解決Q&A

ファッション用語・コーデ集

大人のファッションカレッジについて

03月22日

ジージャンをメンズはどう着る?定番アウターの合わせ方

アウターの定番、ジージャンはこう着る!選び方と合わせるアイテム

メンズジージャンの合わせ方
ライトアウターの定番!おすすめのジージャン
を探す▲

【ジージャンの合わせ方に困っていませんか?】

流行に関わらず活躍するジージャン(デニムジャケット)ですが、
意外と合わせにくいと感じる事はありませんか?

カジュアルすぎて子供っぽくなりそう…
どんなアイテムと相性が良いのか…

定番アウターとは言え、ジージャンの着方に悩む人は多いようです。

そんなお悩みを解決するべく、ジージャンはどう着たら良いのか?詳しく説明していきます。

■目次

定番人気のジージャン=合わせやすい?
ジージャンは色によってもこんなに違う!
子供っぽく見える理由は〇〇にあった!
ジージャンに合わせるアイテム
 └ジージャンの下に着るインナー
 └ジージャンに合わせて穿くパンツ
こんな着方も!ジージャン×パーカーコーデ

定番人気のジージャン=合わせやすい?


男らしくキマるジージャン(デニムジャケット)
を探す▲

春や秋など軽い羽織りが必要な時に活躍するライトアウターの定番、ジージャン(Gジャン)

カジュアルだけど男らしくて、
ジージャンはメンズファッションの中で定番人気のアイテムですよね。

定番=合わせやすい、というイメージがあるけれど
メンズファッションの定番パンツと言えばジーパン(デニムパンツ)。


デニム×デニムになってしまって、
本当にジージャンって合わせやすいの?

そんな風に思いませんか?

カジュアルなアイテムだから、一歩間違えると子供っぽく見えてしまいそう…

誰でも気軽に着られるからこそ、ダサいコーデになってしまわないか心配です…

ジージャンについて二人と同じようなイメージを持っている人は多いはず。
ジージャンはどう着たら良いのか?詳しく見ていきましょう。

ジージャンは色によってもこんなに違う!

男女問わず人気のジージャンは多くのブランドから発売されています。

種類が多すぎて、違いがあんまり分からないんですよね。

ジージャン=カジュアルなアイテムなので、
どんなデザインを選んでもコーディネートに“カジュアル”な要素がプラスされる事は変わりません。


でも、
「色の違い」によって印象が違って見えます。

どうですか?

左側の色が濃いジージャンは上品かつ落ち着いた雰囲気
右側の色が薄いジージャンはよりカジュアルな雰囲気
見えませんか?

どちらもジージャンなのに同じとは思えないくらい雰囲気が変わりますね!

他にもこんな違いがあります♪

●色が濃いジージャン
大人の印象に。
コーディネートを引き締めてくれる効果もありキレイめな着こなしが出来る

●色が薄いジージャン
色味が加わりコーディネートが軽やかに。
色落ち加工が加わるとワイルドな印象も。

自分がしたいコーディネートはどんな雰囲気か?を考えてジージャンの色を選んでみてもいいですよね!

▼こちらもチェック
自分に合うジージャン(Gジャン)を探しに行く

子供っぽく見える理由は〇〇にあった!

一般的に“子供っぽい”と言われやすい服装には

・明るい色をたくさん使っている
・柄がたくさん入っている
・カジュアルすぎる

などが挙げられますが、
重要なのに見落としがちなのが「サイズが大きい」こと

サイズ??大きめのサイズを着ている人をよく見かける気がします。

それは流行のオーバーサイズですね。
あえて大きめのサイズを着る事がおしゃれ、として流行っていますね。

若い人たちの間で特によく見かけます!

確かにおしゃれですが、着こなせるのはかなりの上級者。
若者ファッションというイメージもあり、あまりおすすめはしません。

おすすめしたいのは
スタイルが良く見えるサイズ感
のジージャンを着ること。


フェイクレイヤードストレッチデニムジャケット

サイズが大きい、と感じるのは

「身幅」が大きすぎる
「着丈」が長すぎる

この2点がポイントです。

サイズが大きいアウターを着ると、

洋服に着られている感

も出やすいため、
結果的に子供っぽく見えてしまったり
おしゃれじゃない印象を持たれてしまいやすいのです。

脇からウエストにかけてのラインに余裕があり過ぎるとだらしない印象に。
肩幅の位置が合わず体からはみ出してしまうと幼く見えてしまいます。

着丈に関しては、
パンツのチャック部分が全て隠れてしまう長さよりも
ベルトがちらっと見えるくらいの長さが脚も長く見えてスタイルが良く見えます。

ジージャンに合わせるアイテム

ジージャンを着るとなると、
何を合わせたら良いのか?というところも気になりますよね。

ジージャン=カジュアルだからやっぱりTシャツ?
デニムonデニムになっちゃうからジーパンはやっぱりダメ?

そんな風に気になってしまう人も少なくないはず。

確かにジージャンのコーデってカジュアル寄りにワンパターンになりがちです…

ジージャンは定番アイテムなだけあって、実はいろんなアイテムとの相性が良いんです。

ジージャンの下に着るインナー

まずはジージャンの下に着るインナーから見ていきましょう。

ジージャンはデニムなので、カジュアルなアウターです。
では、インナーもカジュアルなものを選んだ方が良いのでしょうか。


実は、襟のついたシャツもかっこよく着こなす事が出来ます。


ジージャンに合わせるシャツ
を探す▲

白シャツなどキレイめなシャツでも、
カジュアルなチェックシャツでも、
どちらもジージャンに合いますよね。

その他にも、
カーディガンニットなども相性は◎です。


もちろんカジュアルなTシャツとの相性も良いので、


ジージャンに合うインナー
を探す▲

ジージャンをキレイめに着たい時はインナーを襟シャツに、
ラフに着たい時はインナーをTシャツにすればOK。

今日はどんな風に着たいのか?イメージを思い浮かべて選んでみてくださいね。

ジージャンに合わせて穿くパンツ

ジージャンと言えばパンツ問題…!!

既出の通り、ジージャンはいろんなアイテムとの相性が良いです。

ただ、避けた方が良いのは


デニムonデニム


デニムonデニムとは、ジージャンにジーパンを合わせたコーデのこと。

デニムジャケット(Gジャン)のコーデが難しい理由とは?OK・NG例」でも触れていますがすごく難しいコーディネートなので避けておいた方が良いですね。

では、何のパンツを合わせればいいのでしょうか。

ジージャンはカジュアルなアイテムなので、
パンツによってはカジュアル度が強くなってしまいます。

そこで、
黒パンツ
を合わせることをおすすめします。


美脚シルエットテーパードパンツ

黒パンツはどんな色やアイテムとも相性が良く、
落ち着いた雰囲気を持ち合わせているので
ジージャンと合わせると
カジュアルさを抑えてくれる”効果があります。

他にも、ベージュのチノパンも同じような効果があるのでおすすめです。

ジージャン×Tシャツのカジュアルコーデもベージュパンツでバランスよく。
カジュアルながらも優しい印象になります。

【主な着用アイテム】

カーゴパンツも相性が良いですが、
細身のカーゴパンツを選ぶこと。

ゆったりとしたカーゴパンツもワイルドでかっこいいですが
ジージャンと合わせると無骨な印象になりすぎるので、
細身の方がかっこいいコーディネートが作れます。

細身のカーゴパンツとざっくりとしたニットで大人の雰囲気をプラス。

【主な着用アイテム】

こんな着方も!ジージャン×パーカーコーデ

ジージャンを着るなら覚えておきたい着方が

パーカーと組み合わせて着ること

ジャケットとパーカーの重ね着、ジャケパースタイルは
おしゃれで“着こなしている感”が出ますよね。
ジージャン一枚で着た時より防寒性が高まるのも嬉しいポイント。

でも、ただジージャンとパーカーを重ね着(レイヤード)すればいいという訳ではないんです。

ジージャンに対してパーカーのサイズが大きいと…

どうですか?
左のコーデは何だかだらしなく見えませんか?

ジージャンのサイズにもよりますが、

・パーカーは厚手すぎないもの
・ジージャンよりも着丈が短いもの

この二つがジージャンとパーカーの重ね着を上手に作るコツです。

もし自分で重ね着コーデを作るのは難しい…という人は最初からセットになっているものや重ね着風デザインのジージャンがおすすめですよ♪

それならサイズや色を気にしなくても重ね着コーデが楽しめますね!

ジージャンでも大人っぽく着られる事が分かったし、ジージャンが定番アイテムなのも納得です!

まとめ

ジージャン(Gジャン)の着方や合わせるアイテムはいかがでしたか?

ジージャン=カジュアルコーデしか出来ない、と思っていた人も
着方のパターンを知る事でまた違った雰囲気に!
是非参考にしてみてくださいね♪

【関連記事】

:関連講座

新着講座
NEW

    人気講座
    PICK UP

    チェックしたアイテム

      講座 COURSE

      OTHER CONTENT